天才と秀才の鍵集め

天才と秀才の鍵集め

格差社会・競争社会は幸福なのか

2017-12-08 13:31:23 | 日記
小泉政権時代に米国流の競争社会の導入が一気に加速したような印象があるのです。

競争社会って実力がある人にはいいけれども、そうでない人には生きづらい社会だろうなと。その辺は、プロスポーツの世界とかを見ていると痛感する。

実際、アメリカのメジャーリーグって年俸がすごいのですが、メジャーの二軍であるマイナーになると、待遇がマジでやばくなるから驚くことよね。

アメリカの貧富の差はやばそうだ
アメリカは世界中から人材が集まってきて、そのパワーはものすごいものがあるわけで。

ただ、資本主義社会をもろに体現していると考えると、大多数の下のほうの人っていうのは、生活的にかなりシビアなんだろうなっていう気がしてならない。

日本だと上と下の間に中流層というのがいて、それが主流だったりするわけなのですが、そういう層がいないっていうのが怖い社会ではあるなと。
ジャンル:
びっくり
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表参道当たりの不動産って高... | トップ |   

日記」カテゴリの最新記事