『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

映画『TAP THE LAST SHOW』

2017-06-29 11:50:30 | 日記
 久しぶりに楽しく美しい映画を見た。水谷豊が監督しているが長年温めていた作品だという。

彼自身に若いころタップを踏んでいたことがあるのかもしれない。映画では若いころの名ダンサーで

舞台での事故で足を痛めて杖を突いて歩かざるを得なくなったプロデュウサーを演じている。

その彼が友人の小さな劇場が経営難から閉鎖するにあたって最後のショウを企画する。彼の名前で

若い無名のダンサーを集めてオーデイションをするがその厳しさに大半の応募者は脱落する。

そこで残ったメンバーの地獄のような猛レッスンで素晴らしい舞台を作り上げる。各人それぞれに

プライベートな問題を抱えながら克服する葛藤も描かれて映画に深みを加えているが、なんといって

もタップのうまさ・すばらしさに感嘆!日本にも素晴らしいダンサーが大勢いるのは嬉しい。

 バレーとか社交ダンス・ストリートダンスはTVでも取り上げられて目にする機会もあるが、

タップがこんなにも脚光浴びることは稀だったと思う。ダンサーたちの自信と誇りになって裾野も

広がり、今後日本におけるタップの位置づけも変わるだろう。その劇場に臨場している気分だった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田大臣 | トップ | 国会答弁は記憶喪失の人ばかり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。