zaigoppe

暇人のストレス解消

もう直ぐ長沼祭り

2013-09-13 08:53:39 | ニホンミツバチ
今日はオオスズメ蜂の襲来が少ないせいか、元気に飛び回っております。



 見難いですが巣門の前の点々はミツバチです。

 蜂蜜・花粉の蓄えは有るにしろ毎日来られるとさすがに無くなってしまうので
 心配していましたが今日は一生懸命集めているみたいです。

 後一ヶ月、何とか無事に冬を向えさたいと思います。

 

 明日9月14日は長沼祭りです。
 
 会場には提灯が飾られ、準備が進んでいました。





 沿道に設置して有りますので浮かれた参加者に悪戯されるのが
 心配です。

 オオスズメ蜂より人間の方がはるかに凶暴でありますので
 箱なんか蹴られた事には一発でアウトです。

 と言う事で心配は尽きません。
 まっ、心配をするから予防をすると言う事で
 縄でも張りましょう。 

 タイトルに”長沼祭り”と言う言葉に入れたのには訳が有ります。
 ローカルで見て欲しく敢えてこのタイトルにしました。




自分の耕作地・敷地に面する道路・河川はその人が担当すると言うのは
 暗黙の了解になっていまして、こんなふうに、



こんなふうに道路沿い・河川沿いのの草を刈ります。
 と、出てくるは出てくるはゴミの山です。

 スナック菓子の空き袋が10枚も入ったビニール袋・ペットボトルが5本も入ったビニール袋
 コーヒーの空き缶・缶ビール・生理用品・栄養ドリンクの空瓶・空き弁当のパッケージが一杯入ったビニール袋
 等々、一杯草むらから出てきます。

 スナック菓子の袋は鋏で切って綺麗に開封されていましたが
そんなまめな人も平気で道路に投げ捨てます。

 あなたの子供が、あなたの汚した環境で暮らさなければならないという事を
 理解できないのでしょうか?。

 放射能で汚染されてしまった可哀想な大地を
 これ以上は汚さないで下さい。

 東電に文句を言っている貴方、
 自分の垂れ流しを改善してからにして下さい。

長沼祭りと言う文字で検索をしてたどり着いた方、
どうかゴミは決められた方法で処理して下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西洋ミツバチその後

2013-09-11 19:03:57 | ニホンミツバチ
オオスズメ蜂に侵略され一時は諦めておりましたが、友人が内見しましょうと言う事なので
 開けてみました。

 生来の小心者で、不幸の真実を見るにはかなりの決心が必要な性格の為
 今回は友人の好意に甘えました。

     他人の不幸なら何の躊躇もなく覗けるのですが・・・。

 で、内見した所 5000匹位の働き蜂が確認出来ました。
 女王蜂の確認は面倒なので後でと言う事になってしまいましたが
 取り敢えずオオスズメ蜂捕獲器を付けました。




来週、9月17日頃内見する予定で、もし女王蜂が見つからなくても
 産卵の跡が有れば女王蜂健在と言う判断をする予定です。

 万が一女王蜂が居ない場合でも働き蜂がいる間は
 女王蜂のみの購入で済みますので出費は 9000円位で
 間に合います。
   因みに 6枠群れを購入すると64000円位するらしく
    オオスズメ蜂の襲来には金額換算でも
     腹がたちます。




今も毎日の様に5匹位の群れで次々にやってきます。

 暇に任せ確認に行き、その都度駆除していまして
 蜂蜜漬け・焼酎漬けにしています。
 心に余裕が出来ましたので 倍返しです。

 が、先日、虫取り網での捕獲に失敗した際
  私の方へ向ってきました。
  頭の上でUターンして行きましたがその際
  オシッコをかけられてしまいました。
 
  毒液が針から噴射されるのが見えまして
  飛沫程度の物が腕にかかりましたが、
  その際蜂に刺されたと同等の激痛が走りました。

  目に入ると失明する場合も有るとネットで情報を得て
  いましたが、飛沫程度でかなりの激痛が有りましたので
  注意が必要です。

西洋ミツバチの飼育は付きっ切りで番をしないと
オオスズメ蜂にやられてしまう様なので時間に余裕が
 有る人でないと難しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

100倍返し

2013-09-04 15:09:41 | ニホンミツバチ
カテゴリーはニホンミツバチですが西洋ミツバチのお話です。

 そろそろスズメバチが徘徊する季節ですので捕獲機を購入し、準備はしておりましたが
 西洋ミツバチはニホンミツバチと違い凶暴ですので、それなりの装備で
 扱わなくてはならず、又台風シーズンでも有りますので
 風にも強い取り付け方法等を検討している内に
 取り付けが遅れ遅れとなっていた9月2日の午後、
 通りすがりに何気なく巣箱を見るとオオスズメバチの群れが
 巣門周りを30匹位の群れで飛んでいました。

 

 購入した2段タイプの捕獲機。
 2段なだけに一杯採れますと言う事だったが
 手を抜いた為出番なし。

 

 巣門がかじられ出入り自由となった巣箱。

 次々と中に入り込み幼虫・蛹を捕まえて飛び去ります。

虫取り網で2~3匹捕まえ踏みつけましたが怯む様子も無く、
 次々に襲ってきますので近づく事も出来ません。

 呆然としておりましたが、気を取り直して
 小砂利を掬い取り、投げつけてみましたが
 全然効果なし。
 全く気に留める様子も有りません。

 一旦諦めましたが、この群れに次はニホンミツバチも
 襲われるのは目に見えていますので、
 ホームセンターで” フマキラーウルトラジェット”を
 購入し吹きかけました。
 もう西洋ミツバチは完全に諦め、ニホンミツバチの
 巣箱にかからない様、吹き付けました。

 5~6匹地面に落ちましたが次々に襲ってくるので
 効き目が有りません。
 地面に落ちた蜂も直ぐに復活し、死には至らない様です。
 が、異常に気付き襲来数は減り始め
 中断され夜となりました。

 翌朝、霧雨が上がったので再度見に行くと再び
  襲来していました。

 今度はネズミ粘着シートを準備し、虫取り網で一匹捕まえ
  踏みつけ、半殺しにしてシートに貼り付け、
  巣門の前に置きました。

 蜂がワンワン飛んでいますので,居酒屋さん風に
虫取り網に乗せて移動、巣門前に設置しました。



 のたうち廻っている仲間の様子を見に、次々と
 引っ付いています。
 10分間で20匹位粘りました。
 (50~60匹います)

 粘着シートの上を飛び回り、落ちる瞬間は全身に力が入り、
 一匹粘る度、少しずつ怒りが薄れて行くのが分かります。

 折角捕獲した西洋ミツバチがオオスズメバチの餌になって
  しまい、少しの手抜きが群れ消滅に繋がってしまった事は
 悔やみきれません。

 春のトラップに女王蜂が20匹位入りましたので
  密度が薄くなったと思っておりましたが
  星の数ほど居るみたいです。

  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加