パワーアートの人気インテリア絵画と油絵

パワーアート人気インテリア絵画アート絵画。アート絵画、宇宙の絵、鳳凰の絵、幸福絵画、癒し絵画、開運絵画など

わずか100ドルで殺しが依頼できる

2017-07-10 11:15:28 | 日記
 米国植民地時代以来の銃社会で、密造の短銃は1万ペソ(約2万2000円)から簡単に手に入るなど、銃保持が合法化されていることにもよるが、殺害がいとも簡単に決行できる背景には、前述のヒットマン(プロの殺し屋)の存在が大きい。

 実行犯となる暗殺者志願者を探すのは、簡単だという。4年ほど前に日本人殺害で雇われたヒットマンは、10万ペソ(約22万円)だった。これは高額な方とも言われている。

 フィリピン人は米ドルで換算し、米ドルで受け取るのを好む。従って、米ドルなら「100ドルでも、殺すやつは山ほどいる」(フィリピン在住の日本人企業経営者)というから、驚きだ。しかも、その暗殺方法のほとんどが、頭を撃ち抜くという射殺方式だ。

 さらに、特筆すべきは、日本人殺害事件の背後には往々にして、フィリピンに逃れてきた暴力団関係者などの日本人の黒幕がいて、フィリピンはヒットマンと殺害場所を提供しただけ、というケースが多いという。

 フィリピンの邦人の間では「日本人だから、ということで安易に信じてはいけない」というのが常識のようだ。

 実際、先月末、射殺された大阪府出身の59歳と茨城県出身の24歳の邦人男性の殺害事件では現在、実行犯のフィリピン人を雇ったフィリピン在住の長浜博之容疑者(55歳)が殺人容疑で逮捕され、フィリピン警察が取り調べを行っている。同容疑者は、被害者の2人に保険金を1億円ずつかけていたという。

 現地の報道によると、長浜容疑者は、今回、被害者2人の現地でのアテンドをしていて、パラワン州の州都、プエルト・プリンセサ市に、夫が日本人というフィリピン人女性を責任者に据えたコンサルティング会社を経営しているという。

 しかし、実態は、エビなどの養殖海産物の売買業や、日本へパラワン州からダンサーなどのフィリピン人女性を斡旋するビジネスを手がけていたという。

 捜査当局は、保険金目当ての殺人事件として捜査をさらに進めている。

 4月に発生したパチンコ業の日本人社長殺害も、「ビジネス絡みか、暴力団関係か、何かのトラブルで日本人に殺されたのだろう」(フィリピン在住の商社ビジネスマン)という見方が有力だ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女と菊の花(菊のある婦人像) | トップ | 舟端で釣り糸を垂らす白い帽... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む