カメさん日記

趣味のカメさん日記です。レア種で情報が少ない種を中心に書いていきます。

渓流でのエサ生物を知る!

2017-06-10 22:52:50 | 雑記

今晩は。

身体中が痛いのですが、色々な事の記憶が鮮明なうちに書き綴ろうと思います。

 

2,000メートル級まで使用できるトレッキングシューズに履き替えて…

看板には完全装備で登山、とありますがやや軽装ながら家内と二人で登山です。

今回の目的は渓流でのエサ生物の調査です。

いかにも登山者が少ない証左となる草の生い茂る入り口です。

 道なき道とも言える正に冒険チックな山道を登ります…

こんな滝や、

こんな滝を眺めては、登ること1時間… 

 ついに最上部の滝に到着しました!

正直、月曜から金曜まで分単位での仕事に忙殺されている私の体はヘトヘトです…

途中、こんなことも。

アオダイショウを捕まえました!ヘビの捕獲は得意ですが…

 不覚にも噛まれました…

もちろんすぐにリリースしました。

さて、最上部の滝でのエサ生物は…

 大量のカジカガエルのオタマジャクシ。石の下には成体のカジカガエルも見つけました。

近くの石の裏側には、コメツキムシが。

付近の葉にはカゲロウの一種が。

ブラジルヘビクビガメもこういう生物をエサとしているのだと思います。

それにしてもブラジルの限定的な地域とはいえ、こんな山間部の渓流にカメが棲息していること自体が不思議でなりません。野生下でのブラジルヘビクビガメの捕食者はジャガー、ピューマ、猛禽類だそうですが、なぜ、こんなに生物層の薄い渓流に生きることを選んだのかは疑問です。

因みに現地の観察者レポートによれば、

こういう滝の流れのそばにある沈殿した落ち葉の下に潜んでいるそうです。

滝のそばにカメが棲息している景色、日本人には想像出来ない光景ではないでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カメ飼いのモラルとは? | トップ | カメの飼育での楽しい時間 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (わきんなますた〜)
2017-06-11 11:56:45
渓流探索お疲れ様でした!
ご多忙であっても、見える景色、吸う空気、いつもと違う身体感覚でリフレッシュになったのではないでしょうか?
渓流住まいと伺って僕がすぐに思い浮かべるのは、中国からインドシナ半島北部に生息するオオアタマガメです
かつて飼育したこともあるのですが、あのフォルムといい運動能力といい、平野の河川や池沼に住むカメとは明らかに違いました
ブラジルヘビクビガメも人の手が入った里山辺りにも生息するようなカメとは異なるだけに飼育環境の研究は奥が深いです!
将来ブラジルヘビクビガメのために大きな設備をおつくりになるのが今からとても楽しみです♪
ますた〜さんへ (カメさん日記)
2017-06-11 20:09:36
いつもコメントありがとうございます!
やはりフィールド探索はいいですね。
自然の偉大さの前に、人間のチッポケさを痛感せずにいられません。
ただフィールドに出かけて感じるのですが、日本の人口動態として、高齢化と人口減少を肌で感じます。
廃墟や限界集落を見るにつけ、いよいよもって、コンパクトシティー構想の必要性を感じます。
医療費や社会保障費等、我が国は老齢国家として満身創痍だなぁと先行き不安になります。
カメの飼育レベルを上げようとフィールド探索をしますが、趣味を楽しめる生活があるのも国政の受益者としての自分を考えざるを得ません。
私事ながら、祖父は一橋大学を卒業、財閥企業に入り豊かさを受益できたのは、僅かな期間。
徴兵され陸軍将校として南国で戦死しました。
豊かで自由、かつ信賞必罰の成熟国家としての日本を次代に引き継いでいきたいものだと大自然の中、考えておりました。スミマセン、個人的な愚痴になりまして…
おはようございます。 (ちゃかぽん)
2017-06-12 06:39:54
いつも拙ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。
お礼も兼ねて、先にこちらにコメントをさせていただきます。

カメさん日記のカメたちはとても愛されていな、幸せだな、というのが率直な感想です。
子供の感想文のような稚拙な感想で申し訳ありません。餌の調査のために渓流散策される方は、おそらく他にはいないと思われます。

コメント欄のお話へのコメントですが、今後の社会の在り方は広く議論されるべきだと思います。私は議論の下地を用意できるよう努力いたします。

ご存じかもしれませんが、岩波新書の『生きて帰ってきた男』、とても良い本です。ご祖父の生きた時代の空気、生還したら生きたであろう戦後の時代が、ある日本兵のインタビューを軸に、立体的に描かれています。
日本で最も優れた研究者の一人の作品です。

次世代に何を引き継ぐ、あるいは残すべきか、極限状態を生きた人間から学ぶべきことは、少なくないと思います。
ちゃかぽんさんへ (カメさん日記)
2017-06-15 05:56:10
いつもコメントありがとうございます!
祖父は30代、父は50代でなくなりました。
振り返ると、最も平和でかつ豊かな暮らしを享受している自分がいます。
国家の未来を憂いて散っていった方々の気持ちを思うと複雑な気持ちにならざるを得ません。
「生きて帰ってきた男」、恥ずかしながら存知あげませんでしたが、是非読んでみようと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。