とりとも雑楽帳

狭山丘陵の里山歩きとクラッシク音楽の鑑賞日記です。

鳥撮り始め。2017年・初めて外に出る。

2017年01月04日 | バードワッチング

 文字通りの寝正月。年のせいか風邪が長引いた。でも何とか回復した。天気予報は、小春日和で風もないとのこと。とりあえずNetでニュースを確認。トランプ政権の人事が出てきた。米国通商代表部の人事は対中国強硬派の御仁に決まった。これでトランプの対中国の方針は対立が確定だ。しかもこれで世界の三大大国が、世界経済ルールを無秩序に追いやり、力ずくで自国ファーストの政策を掲げ、しかも「人権擁護・世界平和」を放棄する大国主義丸出しのリーダーを選択した。

 ヨーロッパを見渡せば昨年英国のEU脱退を受け、今年のフランス大統領選挙、イタリア総選挙では米・中・ロに歩調を合わすように、自国ファーストの極右政党の躍進・政権奪取が予想されている。それよりも早く我がアベちゃんは、ゴルフ道具の貢物をもって、尾っぽを振りにトランプのところにいち早く行った。それは何だったのでしょうか。そして嘘までついて強引に成立させたTPPはどのように国民に落とし前を付けるのでしょうか?

 そして今日の日経の終値は、13年の安倍政権以来の479円の値上がりを付けた。老い先短い私にはどうでもよいことですが、孫・子にとってこんないい加減な人に政権を任せてよいのでしょうか。自民党の中にはアベちゃんよりもIQも優れ、教養・知性に優れた人が多いのになぜ声が聞こえないのでしょうか? 外務省も、財務省も。経産省も機能不全になっているのでしょうか。株価の上下もトランプの発言次第では、国内の総検挙よりも、国民投票で米国併合で51番目の州になった方が良いかも?

    穏やかな

        迎春なのに

                先読めず

 それはともかく、今日の天気はポカポカ陽気で日差しが気持ちよかった。鳥撮りの大先輩で、現在は動画を撮られているKさんに「本年もよろしく」とのご挨拶を、すると毎年いただいている、「狭山丘陵の鳥と自然」の2016年版の「動画集」をお年玉にいただいた。帰宅後早速拝見。いつもながら、様々なジャンルの音楽が画像に合わせ流れ、素晴らしい作品の仕上がりでした。ありがとうございます。

しかし狭山湖はお天気が良すぎて温度が上昇して、初富士を拝めませんでした。また湖面には遠くにカンムリカイツブリの大群とカワアイサの一団を観ましたが、鳥影は薄く、堤防では常連さんにご挨拶をして柳瀬川源流口へ降りるとカワラヒワの群れに出会いました。そのあとトトロ神社におお参りして、いつものパターンでスーパーで買い物して帰宅。また例年道理の日課の始まりです。



『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正月2日 | トップ | 新春 五日目にして、一富士... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL