『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

アウシュビッツ鎮魂コンサート

2015-10-19 15:04:29 | 日記
 戦後70年の企画として日本における戦争やその後の歴史を省みるものがいろいろあるが、

珍しくナチスの強制収容所で命を落とした人たちへの鎮魂をテーマにしている。

 出演者 演奏される作曲家ともにアウシュビッツに何らかの関わりある人たちである。

クラシックに詳しくない私には知らない名前ばかりで、曲も難解といえば難解である。

しかしやや高音のメロデイはやさしくまた激しく、とにかく美しい。交感神経の昂ぶりがちな

日常から離れ副交感神経を呼び覚ましてくれるのであろう。ゆったりと心がほぐれ眠たくさえ

なる。瞬時睡魔に襲われた後目を覚まして気づくと隣席の男性もお眠りの様子。

 ピアノ:ギリアード・ミショリ 1960年エルサレム生

     曲目の「逃亡ーA.マイケルズの小説を読んで」の主人公はポーランドの村に生ま

     れ育ったユダヤ系少年。ナチスにより家族全員を失いながら森や沼を逃げ、大戦の

     間ギリシャの島に身を隠して生き延び、なくなった姉の奏でた音楽に思いを馳せる
     
     
     ミショリはこの小説の豊かで音楽的に波打つような文体に触発されてピアノ曲を

     書き、2005年第2次世界大戦終結60周年を記念した南西ドイツ放送の特別演奏会

     で初演した。

      彼は優勝なピアニストの中でもすぐれたテクニシャンだと思う。ピアノが壊れ

     るかと驚くような左手の低音の力強さ、右手のかそかな高音。別の曲では生き残る

     ために必死で挑戦する”狂気”を表現するのに、グランドピアノの中に腕を入れ

     て弦を引っ張るなど、見せ場も作る。
 
 ヴァイオリン:ギオルギ・バブアゼ 1961年グルジア国トビリシ生

      曲目 ロボダ:無伴奏ヴァイオリンのための「モノローグ・レクエイム」

      ロボダはグルジア国の首都トリビシアで、ユダヤ系の一家に生まれる。この曲は      
      亡父のために書かれた悲しみに満ちた葬送行進曲であり日本初演である。

      管弦楽団の芸術監督や主席指揮者、交響楽団のコンサートマスターなどを歴任。

      風貌も体格も貫禄があるが、演奏は重厚さと軽みが交錯している感じ。

 フルート:福島 和夫 1930年生

      15歳で終戦を迎えた彼は兄や年長の友人たち身近な人々が戦士し、戦争が終わっ

      たとき7人の家族が4人になっていた。本人も空襲の中を逃げ惑いかろうじて

      生き延びた体験から、音楽が戦火に亡くなった家族や友人・同胞への追悼・鎮魂

      の手段となった。

      古来日本には弔笛(しのび笛)という習慣があり、笛の音はあの世に届き、死者

      の魂に触れることができるという。先の大戦で犠牲になったすべての魂に捧げる

  ピアノ:田隅 靖子

      国内外でさまざまなテーマに基づく演奏会を開催。ソロとアンサンブルで活動

      2004年京都芸術大学教授を退職(名誉教授)「アウシュビッツ鎮魂」をリリース

      2009年6月より京都コンサートホール館長

      生年は記載されてないが経歴から察してそこそこのお歳であるが、派手なドレス

      のよく似合うピアニストとして腕も華もある。館長職とピアニストとしての

      活動はどちらかがどちらかの足を引っ張らないのか。難しいこともあろう。

      館長は行政職としてどこまでの責任を負わされているのだろう。余分なことを

      心配している自分に苦笑している。

  とにかく、いいコンサートだった。演奏者や曲目につられるのでなく音楽を楽しんだ。       


     
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

養源院と法住寺

2015-10-03 17:28:46 | 日記
 この二ヶ寺は歴史的に由緒あるものの地味なところで観光客がわんさと訪れる様子はない。

しかも人気のあるあの三十三間堂のお向かいであるのに・・・・

 かくいう私も名前は知っていたものの初めて参拝の機会を得た。

中京区の文化協議会が企画してわずか500円で両寺を拝観させてくれた。

 養源院は豊臣秀吉の側室の淀殿が父浅井長政の追善のため、長政の21回忌を機に建立した。

長政の院号をもって寺号とし従兄で叡山の僧であった成伯法印を開山とした。(1594年)

 その後ほどなく焼失したが、徳川秀忠夫人になっていた淀殿の妹お江の方が伏見城の遺構を

用いて再建し(1621年)以来徳川家の菩提所となり歴代将軍の位牌を祀っている。

 この本堂の左右と正面の三方の廊下の天井は、伏見城落城のときに城を死守して自刃した

将士らの血痕のある廊下の板を用い彼らの霊を弔ったもので「血天井」として有名。

 このように浅井 豊臣 徳川と歴史に名高い3家とゆかりが深い珍しい寺であり、それは

織田信長の妹お市の方と娘たちの、戦国時代ならではの数奇な運命を物語っていて感慨深い。

 今年特に脚光を浴びるのは、襖絵(杉戸)が俵屋宗達の筆になる白象 獅子 麒麟であり、

秀吉が学問所とした部屋には狩野山楽の牡丹の襖絵があり、琳派400年であるから。


 法住院はその南隣にあって、藤原為光が夫人と娘の菩提を弔うために創建した(989年)

のちに後白河法皇が院の御所を造営され(1161年)寺領は東西が東山山麓から鴨川 南北

が六条から八条まであった。現在は塀で仕切られているが後白河天皇陵が隣接し宮内庁管轄。

 ご本尊は後白河法皇の御念持物である身代わり不動明王である。これは、木曽義仲が院の

御所に攻め入り危うく命をおとされるところ、当時の天台座主・明雲大僧正が身代わりと

なられたと伝えらるところからである。

 法華堂内には雲慶作と伝えられる法皇の御像があり、親鸞聖人御自刻 そばくい御真影も

ある。これは親鸞が叡山で修行中に百日間毎夜叡山を下って六角堂に参篭されたとき、

身代わりとなって留守居を勤め天台座主のそばの振る舞いを受け、親鸞が居るごとく食べた

との伝説。

隣室には、忠臣蔵の大石内蔵助はじめ四十七士の木像がある。現代では『サザエさん』の作者

長谷川町子さんの菩提寺でもある。

 両寺に共通して庭が美しくて(京都の寺では当たり前であるが)拝観者への説明が詳細で

わかりやすく、法住寺ではご住職が後白河法皇が愛された今様をいい声で披露してくださった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加