『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

国会答弁は記憶喪失の人ばかり

2017-07-26 10:25:05 | 日記
 国会の参考人招致のやり取りを聴いていると「記憶にない」の連発で

そんなことも記憶にないとは認知症の疑いありですよ。「記憶にございません」は

ロッキード事件のときからの置き土産で海千山千の輩が使った手法。

それを超エリートの官僚が踏襲している。笑うしかない。いや、さすがというべきか。

 首相補佐官だった柳瀬氏 今治市の課長と課長補佐が面会したと言ってるのに

会ったか会わなかったを聞かれてその単純な答弁に「記憶をたどれば・・・」とか何とか

「記憶にない」を6連発。面会者が引きも切らない職務にあって1から10まで覚えていることは

無理だろうけど、地方とはいえ行政の然るべき立場の者がはるか頭上の首相補佐官に会うには

十分な準備をしてこういう用件で会いたいとアポをとっているはずだ。本人が忘れていたとしても

面会(来訪者)記録があるはず。それもないような無防備な役所とは思えない。

 追及する野党も不十分。公務員が出張するには何の目的で誰に会いに行くか支出伺い書があるはず

だし、報告書も提出している。そこには面会した相手の名刺が添付されているであろう。

公的な立場の者が公式に面談するのに名刺交換から始まるのは地方公務員であろうと官僚であろうと

日本では当たり前の作法であるはず。野党も今治市の当事者から取材するなり参考人として呼べばよ

い。

現に週刊朝日が取材しているではないか。


 防衛大臣の稲田氏の言動は語るに落ちるというものだ。自衛隊幹部が大臣の同席する会合で

報告したというものをその会合には出席したがその話はなかったという。嘘を言うにも白々し

い。そんな大事なこと、しかもつい最近のことが記憶にないなら会議で居眠りしていたの?

立派な認知症?いや認知症の方に失礼だろう。彼女の言動は議員の資質さえ疑われるのに

しゃあしゃあと嘘をつくのだから始末に悪い。安倍さんはここに至っても彼女を更迭しない。

彼女に事実究明の責任を果たしてもらうというが自衛隊の信頼もなく統率もできない人に

何を期待するのか。彼女は蓮舫氏の「自衛隊を統率しているか」の質問に「シビリアンコントロール

はきいている」とぬけぬけと答えている。開いた口が塞がらないとはこのことだ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『TAP THE LAST... | トップ | 籠池氏と加計氏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事