東海地震に対する意識を高めるブログ

東海地震への防災・減災意識を高めるため東海・東南海・神奈川周辺で発生したM3以上の有感地震を眺めるシンプルなブログです。

今月のまとめ - [定例] 判定会の発表など

2017年04月24日 | 今月のまとめ
             



24日、気象庁の地震防災対策強化地域判定会(いわゆる判定会)から
今月の 『 東海地震に関連する調査情報(定例) 』 が発表されました。

これは、東海地域の地震活動や地殻変動等の状況について、主に前回の判定会(平成29年3月27日)以降の調査結果を取りまとめたものです。

それによると、先月に引き続き、「現在のところ、東海地震に直ちに結びつくとみられる変化は観測していません。
とのことです。

国や自治体等で特別な防災対応はとられず、私たちも普段通りの生活をしていればよいというカラーレベル青定例 - 表の下段)の発表です。

具体的には、最近の東海地域とその周辺の地震・地殻活動について、次のように説明されています。(※抜粋)

「1.地震の観測状況
 3月27日から4月1日にかけて、伊勢湾から愛知県のプレート境界付近を震源とする深部低周波地震(微動)を観測しました。

2.地殻変動の観測状況
 GNSS観測及び水準測量の結果では、御前崎の長期的な沈降傾向は継続しています。
 平成25年はじめ頃から静岡県西部から愛知県東部にかけてのGNSS観測及びひずみ観測にみられていた通常とは異なる変化は、
ほぼ見られなくなっています。
 また、3月28日から4月3日にかけて、三重県、愛知県及び静岡県の複数のひずみ観測点でわずかな地殻変動を観測しました。

3.地殻活動の評価
 平成25年はじめ頃から観測されている通常とは異なる地殻変動は、浜名湖付近のプレート境界において発生している「長期的ゆっくりすべり」に起因すると推定しており、
現在は、「長期的ゆっくりすべり」は停滞しています。
 そのほかに東海地震の想定震源域ではプレート境界の固着状況に特段の変化を示すようなデータは今のところ得られていません。
 一方、上記の深部低周波地震(微動)及びひずみ観測点で観測した地殻変動は、想定震源域より西側の愛知県のプレート境界深部において発生した「短期的ゆっくりすべり」に
起因すると推定しています。
 以上のように、現在のところ、東海地震に直ちに結びつくとみられる変化は観測していません。
 なお、GNSS観測の結果によると「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」による余効変動が、小さくなりつつありますが東海地方においてもみられています。」


この発表の内容について詳しくお知りになりたい方は、
気象庁HP 平成29年4月24日判定会(定例)「地震防災対策強化地域判定会会長会見」 のページ
および同ページ掲載のPDF文書をご覧ください。



【関連報道】

◯ NHK - 東海地震判定会 地震に結びつく変化の観測なし (4/24)(※抜粋。太字は管理人)
 判定会会長 平田直・東大地震研究所教授の話
『ゆっくりすべり』が想定震源域内やプレート境界の浅い場所で起きるようになると、大きな地震に結びつく『前兆すべり』の可能性が高くなるので、
 『ゆっくりすべり』が起きている場所を今後も注意深く監視する必要がある」



ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年04月24日(月) 14時36... | トップ | 2017年04月24日(月) 22時58... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む