虫や鳥やきのこが大好き!

虫や鳥と植物を水彩と色鉛筆で描いているイラストレーターです。小さな生きものたちの楽しく温かい世界を表現していきたいです。

やぐちゆみこのブログ176

2016-09-18 09:45:07 | アート・文化
「ポンピドゥー・センター傑作展」へ



 世界屈指の近現代美術コレクションを誇る、フランスを代表する近代美術館。
その美術館や図書館、音響音楽研究所などがあるフランス国立の総合文化施設が、
ポンピドゥー・センター。
なるほど、いただいた印刷物を読んで詳しく知りました。

1906年から1977年まで、多彩なジャンルから合わせて約70点。
1年ごとに1作家の1作品を展示してあって、分かりやすかったです。

1945年(第二次世界大戦終結の年)に作品はなく、
エディット・ピアフの「バラ色の人生」が聞こえて・・・。
作品には肖像写真と作者の言葉が添えられ、生きた時代と作品が結びついていることを
感じました。
作者の言葉、ゆっくりかみしめて読みました!

1906年、ラウル・デュフィの「旗で飾られた通り」から始まり。
1917年のマルク・シャガール「ワイングラスを掲げる二人の肖像」は、
結婚したばかりのシャガールが喜びに満ちた感情を表現していると、以前読んだことが
ありました。
なんといっても好きな絵はアンリ・マティスの「大きな赤い室内」
ヴァシリー・カンディンスキーの「30」は、四角を思わず数えてしまいました。
30個の四角の中に、音楽が聞こえてきそうな独特な形が描かれています。


久しぶりの美術館鑑賞、連れ合いの姉と楽しんで来ました!
都美術館で9月22日まで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やぐちゆみこのブログ175 | トップ | やぐちゆみこのブログ177 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL