gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

迷子の土地(所有者のいない土地)

2017-04-19 00:56:06 | メモワーク
農林水産省によると、相続に伴う登記がなされていなかったり、そのおそれがあったりする農地は、全国に約93万ヘクタールある。農地全体の2割という広大な面積になるそうです。

専門家によると「所有者がいない土地」はないそうだ。民法上「所有者のない不動産は国庫に帰属する」ためだ。

しかし、国有地になれば管理責任を負わされる国も困る。所有者問題は棚上げにして、とりあえず活用しよう、というのが各省庁の基本姿勢である。

これから「多死社会」に入り「迷子の土地」が増えれば国土は間違いなく荒廃する。国や自治体は本格的な対策を探るべきではないか。
ジャンル:
各業界情報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胃袋争奪!コンビニ・ファス... | トップ | 殻が簡単にむけるゆで卵の作り方 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。