パワーアートの人気インテリア絵画と油絵

パワーアート人気インテリア絵画アート絵画。アート絵画、宇宙の絵、鳳凰の絵、幸福絵画、癒し絵画、開運絵画など

アルジャントゥイユの橋

2017-05-10 11:34:41 | 日記

印象派の巨匠クロード・モネのアルジャントゥイユ居住時代の代表的作例のひとつ『アルジャントゥイユの橋』。本作はパリの北西、セーヌ川右岸にあるイル=ド=フランス地方の街≪アルジャントゥイユ≫にある橋の情景を描いた作品で、クロード・モネは1871年12月からアルジャントゥイユ滞在し、その美しい風景(主に川の情景)に魅了され、以後、精力的に手がけているが、本作はその中でも色彩分割による印象主義的表現の完成度が非常に高い作品としても知られている。

プティ・ジェヌヴィリエ川岸の貸しボート小屋の近くからの視点で制作された本作で最も注目すべき点は、水面に映るアルジャントゥイユの橋や木々や空、対岸のカフェなどの影の表現にある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだ日本統治時代の古い教育が…

2017-04-10 15:08:01 | 日記
2017年3月7日、韓国・ソウル市教育庁は、「国際女性デー」を翌日に控えソウル地域の小・中・高校に「女子生徒の人権保障案内文」を発送したと明らかにした。韓国・ニュース1などが伝えた。

ソウルのある高校に通う女子生徒は、重い生理痛の時にも我慢して授業を受けている。以前、生理痛のため早退をしたいと教師に申し出たところ、本当に生理中なのかを確認するためか「ナプキンを取り替えて養護教諭の検査を受けなさい」と言われたためだ。

韓国国家人権委員会は2006年、「生徒が生理により欠席する場合、女性の健康権と母性保護の側面から適切な社会的配慮がなされるよう制度を補完すること」と勧告しているが、学校現場ではこうした女子生徒の人権を無視するような指導が続いているのだ。教育部はやはり06年に生理による欠席を出席と認める「生理公欠制度」を設けたものの、この制度を知らない生徒も多い。 昨年の調査では、中高生の65.2%がこの制度の存在を「知らない」と答えている。

今回、市教育庁が出した案内文には、これまでの制度や推奨すべき内容を整理した「女子生徒の人権ガイド」が含まれ、「生理公欠制度の使用権利の尊重」や「(ズボン・スカートの別など)女子生徒の制服選択権の保障」に加え「性差別的な服装の制限規定改善」「性差別の固定観念による不合理な分離・区分の中止」「教師の性差別的発言の防止」などが盛り込まれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同氏と共に屋外での制作活動を始める

2017-03-10 14:46:42 | 日記
 
 戸外風景を描いた作品が主要であるが、人物画や室内画、静物画なども残すほか、「積みわら」「ポプラ樹」「ルーアン大聖堂」「睡蓮」など画家の代表作となる連作的作品も多く残されている。

 1840年、パリのラフィット通り45番地で食品雑貨商の家に次男として生まれ、経済的状況からセーヌ河口の港町ル・アヴールに転居。10代中頃には絵の才能を見せ始め、1858年、18歳で対岸で活動していた風景画家ウジェーヌ・ブーダンから自然の中に潜む美を学び、同氏と共に屋外での制作活動を始める。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まるで自らの内から光を発しているような幻想的な蝉きを帯びている

2017-02-08 10:57:57 | 日記
ちょうどその時期の境目に制作された《真珠の耳飾りの少女》は小型ではあるが、フエルメールの優れて美しし、少女像と言える。時空間の世界を示す背以は一切排除され、真っ暗な背地から浮かび上がってくる少女の顔は、まるで自らの内から光を発しているような幻想的な蝉きを帯びている。

少女が身につけているターパンや衣装などの異国風のモチーフは古代の凧女を連想させ、この世の女性というよりは時空え超えた存在として、その神秘を高めている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイア姫、安らかに 女優キャリー・フィッシャーさん逝く 60歳

2017-01-09 14:52:50 | 日記
 人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で知られる米女優のキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さんが27日、死去した。60歳だった。フィッシャーさんは数日前、心臓発作に見舞われていた。

 フィッシャーさんは昨年公開のSWシリーズ第7作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Star Wars: The Force Awakens)』への出演と、最近出版したばかりの回顧録のプロモーションツアーで再びスポットライトを浴びていた。

 フィッシャーさんは23日、英ロンドン(London)で自著の出版イベントに出席した後、米ロサンゼルス(Los Angeles)に戻る機内で、着陸15分前に倒れた。その後、ロサンゼルスの病院に緊急搬送されたが、医師らの処置の甲斐なく回復には至らなかった。

 フィッシャーさん一家の広報担当者、サイモン・ホールズ(Simon Halls)氏が、フィッシャーさんの娘で女優のビリー・ロード(Billie Lourd)さんの代理としてピープル(People)誌に出した声明には、「愛する母キャリー・フィッシャーが、きょう午前8時55分(日本時間28日午前1時55分)に他界したことを、ここに深い悲しみをもって認めます」と記されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加