『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

ラファエル・ダラポルタ シヨーヴェ洞窟

2017-04-29 11:22:54 | 日記
 大変珍しい面白い(?怖い)写真展を見た。この作者にとって日本初披露だそうだが

世界的には注目されている若手写真家だという。(京都文化博物館別館にて)

 フランスのショーヴェ洞窟を360度撮影したもので、内部には約36000年前の世界最古の

アートとされる洞窟壁画が描かれている。

 会場に入って目を疑うのは、真っ暗な中に壁のような巨大スクリーンがあって洞窟内部の

映像がゆっくり回転している。観覧者は床に寝そべって見られるようなクッションに沈んでいる。

壁画にはすでに消滅した鳥や動物を含む生物が描かれているが、岩の自然な凹凸が偶然にも妖怪の

目鼻立ちにも見える。巨大な大蛇は描かれているのか岩の窪みが大蛇の模様のように見えるのか

判然としない。ところどころ真黒なミイラのような塊も見える。一方、滴り落ちる鍾乳が固まって

真白なギリシャ彫像のようにも見える。会場は音の消えた世界で、時々誰かのため息のような

大きな息の音が聞こえる。画面からは遠くから流れる水の音か水滴が岩にあたる音か、まるで妖怪の

声かと身震いする不気味な音。私も40分ほど設えられたクッションに寝そべっていたが、床が回転

しているかの錯覚に陥って気分が悪くなって退散した。

 この展覧会京都の次はどこへ行くのか。怖いもの見たさの好奇心旺盛な方にお勧めします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被害金額のバブル化

2017-04-24 18:05:04 | 日記
 お金はある所にはあるものですね。我々には想像もつかないお金が動いています。

若作りの婆さん(とても歳には見えないけど)に騙された人たち。総額7億円?

 詐欺に合った人たちが鼻の下を伸ばしたかどうかは知らないが、騙されるだけの

お金を持っていたことに驚き。

 ①福岡で3億8000万円強奪。②福岡空港で8億円近い現金を持って出国しようとした

韓国人 ③銀座で4000万円を持ち歩いていて襲われその半分ほどを奪われた人

前日福岡であんな事件があったのに無用心極まりない。

②の人たちは①の事件とは無関係だったが、この警戒のため慎重にチェックしていた

空港職員に見つかった。お手柄ではあったが一瞬誰もが①の事件の一味かと思ったおかげで

①の犯人にとっては逃走の時間稼ぎができた。

 ①の事件は捜査が進展していないようだが謎が多すぎる。被害者の行動が犯人に細かく

漏れている。大金が動くことを知っていたのは被害者の勤務する会社の関係者。銀行側。

しかし、彼がどこの駐車場を利用するかまで知っていて、待ち伏せしていたなのは

偶然ではありえない。被害者と犯人はグルではないのか。しかし会社も一般的な常識からは

ヅレている。金取引は現金相対がルールだとしても一人で行かせる?この金額で金を買えば

嵩は小さくなるにしても20キロになるらしい。これを一人で東京まで運べとは不可能だろう。

被害者を含めた数人がグループで事件を起こしたとしてもこの金額は大きすぎる。

どんな方法で何にこの金を使うのか。使うまでどこにどんな形で保管しておくのか。

リスクが大きい。

 そこで、視点を変えて大胆な推理だが、会社が仕組んでいるのではないか。被害者は

何も知らずに社命として出張したが その詳細情報を会社が雇った犯人に漏らせておいた。

派手に報道された事件だから会社はこの金を損金処理する。決算が赤字になれば税金が

節約できる。

 銀行に落ち度はなかったと思うがこれほどの大金を出金する人に銀行の

地下駐車場を使うように勧めなかったのか。また車に積み込むまで誰か手伝う人を

付けなかったのか。銀行マンでもよし、銀行が雇っている警備員もいるではないか。

 謎の多い事件,早く真相を解明してほしい。日本の治安がこんなに悪いとは悲しい。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の軍事パレード

