紙幣の不思議2

NWO=1% 日銀を潰し、造幣局で紙幣の管理が必要。金融奴隷からの脱却!反1%で繋がろう!

ビル・ゲイツが断言「今ある銀行は必要なくなる」

2016年02月20日 13時47分50秒 | 経済


ビルゲイツの言う事も理解出来ますが、ビルゲイツはチーム金融ユダヤです。ビルゲイツの言葉=金融ユダヤの思考・意見として見てみると、キャッシュレス社会にして、紙幣制度からデジタルマネーへ移行しようと云う企みが見え隠れします。

銀行は民間でやらず、国が運営すべきです。今の銀行制度は詐欺です。信用創造で架空のカネを貸し付け、カネが払えなくなると担保物件を取り上げる。


銀行の魔法



B層はお金の話をタブー視する向きがありますが、これも洗脳の賜物です。お金の仕組みに気付かせない様に目隠しされていて、自分達が金融奴隷である事に気付かない様にされています。経済の専門用語で喋られると聞きなれない言葉なので拒否反応を示し、ウンザリした顔をします。政治も同じで、専門用語が飛び交うので、B層はついつい敬遠しがちです。司法の場も同じで、専門用語でのやり取りになるので素人には理解出来ず、本人裁判で勝訴するのは苦難の業です。

権威を振り回す輩は専門用語・専門知識に守られているので、フィールドを荒らされる心配がありません。なのでふんぞり返って威圧的で、偉そうな態度を平気でします。民間企業が偉そうに権威者の真似をすれば、速攻で見限られます。相手に分かり易く噛み砕いて伝えられる人が、頭が良い人です。専門用語・専門知識を振り回す奴は”自称頭が良いバカ”です。


ビル・ゲイツが断言「今ある銀行は必要なくなる」

プレジデント 2016/2/19 15:15 唐仁原俊博=文 PIXTA=写真


銀行の実店舗に行かなくなる日がくるかもしれない。(PIXTA=写真)

[拡大]

 1994年、あるベンチャー企業に投資を決めたビル・ゲイツは「銀行機能は必要だが、今ある銀行は必要なくなる」と発言した。彼が投資したのは、インテュイット。PCがオフィスに浸透すると同時に急速に成長し、現在も世界最大手の会計ソフト企業として君臨している。

 それから約20年後の、2013年。数多くの金融・決済サービス関連企業が集うカンファレンス「Money20/20」において、あるアンケートが行われた。「新たなイノベーションによって生まれる勝ち組と負け組は? 」。負け組の筆頭として挙げられたのは、銀行などの伝統的な金融サービスだ。次世代のサービスを見据える人々は、なぜ銀行の凋落を予見しているのか。

 銀行をおびやかすのは、ほかでもない「フィンテック」だ。その名のとおり、金融(ファイナンス)とIT(テクノロジー)を組み合わせたサービスの総称である。最も早くフィンテックが立ち上がったのは、金融サービスのうち、決済関連のものだといわれている。クレジット番号を知らせずとも決済が可能な「PayPal」はその代表格だ。急速に普及したコミュニケーションアプリ「LINE」も、14年より「LINE Pay」を開始した。ネットショッピングの決済だけでなく、LINEの「友だち」に簡単に送金することもできる。

 ほかにもアップルやグーグルといったIT業界の巨人たちが、それぞれ「アップル・ペイ」「アンドロイド・ペイ」を提供している。これらは店頭の端末にスマホをかざすことで決済する。「おサイフケータイ」に慣れ親しんだわれわれ日本人からすれば、特に目新しく映らないかもしれないが、決済に限らず、スマホをベースにしたサービスが多いのもフィンテックの特徴だ。身近なところでは、数多くのスマホ用家計簿アプリが生まれている。出入金のたびにいちいち金額を打ち込まなくても、オンラインバンキングと連携させたり、キャッシュカードと紐づけたりすることで、すべてを自動で登録してくれるものもある。さらには一般にイメージされる家計簿の枠を越え、証券なども含め、資産管理を自動化するアプリも登場し、ユーザーを増やしている。

■融資・資産運用までもフィンテックの快進撃

 ここまでは既存の銀行サービスを大きく侵食するものではないかもしれない。しかし、銀行業務の柱となる融資の分野にまで、フィンテックは進出を始めている。「ソーシャルレンディング」と呼ばれる、投資家と借り手を結ぶサービスは、その最たるものだ。サービス提供者は、独自の基準により借り手を格付けし、投資家たちはそれをもとに自分が貸し付ける相手を探す。貸し倒れの危険性が低ければ金利も低くなり、危険性が高いと、それだけ見返りも多くなる。

 旧来の銀行のように実店舗や銀行員は必要ないので経費は圧縮され、金利は低く抑えられる。さらには、従来なら銀行の融資の対象とならなかった中小企業や個人も、サービスに登録しさえすれば、投資家を見つけるチャンスが生まれる。貸し手にもメリットがある。自動化された審査は短時間で終わるだけでなく、ビッグデータの活用により、これまで以上の正確性が期待される。ソーシャルレンディングの代表格である米国の「レンディングクラブ」は07年に創業され、14年の上場時には時価総額が約1兆円という規模にまで成長した。

 脅威にさらされているのは銀行だけではない。手軽な資産運用を可能にする存在として出現したネット証券をも、フィンテックがのみ込むかもしれない。スマホを数回タップするだけで株を取り引きでき、「ロボアドバイザー」と呼ばれる技術により、10問程度の質問に答えるだけで、本人にとって最適と思われるポートフォリオを組み立ててくれる。数年前には考えられなかったようなサービスが次々と生まれている

