山本ゆう子の日記

子どもたちを、人間を、大切にする社会に変えたい

『校庭に東風吹いて』

2016-09-24 19:55:34 | 日記

 映画『校庭に東風吹いて』を見ました。しんぶん赤旗に連載されていた小説が映画化されたものです。場面緘黙の女の子と「問題のある」男の子、担任、クラスの仲間の物語です。

 問題があるとされる男の子(安川純平)と場面緘黙の女の子(蔵田ミチル)の心のつながり、純平の働きづめで体調をくずすお母さんを心配する行動には涙、涙・・でした。特に純平役の子役の演技は圧巻です。私も現役の教師のときに、やんちゃだけどやさしく友だち思いの子に、何人か出会ったなと、担任した子どもたちの顔がうかんできました。もう一度、学校にもどりたいと強く思いました。

 ミチルちゃんの、話はできないけど「私も一緒に遊びたい」という心のさけび、純平の「普通に笑えるクラス・泣けるクラス・けんかできるクラス」「普通に話を聞いてくれる先生」という願い・・これを受け入れる学校になっているだろうか?少なくとも、ゼロトレランス(1度の失敗も許さず懲罰主義にはしる)や学力テスト、おしつけの道徳、さいたま市が躍起になって進めるグローバルスタディ(英語教育)のような薄っぺらい教育では、子どもたちのやわらかい心を受け止め、包み込むことはできないでしょう。

 本物を見ればもっともっと、心に響きます。機会があったら、ぜひ観て頂きたい映画です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30人学級の実現を求める署名

2016-09-07 18:53:37 | 日記

 さいたま市の30人学級の実現を求める署名が始まりました。ご協力をお願いします!

 9月3日のスタート集会には、教師、保護者、研究者、議員などいろいろな立場の人が集まりました。はじめに、さいたま市のトップダウンの教育政策の象徴のような”グローバルスタディ科”(英語教育・小1から実施)の報告がありました。条件整備もせず、英語の免許状のない教師が授業していること、文法も教えず、行き当たりばったりの授業であることなど現場の混乱が報告されました。

 小学校全学年で35人程度学級を実現している蕨市からは、教職員と市民が力を合わせて、人口の2割の署名を集めて粘り強く頑張ったことが実現に結びついたことが話されました。市長の姿勢も大きく影響したとのこと。さいたま市でも来年の市長選挙を視野に入れて、署名に取り組むことが大切だと感じました。

 「少人数学級の効果は認める」としながら「国がやること」と、逃げ続けるさいたま市。1学級あたりの児童生徒数も36人以上の学級の割合も政令市最下位のさいたま市。

 競争と管理でストレスをため続ける子どもたち。一人ひとりが大切にされ、いじめをなくし、確かな学力をつけるために30人学級は絶対に必要です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりおかしい!PFI  大宮区役所新庁舎整備事業

2016-08-22 09:56:23 | 日記

 大宮区役所の新庁舎整備事業(区役所を市民会館おおみや敷地に移転・図書館も併設)がPFI(公共サービスの提供に際して公共施設が必要な場合に、従来のように公共が直接施設を整備せずに民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねる)によって進められようとしています。

 現在「市民ワークショップ」が開かれています。(8月20日が3回目・9月3日が最終回)2回のワークショップに参加しましたが、PFIの様々な問題・疑問を感じました。

 まず、運営がファシリテーターなる大学教授(落札協力会社の代表取締役を兼ねる)によって行われ、さいたま市が、表に現れずどこにどう責任をもっているかが、はっきりしません。

 グループディスカッションも事業者が説明をしているため、自分の会社の計画や事業の宣伝と感じられなくもありません。

 ワークショップ参加者の多くが望んでいる下りのエレベーターの設置についても、2回目の時には前向きの回答だったにもかかわらず、3回目では「維持管理にコストがかかるので設置できない」「エレベーターで対応する」との回答に後退しました。「コストはどのくらいかかるのか」と聞いても、「さいたま市とは全体の予算で契約しているので、設備を1つ増やせば他の設備を1つ減らすことになる」という答え。市民にとって使いやすい施設にしようという姿勢が見えてきません。

 何かと問題の多いPFI。今度は、大宮西高(中等教育学校)にも持ち込まれようとしています。市民がアンテナを高くして、情報を集めないと、知らない間に進んでしまうこともあり得ます。知り得たことをみんなで共有し、疑問や問題点が話し合うことができるといいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20年続いた 『原爆と人間展』

2016-08-08 15:05:35 | 日記

 今年も大宮図書館で『原爆と人間展』(8月2日~7日)が開かれました。今年で20周年になります。毎年、実行委員の方を中心に、続けられてきました。さいたま市とさいたま市教育委員会の後援をとっています。現役の教師の頃、「学校でチラシを配らせてほしい」と、教育委員会に要求したことを思い出します。公共施設の「公正・中立」を理由に、施設の貸与に制限をかける動きがある中、大宮図書館が新しくなってもぜひ続けていきたいすばらしいとりくみです。

 戦争中の用品の展示や旧大宮原子炉廃炉運動の記録と歴史、平和を願う折り鶴のコーナーなど、被爆や戦争の実態に触れる企画です。

 私は、平和大行進を描いたDVD『一歩でも二歩でも』を見ました。科学の粋を集めたはずの核が命を奪うことになってしまったことに対抗して”歩く”という最も単純な行為で平和を訴えることが平和行進の始まり。毎年『歓迎平和行進』の垂れ幕を出して待っていてくれる方がいることに感動しました。今年は、終わってしまった平和行進ですが、来年はもう少し頑張ってみようと決意を新たにしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐ろしい 冤罪!

2016-07-21 18:18:44 | 日記

 『2人の死刑囚』を見ました。「袴田事件」(1966年)と「名張毒ぶどう酒事件」(1961年)で、『死刑囚』とされた、袴田巌さんと奥西勝さん。

 袴田さんは、2014年3月に再審開始の決定がされ釈放されたものの検察の抗告により再審は始まっていません。そのため年金もなく、選挙権もありません。

 奥西さんは、再審請求が認められないまま、2015年10月に獄死しました。寝返りもうてないほど衰弱していても手錠がかけられていたという弁護士の話に涙がでました。

 「検察と警察は有罪にすることを究極の目標にしているため、有罪に有利な証拠しか出さない」という元検事の話に、冤罪をうむ司法当局の本質を見る思いでした。

 2人の方のお姉さんと妹さんの献身的で、どこかたくましく明るささえ感じる行動と言葉に頭が下がりました。”拘禁反応”に苦しみながらもユーモアを感じる袴田さん。重いテーマにもかかわらず少し救われる気がしました。

 それしても大半を冤罪を訴え続け、獄中で過ごさせた2人の人生を誰が取り戻せるのか!日本の司法が犯した罪は重い!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加