幸福の科学 神奈川 仲間のブログ

幸福の科学情報及び幸福実現党情報
応援ブログ

米国トランプ政権:原子力発電を再び推進する方針を表明 by blogos石川和夫より

2017-08-10 19:40:13 | エネルギー問題

米国トランプ政権:原子力発電を再び推進する方針を表明


 先のブログ記事でも紹介したが、米国は2011〜13年の間に石油・天然ガス生産量で世界一となった。いわばエネルギー大国である米国でさえ、エネルギー安全保障の重要性と必要性を再認識しながら、天然ガスのみならず、原子力の利用促進と勢力拡大に再び向き始めた。

 こうした深謀遠慮こそ、日本人や日本政府が学ぶべき安全保障と危機管理に係る政策思想そのものである。

 因みに、上記の会見における主な発言は以下の通り。

[画像をブログで見る]
2017.6.29 NEI “Trump Puts Nuclear First on America’s Energy Agenda”

《原文より抜粋》
President Trump wants America to achieve energy dominance by utilizing our abundant resources for good, both here and abroad. And an energy-dominant America means self-reliant, it means a secure nation, free from the geopolitical turmoil of other nations who seek to use energy as an economic weapon. An energy-dominant America will export to markets around the world, increasing our global leadership and our influence.

 トランプ大統領は、米国が国内の豊富な資源を利用して、末長く国内外でエネルギー分野で支配的に立場になることを目指している。それは、米国の自立と安全、そしてエネルギーを経済兵器として使う国々が引き起こす地政学的混乱からの解放を意味する。更に米国は、世界中にエネルギーを輸出し、世界の指導的立場と影響力を拡げる。

That binary choice between pro-economy and pro-environment that has perpetuated -- or, I should say, been perpetuated by the Obama administration has set up a false argument. The fact is, we can do good for both -- and we will. There was one fact missing from the headlines about the U.S. withdrawal from the Paris Agreement, and that is that the United States already leads the world in lowering emissions. And we've done this through innovation and technology, not by signing agreements. The Paris Agreement put the taxpayer on the hook for a costly deal.

 オバマ政権では経済性追求と環境保全は二者択一であると言われてきたが、それは誤りだ。実際には、二兎を追うことができる。米国のパリ協定離脱に関する報道で一つ抜けているのは、既に米国はCO2排出量低減で世界を主導しているということ。それは、パリ協定調印によってではなく、技術革新によって成し遂げられた。パリ協定は、納税者に大きな負担を強いる。

I believe no clean energy portfolio is truly complete without nuclear power, and so does the President. If you want to see the environment and the climate that we live in affected in a positive way, you must include nuclear energy with zero emissions to your portfolio. Do it safe, do it thoughtfully, do it economically. Under the leadership of the United States, the world can benefit from that.This administration believes that nuclear energy development can be a game-changer and an important player in the development of our clean-energy portfolio globally. I believe we can achieve this by focusing on the development of technology, for instance, advanced nuclear reactors, small modular reactors.

 大統領も私も、クリーンエネルギー構成を真に完成させるためには、原子力発電を利用しなければならないと確信している。環境や気候に好い効果をもたらしたいならばクリーンエネルギー構成に原子力を含めなければならない。米国の指導の下で、安全に思慮深く経済的に利用すれば、世界がその恩恵を受けられる。

 トランプ政権はまた、世界全体のクリーンエネルギー構成を発展させていくためにも、原子力開発が重要な役割を演じると考えている。先進的な原子炉や小型原子炉に係る技術開発に重点的に取り組むことで、それが可能になるだろう。
 尚、米国原子力エネルギー協会(NEI;Nuclear Energy Institute)が6月29日に発した記事には、その他の主旨も含め、上記の会見の概要が書かれているので、適宜参照されたい。
 
以上
 
やっぱ、トランプや。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国はなぜ尖閣諸島を狙うの... | トップ | 尖閣諸島はこうして守れ!【... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エネルギー問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL