広域的なネットワークにこだわる理由

2004年08月08日 | 百里シンポジウム
単体ではさほど集客力のないものかもしれないが、互いに協働共創双発し合えば全国にも類を見ない素晴らしい事業ができると考えることができる。
しかしながら信用関係のない人や団体がいきなりこれを行おうとしても無理が生じて実現は不可能と思われる。

そこで、既に信頼関係のある青年部や他団体が事業を通して更に信用を深めておけば、将来3つの提案する事業が“ほんもの”であれば成り立つと考える。
そこには人が集い商いが起きている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『KURENAI プロジェクト』の3安

『KURENAIプロジェクト』ブログは、「百里シンポジウム」での過程、「整備街・牧場・公園」の構想、有志の動きを随時掲載し、『IBARAKI』といえば「安全な空・安心な食・安らかな体」という3つの安を日本全国、アジア、世界に発信します。  この動きがまちを考える人達に勇気を与え、それぞれが動く事で発展していくことを希望します。