パワーアートの人気インテリア絵画と油絵

パワーアート人気インテリア絵画アート絵画。アート絵画、宇宙の絵、鳳凰の絵、幸福絵画、癒し絵画、開運絵画など

フォルクスワーゲン元幹部に禁錮7年

2017-12-18 10:49:29 | 日記
米ミシガン州デトロイトの連邦裁判所は6日、排ガス不正スキャンダル「ディーゼルゲート」に関わったとして起訴されていたドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(Volkswagen)の元幹部、オリバー・シュミット(Oliver Schmidt)被告(48)に禁錮7年の有罪判決を言い渡した。

 2012年から2015年3月までVWの米国での規制順守部門の責任者だったシュミット被告は、40万ドル(約4500万円)の罰金の支払いも命じられた。

 シュミット被告は8月に不正への関与と大気浄化法(Clean Air Act)違反の罪を認めた。「ディーゼルゲート」スキャンダルをめぐっては、合わせて7人の現役幹部と元幹部が訴追されているが、同被告は罪を認めた2人目の幹部で、最も高い職位となる。

 VWは排ガス検査に不正合格するためのソフトウエアを、約1100万台のディーゼル車に搭載していたことを2015年に認めた。有害な窒素酸化物の排出量は許容値の最大40倍に上っていた。

この記事をはてなブックマークに追加

赤い浮標

2017-12-07 11:38:23 | 日記
 新印象主義の画家ポール・シニャックの代表的作品のひとつ『赤い浮標』。

 制作された翌年となる1896年に開催された自由美学展に出品された本作に描かれるのは、フランス南部プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の保養地サン=トロペの小さな港の風景である。サン=トロペは画家が1892年に初来訪して以来、魅了され続けた地であり、本作では海に反射する港の表現への取り組みが示されている(これは画家がつけていた日記にも記されている)。

 特に画面中央部の建物の反射の表現部分の、規律正しく配置されたかのように心地よいリズムで垂直に並ぶ色彩は、陽光の生み出した光の効果や、明瞭な光輝性、さらに強まる色度によって絶妙な調和に満ちているほか、大きな青色と橙色の塊を交互に配することによって陽光の反射を表現した画面左下部分は、本作の名称ともなった≪赤い浮標≫に劣らないほどの存在感を示している。

この記事をはてなブックマークに追加

喧騒的な雰囲気のパリ万国博覧会

2017-11-27 14:45:58 | 日記
 厳と毅然に満ちた画家としてのルソーの表情。本作は1889年に開催されたパリ万国博覧会の情景を背景に、まだ税関吏として働いていたルソーが画家としての己の46歳の姿を描いた自画像作品で、ルソーが死の間際まで加筆し続けた作品でもある。

 クレマンス(本作が制作される二年前に亡くなった妻)、ジョゼフィーヌ(クレマンスの死から9年後に再婚した二番目の妻)と二人の妻の名が記されるパレット。ジョゼフィーヌ部分は後の書き加えられたものであるが、かつてはクレマンス亡き後、再婚相手と考えていたマリーな名前が記されていたことが知られている。
 
 喧騒的な雰囲気のパリ万国博覧会。本作の原題は『私自身、肖像=風景』であり、画家は風景(背景)と肖像を一体とすることで、それまでにない独創的な自画像の世界観を表現し、新たなる絵画的展開を開拓した。また本作の左上部分に描かれる上空の太陽の表現に、歌川広重による版画集『江戸名所図絵』の影響が指摘されている。

この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領は「ほら吹き」、ブッシュ父子が酷評

2017-11-17 11:27:37 | 日記
米国のジョージ・H・W・ブッシュ、息子のジョージ・W・ブッシュ両元大統領が、14日に発売される書籍のインタビューの中で、トランプ大統領を「ほら吹き」などと酷評していることが6日までに分かった。

この書籍「ラスト・リパブリカンズ(最後の共和党員)」の中で父ブッシュ氏は、著者である歴史家のインタビューに答えてトランプ大統領を「ほら吹き」と形容。息子のブッシュ氏も「あの男は大統領であることの意味が分かっていない」と断じた。

元大統領2人がトランプ大統領をこれほどあからさまに酷評したのは初めて。インタビューは2016年の大統領選を控えた同年5月に行われた。トランプ氏について尋ねられた父ブッシュ氏は、「好きではない。あまりよくは知らないが、ほら吹きだということは知っている。彼がリーダーになることはあまり感心しない」と述べ、トランプ氏には「謙虚さ」が必要だと語った。

息子のブッシュ氏も「私の一家を見てもらえれば分かるように、(謙虚さは)一つの相続財産だ。周囲の期待にもかかわらず、(トランプ氏には)それが見えない」と話している。

結局大統領選では2人とも、自分たちが所属する共和党の候補者だったトランプ氏に投票しなかった。父ブッシュ氏は民主党のヒラリー・クリントン氏に投票し、息子のブッシュ氏は白票を投じたという。

ホワイトハウスは4日、CNNの取材に対し「もし1人の大統領候補者が政党を解体できるのであれば、同党に所属する2人の元大統領が残したレガシーはその程度の強さだったということだ」「始まりはイラク戦争だ。米外交史上最大級の過ちだった」とコメントした。

トランプ大統領は4日、東京へ向かう途中で感想を求められ、「帰国後にコメントする」と語った。

この記事をはてなブックマークに追加

描かれる人物(本作では弟ルネ)に親近感や心情・心理的感情の移入を全く抱くことは無い

2017-11-07 11:54:51 | 日記
 本作に描かれる弟ルネはバルコニーの前に仁王立ちし、(おそらく)通りを歩く女性に視線を向けている。真後ろから多少左に寄った視点で弟ルネの姿が描かれている為、弟ルネの顔の表情は見えないものの、描かれる人物の存在感は観る者を圧倒する。

 しかしその圧倒的な存在感があるにも係わらず、観る者はマネが手がけた『バルコニー』を始めとした他の画家の作品と比較し、描かれる人物(本作では弟ルネ)に親近感や心情・心理的感情の移入を全く抱くことは無い。

 この観る者が本作に向ける客観性こそ近代的(写真的)な視感効果の表れであり、本作の大きな魅力でもある。なおカイユボットは同画題の作品や、バルコニーからの眺望を描いた作品を数多く制作している。

この記事をはてなブックマークに追加