カメさん日記

趣味のカメさん日記です。レア種で情報が少ない種を中心に書いていきます。

コウホソナガクビガメの行方は?

2017-01-04 23:30:04 | 雑記

今日は。さて、昨年はペポニさんやアライブさんにコウホソナガクガメが入荷しました。かなりの数のようなので、購入された方々の飼育環境や個体の立ち上げ状態がとても気になる今日この頃です。で、好き勝手言いますが、ブラジルヘビクビを飼育して感じるのですが、飼育困難種は状態の良い環境幅が狭いのでブリード自体の難易度よりも、むしろ親個体の環境設定と状態を上げることの方がハードルが高いのではないかと思います。要するにCBだからといって、要求する環境幅が広いことはないと思うのです。ですからコウホソCBも、どれだけブリーダーの環境設定に近づけるかが、キーになると思うのです。私もブラジルヘビクビのブリードが目標ですが、素直な気持ちとして、「このカメ、殖やせたとしても、気狂い(freakではなくcrazyです)な程好きな人じゃなきゃ飼えないよなぁ、やっぱり飼うの難しいもん…」と考えています。だから、長期飼育方法すら分からないコウホソナガクビもCBだからと油断すれば、たちまち落とすことになると思います。私もブラジルヘビクビの飼育水をマーフィードのエキスパートフレッシュにしたところ、驚くほど状態が上がりました。Nさんの国内CBコウホソも井戸水を使っており、水道水ではありません。コウホソナガクビ長期飼育のカギは飼育水がキーではないかと思っています。残留塩素だけでなく、水道水には、様々な不純物が混入しています。恐らくこの辺りがコウホソの飼育を困難にしている要因ではないかと推測しています。また、パースは常に強い風が吹いているそうです。だから、気温の割に体感温度は低いと聞きます。この風もポイントではないかと推測しています。水質の要求レベルが高いということは、濾過も含めた飼育設備もしっかりしたものが必要になるはずです。今回のCBコウホソを購入され、長期飼育にチャレンジされるスーパーマニアの方々の情報公開を切に願う次第であります。

ブラジルヘビクビガメ近況です。クリーンな飼育水にご満悦のようです。

メスです。

 

オスです。 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年度のカメライフについて | トップ | 思い起こせば… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (わきんなますた~)
2017-01-05 08:29:24
明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

以前あるプロブリーダーに水質について伺ったとき「カメに関しては水質は殆ど関係ない」といわれたことがあります
中性軟水の日本の水道水は、確かにつぶしが効くと思いますが、カメさん日記さんの記事を拝読していると「そういう種ばかりではない」という自分の考えにマッチしてうれしいです
以前も書いたかもですが、バングラディシュや北インドのメダマガメなどは水質に極めて敏感でかなりその肝を抑えないと長期飼育は難しいです

観察、データや情報の収集、エビデンスに基づく環境作りなど、大変ではありますがやりがいがありますね!

僕も勉強させていただきます!
ますた〜さんへ (カメさん日記)
2017-01-06 06:26:36
コメントありがとうございます!
ミズガメにとっては水質の影響度は高いと思います。おっしゃる通り日本の水質は汎用性があるため、我々日本人の飼育者は水作りに疎いのだと思います。ただ水質に恵まれた日本であることは幸運なことですよね。しかしながら、飼育困難種は、いかに彼らの本来の生息地環境を再現してあげるかが大切なポイントだと思います。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。