虫や鳥やきのこが大好き!

虫や鳥と植物を水彩と色鉛筆で描いているイラストレーターです。小さな生きものたちの楽しく温かい世界を表現していきたいです。

やぐちゆみこのブログ291

2017-06-10 22:20:52 | アート・文化
ガクアジサイとハナアブ

 つぶらな瞳、かわいく撮れました!
以下晴れ間のの石神井公園で出会った生き物たちです。


カナヘビ、目があって撮影に応じてくれました。


モノサシトンボ、本当にモノサシみたい。


コシアキトンボ、私の腕とデジカメではこれがやっと!


撮影/小口深志氏(アマチュア写真家)

コシアキトンボの雌雄
 腰の空いた部分の色では決められないそうです。
シオカラトンボと同じように、未成熟のオスはメスに似て腰が黄色。
さらにメスも成熟度が増すと腰が白っぽくなります。

違いは腹端(尻尾の先の部分)でも見分けられますが、
腰の空いた部分に黒い切れ込みがあるのがメス。

未成熟のオスは水辺にはおらず、離れた草地などで群れで翔んでいることが多く、
それらははオスでもみんな腰が黄色。
成熟すると水辺にきて占有行動をとるが、みんな腰が白い。

未成熟のオスがメスに似るというのは、トンボの世界ではよくあることのようです。
ど素人の私には、興味深いことばかり。
昆虫に興味を持ってしまったら、本当に日々身になる勉強です!

 遠い昔、高校の時の登下校は静岡の駿府公園の中でした。
興味を持って歩けば楽しい通学路だったなあ〜と、今更ながら思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やぐちゆみこのブログ290 | トップ | やぐちゆみこのブログ292 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事