やぐちゆみこのブログ

虫や鳥と植物を水彩と色鉛筆で描いているイラストレーターです。小さな生きものたちの楽しく温かい世界を表現していきたいです。

やぐちゆみこのブログ193

2016-10-15 00:37:35 | アート・文化
ツマグロヒョウモン

撮影/小口深志氏

 小口さんの写真はキクとツマグロヒョウモン。雌のようです。
秋の日差しの中、この蝶をよく見かけます。

蝶屋の息子が中学生のころ、登校するたびに黒いイガイガの幼虫を持ち帰りました。
落ちているんだそうで、何匹も。
でも私が同じ道を歩いても見つけられません。どこを歩いて登校していたのやら。

飼うというので、食草のスミレを探して私と息子で公園や憩いの森を歩きました。
スミレは以外にもそんなに見つからず、
谷原の喫茶店『ハウス風』でひと鉢いただきました。
すごい食欲でしたが何とか蛹までこぎつけました。


スミレの葉にぶら下がっているのが蛹です。不思議な造詣美!

蝶になって逃がしたのか標本にしたのか覚えていません。
私は幼虫と蛹は面白いと思いましたが羽化したあとは苦手だったので。

飛んでいるツマグロヒョウモンを見ると、今ではなつかしく思い出します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やぐちゆみこのブログ192 | トップ | やぐちゆみこのブログ194 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (いけちゃん☆☆☆)
2016-10-15 10:53:12
おはようございます。
Facebookで繋がっている池谷嘉保です。
いけやよしやすです。
僕も。同じgooブログを利用しています。
お暇な時にでも覗いて見てください。
ブログのタイトルは、山と蘭と恋の華です。
時々、Facebookにもシェアしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL