zaigoppe

暇人のストレス解消

味噌造り教室 其の2

2016-02-14 19:45:07 | 町内会行事
いよいよ本番です。

 


  ミートミンチャーで潰しますが、参加者全員で寄ってたかってひたすら潰します。



 

 その間、当事者は麹の塩切りと言う奴をひたすら行い、豆が潰れて来るのを
  待ちます。

 塩を全量入れっちまった人、塩麹を作りたいと麹を余分に注文したのに
  此処で麹を全量使っちまった人、とか色々いまして大変でしたので
  作業の写真はここまでで終わってしまいました。

  かく言う私も防カビ用の上面ふりかけ塩を残さず全部
    混ぜてしまいました。
    そこで又、忙しくなってしまいました。


 

 と言う訳で樽詰め終了の図。
  これは私の分で、1樽が約豆1升分の量で4升、約20Kgです。


 


 途中経過無しでいきなり団欒のの図で今年も終了。
  
 蕎麦打ちとか即、食べられる物を作る時はそのまま昼食に
 持ち込めますが夏が過ぎてから食べらる物を作る集会では
 何時もカップラーメンです。

  皆さん余りカップ食の機会が無いみたいで、これも一年に一度の
  楽しみだそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恒例 味噌造り教室

2016-02-13 18:14:31 | 町内会行事
今年も町内会恒例行事の味噌造り教室が今月(2月)14日に
 開催されます。
 例によって豆を煮る所迄は各自自宅で行います。
 これは開催時間を短縮する為でして豆を洗って
 水につける(当地方ではうるかすと言います)から
 煮るまで町内会の行事として行うと丸二日かかりますので
 下ごしらえは各家庭で各自が行います。
 これで参加し易くなりました。が設備が無い人は
 逆に大変かもしれません。

  毎年大豆ベースで4升作っていますが、2升用の
  鍋が一杯一杯の物を使っておりまして
  吹きこぼしてしまったりしていましたので
 今年は奮発して40Cmの鍋を新調しまして8000円もかかりました。

 

 先ず豆を”うるかし”ます。
 此処では豆はもちろんですが水にも気をつかいます。

  当地区には造り酒屋さんが有りまして、今では廃業しておりますが
  その時の井戸が残っていますのでその水で
  洗って、うるかし(水浸)ます。

   因みにこの写真の鍋は娘用の1升の豆です。


 

 沸騰してから30分位は次から次にアクが出ますので
 付きっ切りでアク取りを行います。

 

 クリームみたいなアクで捨てるのが勿体ない位です。

右が今回購入した40Cm・左が38Cmで合わせて4升です。


 今年も2回程吹きこぼしてしまいました。

 1回目は電話が入ってしまい話し中にこぼれてしまい、
 2回目はガスのタイマーが働き火が止まった際に
  再点火しましたがその時火加減が中央位に
  自動でセットされるみたいで、とろ火設定が変わったのに
  気が付かず吹きあがってしまいました。


 と言う事などを終えて煮込むこと9時間、柔らかく
  出来上がりました。

 明日が本番です。
 明日は荒れた天候みたいですので波乱が期待 
  (しちゃいけない!)出来ます。

 













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恒例 餅つき大会

2015-01-03 08:24:26 | 町内会行事
今年も町内会の新年会に於いて餅つきを行いました。

 今年で4年目になりました。

 高齢化により町内会も戸数が減っていますが
 ”継続は力なり”と言う事でこのままま続けば良いと
  思います。



 
 雑煮・きなこ餅・納豆餅・たかとう餅・汁こ・大福等に加工して食べました。


 故郷をイメージして作った
やさしい空間
と言う歌です。

  曲名をクリックして見て下さい。

 私のブログは基本的に自作曲の発表の場として捉えていますので
  載せる内容はつまらない物ばかりです。

 で、目的の自作曲と言うのも他人にとっては
 つまらないものだと思いますので
 全体がつまらない物に仕上がっています。
 
 そもそもブログ等と言うのは”自己顕示欲”で出来ている
  物ですのでこれで正解です。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味噌造り

2014-02-10 14:53:27 | 町内会行事
恒例 味噌造りを2月9日 集会場にて行いました。



 今年も豆は自宅で煮詰め、皆で行うのは潰しからです。
 
 豆・麹は町内会で準備しますが煮物用の水・塩等は自分の気に入った物を使用します。
 又、麹・塩の分量も各自の好みで設定します。



 ミンチャーを使って、3人1組で潰して行きますが、1升~2升はアッと言う間に
  潰せます。




 潰し具合。



 塩切を済ませた麹と混ぜ合わせます。

 

  ムラが出ない様、一生懸命混ぜ合わせます。


 
 桶にビニール袋を2重にして入れ、教科書通り、ボール状に丸め、
 桶に投げ入れます。
 更に空気を抜く様に思いっきり押しつけます。



 詰め終えたら空気を抜きながら輪ゴムで口を止めました。
  (焼酎で殺菌もしました)

 昨年12月号の雑誌に有った、”昆布で蓋”も試してみました。
  5Kg×3桶造りましたがその内の2桶について実施。

  ネット等でも美味い、美味いと絶賛でしたが、昆布の生臭みが
  気になりますので1桶は標準品にしました。

 今年の秋が楽しみです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年会

2014-01-05 08:33:35 | 町内会行事
又々恒例になりつつ有る新年会の餅つきのの話題

 町内会の高齢化に伴い、行事も恒例化しつつ有ります。

今頃になって新年会の話題でもないのですが
 さすがに正月はそれなりに忙しかったので
  今頃の話題提供になってしまいました。
 
  5日前の新聞を見てもらっている様で恐縮では
  有りますが、取りあえずは私の記録で有ると言うのと
  思い立つと書かないではいられないと言う 
  我儘です。

 


 集会場の前に静かにたたずむ臼と杵。

 最近は余りお目にかかれない道具になりました。

  購入しようとするとべらぼう高価で、年に何度も使わないし、置き場所も無く、
  管理が悪いと餅つき部分がササクレだって、 使用前に水で湿らせないと
  割れるし、重くてとても一人では移動出来ないと有っては、
  この様な催しでもない限り出番は無くなりつつあります。

 とは言え、友人から拝借した貴重な道具である事には間違いありません。
  (来年も宜しく!。)




 人が集まり始めましたので新年の挨拶がてら、ついてもらいます。



 画面中央、当町内会で絶滅危惧種に指定されている貴重な生物です。

 この集会場は二組の町内会で管理・使用しておりまして
 当町内会には開催案内に餅つきを行う旨・子供も一緒に参加と言う
  内容を盛り込んで有りますが、もう片方は別町内会なので当然知らない
 し、勝手に来る訳にも行かないと思い、
 そちらの町内会の子供のいる家庭にも一軒・一軒廻って案内してきました。



 入れ替わり・立ち代りで大分つけ上がってきましたのでもう少しです。




 こんな感じで、今年は3臼つきました。


 
 

  3臼も有ると時間が押され、開始時間が過ぎてしまいましたので
   皆、会長の挨拶を聞きに中に入ってしまいまして、
   関係者だけの寂しい風景となってしまいました。

   次回はこの様な寂しい結末を迎えないよう
    開始時間の調整が必要です。

 次々と出来上がり、あとは実食ですが、ブログを見ている人の
  涎を誘うといけないので映像は無しにします。

 雑煮・きな粉。納豆・大根おろしで食べました。
 何故かあんころ餅を食べたいという希望は有りませんでした。
 来年の課題です。

   記事が進むと置き去りになってしまいますので前回と同じくデモテープ
    ですが ドラッカーズのテーマです。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加