 フィンテック企業と従来の金融サービスとの熾烈な競争は、ヒートアップの一途をたどりそうだ。



この少女は凄いです。この少女の爪の垢を、バカな日本人に飲まさたいです。

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演ミラー版001.MPG



間もなく現金は消滅か?AIIBで共闘体制の筈の露中の足並みがバラバラ。


お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム(1/5) Money As Debt



Unknown (百軒)2016-02-19 16:38:56バレバレさん、お誕生日、おめでとうございます。

ビル・ゲイツが断言「今ある銀行は必要なくなる」
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160219-00017317-president-nb


情報有難う御座います。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金融ユダヤのゴマすり。ハリ... | トップ | 米国だけのATMに非ず、世界の... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風来坊)
2016-02-20 14:24:42
普段は選挙絡みの投稿が多いのですが、今日は別の話題を。



黒字企業が消えていく ~自主廃業3万社の衝撃~
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3771.html


拡大する“官製ワーキングプア”
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/
Unknown (酔楽人)
2016-02-20 14:34:42
スレ違いになり申し訳ありません、さきほど輿水さんのブログに書き込みをさせていただきました(現在承認待ちです)、今回の出来事に対しいろいろ驚いております、輿水さんのブログにコメントした内容は以下の通りです。


なんともやりきれません……私は、輿水さんはもちろん、バレバレさん達にもレイズナーさんにもそれぞれ思い入れがあります、…私個人の中では、例え仮定でもレイズナーさんが指摘するように輿水さんが大本や生長の家に振れないからといってそちらから送り込まれた工作員信者だとは考えていませんし、輿水さんが仰るようにバレバレさんや張良さんやレイズナーさん達が裏社会にリクルートされた工作員にはやはり見えないのです、皆さん方に対してのそれぞれの経緯を書くと長くなるので纏めさせていただきますが、バレバレさんに対しては「輿水さんやザガロさんが名指しで工作員認定していても、こちらはこちらで淡々とやりましょう」と何度がコメントさせていただいてますが、結局この状況になっています……レイズナーさんには、「輿水さんが振れて無いと思う所は、もう少し表現を変えて(喧嘩を売るのでは無く)リチャードコシミズブログにコメントしてはいかがですか?」とコメントしたところ「自分からコメントする気は無い」とのことでした、天皇家について私が調べた事を少々……天皇家や天皇陛下について反する書籍を出している方達を見てみると、鬼塚さん(名前は忘れました…)

続く

Unknown (酔楽人)
2016-02-20 14:37:58
続き


やその他の方達も「極めて反日臭く、共産主義や社会主義の思想の影響がなかなか濃く感じる」…これが一貫しているように思います、昭和天皇については、有名企業や日本銀行の大株主であったりとある中、戦後にマッカーサーと会う時に「ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持ってきた。その費用の一部(日本国の復興)にあててほしい。」と言った話もあり、まさにロス天情報戦争の趣が丸出しです、それにしてもやりきれません…。


以上、このような内容になっております、バレバレさんにはお気に召さないコメントかもしれませんが、まあ私は今まで通りやって行きますよ。

Unknown (風来坊)
2016-02-20 14:39:55
次は選挙絡みです。
ダブル選挙と言うよりも、7月の参院選前に衆議院解散からやってしまおうとの事か?

衆参の両議院から証人喚問要求を受け、睡眠障害と称して病院に雲隠れしている
甘利のUR金銭問題を大衆の関心から反らしたいとか。

意外にも早い時期に衆議院不正選挙の幕開けと来ますか。



衆参ダブルはもうやめた!?
安倍総理が近頃考える「4月解散総選挙で圧勝」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160217-00047912-gendaibiz-pol&p=1
Unknown (酔楽人)
2016-02-20 15:32:43
もう本当にスレ違いばかりで申し訳ありません、ユダヤアメリカが狂っているのは今更ですが、子供NISAだのなんだの…迷惑以外の何ものでもありません。


米銃器業界、わずか6歳の子供を対象としたカラフルな銃を販売…子ども市場に照準!
2016.02.20


 米国の銃器業界が、わずか6歳の子どもを対象としたカラフルな銃を販売し、親たちにもわが子が幼いうちに銃を与えようと呼び掛けているとの報告書が18日、発表された。銃による暴力の撲滅を目指す米非営利団体「バイオレンス・ポリシー・センター(Violence Policy Center)」がまとめた報告書は、米銃器業界が新たな市場として幼い子どもたちに狙いを定めていると主張。その理由として、これまで顧客の主力だった白人男性の高齢化が進んでいるためだと説明している。
 女児向けにピンク色の銃もあるという。 報告書はまた、銃器業界やロビー団体の目的は、子どもが「できるだけ幼いうちに銃を持たせる」よう親たちに働きかけることだと指摘。「銃の売上増への期待と同時に、次世代の銃所持賛成派を育成して将来の政策論争に備えようともくろんでいる」と述べている。同センターによれば、米国最大の銃ロビー団体「全米ライフル協会(NRA)」は以前、対象を「8歳未満」と「8歳以上」に特化した子ども向けウェブサイトを運営していた。このサイトは現在、家族向けの「NRAファミリー(NRA Family)」となっており、対象年齢6~12歳のライフルに関するレビュー記事などが掲載されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160219-00000025-jij_afp-int

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL