『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

リボンの騎士ならぬリボンの防衛相

2017-02-06 15:22:30 | 日記
 トランプ大統領の信任厚いマチス氏が来日して稲田防衛相と会談した。その風貌から経歴からその

品位ある立ち居振る舞いから貫禄十分のマチス氏とリボンをひらひらさせた稲田氏とでは初めから

位負けして大人と少女。ま、それはいいとして、仕事は肩書でするのだからリボンひらひらも無視。

在日米軍の駐留費負担も尖閣と日米安保の適用範囲についても実にあっさりと日本の懸念事項を

クリアしてくれたから安倍さんもほっとしたのか今日はゴルフを楽しんでいる。

 しかし、そんな呑気に喜んでばかりはいられまい。駐留費負担について日本はお手本だと言ったが

トランプ氏は日本独自の防衛力強化を求めてくるはずだ。尖閣についても領土問題は2国間で解決

すべきだと正論を述べ、施政権が及んでいるから守るという。ならば竹島や北方領土に異変が起きた

ときは施政権が相手国に握られているから放置することになる。そんなことはありえないことと

誰が断言できるだろうか。政府は周囲の国のありようからそれぐらいの危機感をもって然るべき

だろう。

 10日に訪米してトランプ氏と会談する安倍首相はアメリカのインフラに貢献するお土産を考えて

いるらしいが、それが年金機構の資金だという。それって筋違いじゃにの?年金機構はリーマン

ショックの時大きな赤を出してガタガタになりその後堅実な運用をするよう求められていたのを

つい最近、株式投資の比率を上げた。それだけでも心配なのにアメリカへの投資といううのは

たとへ経済的にマイナスが出なかったとしても機構の性格からして禁じ手ではないのか?

 トランプ氏当選後いち早くお祝いに駆けつけてゴルフクラブをお土産に持っていたから

今回はプレーを楽しむそうだが果たして楽しんでいていいような会談になるのか。成功を祈る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パトカーの「恐れ入ります」 | トップ | 訂正 施政権と実効支配 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
犬よりも従順ですね。(苦笑) (masamikeitas)
2017-02-06 17:17:11
黒幕子さん、こんばんわ。

トランプさんも安倍さんと話しするときは気楽でしょうね。
常にポチに徹しているから。(苦笑)
まるで気を使う必要がない相手なんて、世界中を見渡しても日本の首相だけではないでしょうか?
トランプさんが何も言わなくてもトランプが喜ぶようなことを行う。
犬よりも従順ですね。(苦笑)
その安倍さんが気に入ったという稲田さん、安倍さんは女性も見る目がないですね。(苦笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事