『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

映画『三度目の殺人』

2017-09-11 16:33:18 | 日記
 是枝監督は地味ながらも評価の高い作品を作っている。以前『そして父になる』を見たけど病院で

取り違えられた子供を正しい親の許へ帰そうとする病院からの告知で 大きなショックを受けた

両家の親と子供の心理など複雑な状況を丁寧に描いていて、場面的には楽しい面白いシーンもあって

良い作品だった。

 今回も三度目の殺人を犯したとされる容疑者が供述をいろいろ変えるので、弁護士もその対応に

苦慮する心理状態が克明に描かれる。この映画はとてつもない問題提起をしているし、考えように

よっては日本の司法制度を揺るがしかねない。我々は裁判によって真実を明らかにしてそれに相応の

判決が出されるものと思っているところがある。しかし、この映画では容疑者の供述が変遷するので

真実が誰にもわからないまま死刑判決が下される。昨今は冤罪の再審が話題になったりしているが

それともまた違う。

 被疑者は警察で事情聴取され、起訴されて検察に取り調べられる。法廷で裁判官から事実関係を

質問・確認される。もちろん逮捕された時から弁護士がつくだろう。その弁護士には本当のことを

告白してそのうえで法廷闘争・戦略的に刑を軽くしたいと活動するものと思われるが、この主人公は

どの時点でも本当のことを言わなかったのに、最後の判決の法廷で無実を主張するが裁判官の心証を

動かすことはできなかった。裁判官・検察官・弁護士それぞれの職業の立場で事件に対する態度には

温度差も距離も違う。その舞台裏も見せてくれてリアリテイがある。もちろん容疑者が供述を変える

には本人なりの理由も状況の変化もあるわけで、この判りにくい点についても丁寧に追っている。

 観客はこの主人公を信じられるのか、この判決を支持できるのか、重い問題を突きつけられる。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

器械のミスと思い違い

2017-09-07 11:13:59 | 日記
 先日、スーパーへ買い物に行くときに財布を確認したら1万円札が入っていた(と思い込んでい

た)。レジで4千円少々の買い物だったので1万円札を渡した。ところがおつりが小銭だけなので

「1万円渡しましたが」「いいえ、5千円でした」「そんなことないでしょう」「いいえまちがい

ございません」「それなら今渡したお札を見せてください」「もう器械を通しました。器械が5千円

と読んでいます」「器械からお札は出せないんですか」「出せますがそのお札がどなたのお札かは

判別できません」

 私も頑張ったがレジのお嬢さんも頑張った。夕方でもありレジに行列ができているので、わたしは

不承不承引き下がった。

 どうしても5千円損した気が治まらないので夜息子に愚痴ったら面白いことを言ってくれた。

以下

 器械もミスすることはあるかもしれないがその確率は極めて低い。器械は99.9~%正しいと

の前提で成り立っている。それに比べ人が思い違いする確率はかなり高い。ましてお母さんのように

歳をとるとなおのこと。自分の思い違いを素直に認めていれば損をしたことにならないのに、自分に

間違いはないと強情を張るから損をしたことになる。その5千円は相続財産が5千円減るだけのこと

だからお母さんがムキになることはないと。

 なるほどものは考えよう。認知療法だ。老いては子に従えか。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加