『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

タイトルの訂正

2014-08-31 11:56:54 | 日記
昨日「原発は天罰」とのタイトルで石原慎太郎の発言に触れましたが、
タイトルは「原発事故は天罰」の誤りでした。「事故」の2文字を挿入してお読みください。
いまだ暑さボケが残っていまして失礼しました。
読者の皆さんが当方の誤りをご賢察かもしれませんが・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発は天罰 (石原発言の誤解)

2014-08-30 14:55:16 | 日記
 早くも8月が終わろうとしている。昨日・今日は天候が不安定なせいで
猛暑から解放されたが、とにかく暑かった。半分死んだようにくたばっていた。
午後は甲子園を見るつもりで暫し横になるのだが、1試合で起き上がれず、
夕方までごろごろしてしまった。

 本来8月は書くことが多い。原爆投下の日 終戦記念日 お精霊さん 送り火
孫と琵琶湖へ 高校野球 短歌結社塔の全国大会 スタップ細胞笹井教授の自死と再現実験
広島の水害と土石流etc.

 いまさらあれこれは書けない。

「原発は天罰」と発言して被害者たちを中心に猛反発を食らったのは石原慎太郎であった。
どんな場でどんな文脈のなかで使われた言葉なのか知らないが、新聞や雑誌の記事見出しに
使われるとその部分だけが一人歩きして誤解を招く。
 特に彼の場合は言葉を開かないで漢語や四字熟語で表現することが多い。作家でもあるし
年代的にもその言語生活においてその程度の言葉は常識の範囲であろう。

 原発においてもすでにそう言われるが、戦争や原爆の体験を語る人 語れる人はもう数えるほどしかいない。こうやって災害の被害も風化していく。昔から「災害は忘れたころにやってくる」という名言があるが、この言葉がよく知られている割には対策は不十分である。
そういう人間の過ぎたことへの淡白さ、自然に対する傲慢さにたいして神(天)が罰を下したと理解するなら、石原発言はあながち的外れではなかったのだ。
それを被害者が罰を受けたと矮小化して受け取ったところに誤解が生じた。
マスコミが意図的に印象操作を狙ったのか、さもなくば言語能力の低下が著しいといわねばなるまい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加