2017-04-17 16:23:25 | 日記
  北朝鮮は記念日ごとにミサイルの実験や派手な軍事パレードをするけれど

 真意がわからない。自国がどれだけの軍事力を持っているかは最大の国家機密だと

 思うのに、誰に見せつけるつもりなのか。私の当たらない推察だけど、あれは現時点の

 披露ではなくその前段階のものではないのか。本当の現在の実力はやはり隠しているのでないか。

 しかし、今回のパレードは張りぼてで模造品だという見立てが出ている。それならばなおのこと

 お金と労力を使って無駄なことをするのか理解に苦しむ。我々の常識になじまない国だから

 若い将軍さんはアメリカへの反撃の第1段として日本の米軍基地を攻撃するという。
 
 とっさに、また沖縄が気の毒なことになる、日本の盾にされると思ったけれど

 基地は沖縄だけではない。青森や横浜・横須賀・福岡etc.私の知らないところに相当散らばって

 いる。横浜や横須賀という日本の中枢部に近いところをやられたら東京は無傷でいられるのか。

 国家機能がマヒすることはないのか。国民個々人人ではどうしようもない。災害の避難訓練さえ

 不十分な我々、どこに逃げるのか どこに隠れるのか、シェルターはない、防空壕さえない。

 トランプさんもあまり勇ましいことを言って将軍様を刺激しないでほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お節介なわたしの英語力

2017-04-13 11:47:04 | 日記
 中学校から高校まで6年間も英語の授業を受けた世代ですが、当時得意だった私もまったく

役に立ちません。昨日、信号待ちをしていたら向かい側で待っていた外国の家族の奥様が

私に向って手を振って止めたので見ると地図を持っています。「Can I help you?」

「Oh! thank you」 そこまではよかったが後が続かない。地図上で示せば役に立つかと思った

が、そこへ行く道順、バスののり方などをどう説明するか困ってしまった。そこで思いついた奇策が

すぐ近くにあるホテルへ連れて行った。ホテルのフロントなら英語で道案内くらいお手のもんだと

思ったのに、なんとそのフロントマンは私といい勝負で説明できない。しびれを切らしたご主人が

もういいと言ってスマホとにらめっこしている。子どもが「ありがとうございました」と言って

出て行った。かえって手間をかけて申し訳なかったし観光都市として大恥をかいた。

 それで私は乗るべきバスを待っていたら 着物を着た若い女性がスマホと案内板を見比べて

困っている様子だったので今度は日本語だからと気安く「どこへ行きたいの?」聞いたら

「No no!」と言われて慌てた。この頃着物を着ているのは京都人でないどころか外国人も多い。

こんどは行き先も方法も分かったけど「五条坂」へはそこからバスがない。15分ほど歩けと言った

ら、自分たちの予想とは違ったらしく目を丸くしていた。そこまでで私のバスが来たので別れたが

彼女たちその後どうしただろう。私のお節介が空回りした1日だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親切な市バスのアナウンス

2017-04-13 11:20:04 | 日記
 先日の夕方、河原町通りを上(かみ)から下(しも)へ市バスに乗っていました。丸太町の停留所

を過ぎると運転手さんのアナウンスがありました。「ここから先は渋滞が予想されます。お急ぎ方、

JRの時間がある方は次の停留所で降りて地下鉄をご利用になるほうが早いと思います。」

観光客らしいカート引いた2・3人が後ろの座席から降りる準備をして前のほうへ移ってきました。

そして次に止まる直前に「三条へお越しの方もここで降りて歩かれるほうが早いです」若い人が

4・5人急いで降りました。市バスのアナウンスは近辺の観光スポットや公共施設の案内はしますが

こんな親切なアナウンスは初めて聞きました。この運転手は自分の親切でしただけのことでしょうが

立派な企業防衛です。本当にどれくらい遅延するかどうかはわからにけれど、市バスの遅延で

JRに乗り遅れた人が出れば不愉快に思うでしょうし、中には交通局へ文句を言う人もいるでしょう

それを未然にガードしたのだから本人に自覚はないにしても仕事に対する見事な責任感です。

 どんな職業でも相手(お客様)に誠意をもって親切に対応することは相手に満足感を与え、それが

積み重なって信頼を構築するのだといい例をみせてもらいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加