紙幣の不思議2

NWO=1% 日銀を潰し、造幣局で紙幣の管理が必要。金融奴隷からの脱却!反1%で繋がろう!

確かめない奴は、必ず騙せる。

2016年01月10日 11時01分42秒 | NWO



ネット探偵のブログ2からお借りしました。NWOと世界連邦運動は同じ思想なんですね、勉強になりました。

>一方は指摘して一方は指摘しない陰謀論者。なんか胡散くさいですねw

同感です。 


2016年01月01日

NWOと世界連邦運動
カテゴリ:工作員

では、wikipediaから
世界連邦運動 
<引用ここから>

第二次世界大戦末期において成立した国際連合が戦争抑止力の低いことを痛感した世界の科学者・文化人たちが、より強力な世界連邦の形成をすすめることで世界から戦争を無くしていこうと決意し、1946年10月ルクセンブルクで「世界連邦政府のための世界運動」を起こした。この運動にはバートランド・ラッセル、アルベルト・アインシュタイン、アルベルト・シュバイツァー、ウィンストン・チャーチル、湯川秀樹などのノーベル賞受賞者が賛同した。このとき本部をジュネーヴにおいた。

1947年8月、スイスのモントルーで第一回世界大会を開いて、運動の組織や方針を定め、世界連邦政府の構想と、その実現方針について決議を採択し、世界連邦政府の理念に関する宣言を発した。この大会で、運動の国際連合体として「世界連邦主義者世界教会」(WAWF)が設けられ、毎年か1年おきに大会を開くことになった。

世界連邦運動はモントルー宣言に基づき以下をその活動原則としている。
1.全世界の諸国、諸民族を全部加盟させる。
2.世界的に共通な問題については、各国家の主権の一部を世界連邦政府に委譲する。
3.世界連邦法は「国家」に対してではなく、1人1人の「個人」を対象として適用される。
4.各国の軍備は全廃し、世界警察軍を設置する。
5.原子力は世界連邦政府のみが所有し、管理する。
6.世界連邦の経費は各国政府の供出ではなく、個人からの税金でまかなう。


現在国家単位で与えられている国連への参加資格を個人単位に移すことを主眼としており、これらは即ち、事実上の「単一世界国家(単一世界政府)」(ワン・ワールド)の建設である。

1955年の世界連邦運動は国連をもっと世界連邦政府に近づけたいと考えていたが、国連内にプロパガンダ要員が不足していた。しかし1965年ごろは国連のそばに事務所を構え、国連憲章18章の修正に関与したり、国際刑事裁判所の設立を提案したりした。憲章18章は改正手続を定める章であり、日本国憲法96条をめぐる議論[1]を想起させる。

1977年時点で37カ国に45の組織をもち、会員は100万人に達し、本部はハーグ、初代会長はジョン・ボイド・オアで、1961年以来湯川秀樹が会長を務めていた。このあと各国に国内委員会ができ、ラダ・ビノード・パールが出席したことで知られる世界連邦アジア会議も生まれた。1983年にはThe Institute for Global Policyというシンクタンクを立ち上げた。IGPは、国際/地域組織の民主化と、国際法の開発および世界適用を標榜する。最近ではNGOの国際会議参加を擁護している。

2002年にロンドンで開催された「第24回世界連邦世界大会」では、「世界連邦主義者はノン・ナショナル・ランゲージ(無国籍言語)、エスペラントを学ぶ」という決議文が採択された。
<引用ここまで>

要するにどちらも世界統一政府を目指しているんですね。
なのに、一方は指摘して一方は指摘しない陰謀論者。なんか胡散くさいですねw 
 







▼こちらも勉強になります。

 ◯◯を考えようw  



確かめない奴は、必ず騙せる。確かめない奴=眠れる子羊。覚醒者だと勘違いし、確かめる事を疎かにするから騙される。盲目にならずに、自分で確かめるクセを付ける事が、騙されないコツです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我々の間に必要なモノは信頼・信... | トップ | 1月5日の東京湾の地鳴りの原因... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミズチ)
2016-01-10 12:39:01
テロビや雑誌で持ち上げされた(目立たせてる)者は、誤誘導目的のかませ犬(刺客)であると認識すべきですね。

一番の覚醒のきっかけであるRKブログには、二年半年くらいご利用になっていたので残念っす。
Unknown (バレバレ)
2016-01-10 14:22:15
情報の良し悪しをかぎ分けられる嗅覚があれば騙されないので、RKブログも、情報の一部として取り入れれば良いですね。B層を覚醒させるには良いので、RKブログは、初心者向きと云う認識で、OKですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL