茨城空港で遊ぼう!@やまにし

We Love 茨城空港!KURENAIブログ

【本日募集開始】 ワンダーグローブ熱気球体験教室

2017年05月15日 | スカイスリーフェスタなど

ワンダーグローブwebタイトル

 


本イベントは、あさ6時から12時まで、所要時間計6時間の学習イベントです。一連のプログラム内容・スケジュールをよくご確認ください。
<ご注意>
わんぱく教室内の「熱気球搭乗体験(5月28日のみ実施/搭乗のみの体験で所要時間数分/有料/事前予約制)」とは異なります。

開催概要

日時

平成29年5月27日(土曜日)  あさ6:00集合~12:00  (計6時間のプログラム)
※当日の天候により、屋外活動が実施できない場合があります。

会場

茨城空港公園(空港臨時駐車場)、他
集合場所:茨城空港臨時駐車場(小美玉市与沢1601-55)

応募対象・人数

小学生(及びその保護者)・・・30組(先着順)

応募期間

平成29年5月15日(月曜日) 19:00~19日(金曜日)12:00
※応募者が定員を超えた場合、早めに応募を締め切る場合がありますのでご了承ください。

参加費

無料

申込方法

ページ下部にある応募フォームにて、必要事項を入力しお申込みください。※携帯電話、スマートフォンからも可能です。

  • 小学生のお子様1名とその保護者を1組としてお申込みください。
  • 兄弟姉妹やお友達同士などのグループで参加希望の場合は、代表の方がまとめて申込むことも可能です。その場合は、参加者の人数、氏名等を事前にご確認ください。
  • 応募者多数の場合、先着順とさせていただきます。
  • お申込みから約3日~1週間以内には、参加確定(または落選)のお知らせをメールでお送りします。

概要

熱気球に関するレクチャーを受けた後、全員の力を合わせて熱気球を立ち上げます。地球を模した熱気球「ワンダーグローブ号」を、もう一つの熱気球から見ることで、宇宙から地球を見る体験をします。

プログラム内容

  1. 熱気球体験教室
    • 本物の熱気球を使った、原理、歴史、構造の学習
    • 熱気球の立ち上げ
    • 搭乗体験
  2. ワンダーグローブプログラム
    • ワンダーグローブ号を別の気球から見てみます。
    • 美しい地球環境保全への気づきを得られ、親子が環境問題を考えるキッカケとなります。
  3. 室内熱気球教室
    • 室内で和紙の熱気球を打ち上げ、小学4年で学習する「空気は暖めると軽くなる」という原理を学びます。
    • 子ども同士の共同作業で交流を図ります。

スケジュール

06:00  茨城空港臨時駐車場に集合(小美玉市与沢1601-55)
06:20  熱気球原理、歴史、構造のレクチャー
06:40  ワンダーグローブ号を利用して、地球や地球環境の説明
07:00  熱気球の立ち上げ作業
07:20  搭乗体験 開始
09:00  搭乗体験 終了
            小美玉市小川運動公園体育館へ各自移動 (小美玉市与沢729-1)
10:00  室内熱気球教室 開始
11:00  室内熱気球教室 終了
11:30  交流会(今回のプログラムについて感想をシェア)
12:00  解散

その他

  • 当日の天候により、屋外活動が実施できない場合があります。
  • 熱気球の搭乗体験の実施に際しては、傷害保険に加入します。


主催・問い合わせ先/百里バルーンクラブ  TEL  O9O-3229-6541
協力/NPO法人  熱気球運営機構
 

お申込み方法、応募フォームについてのお問い合わせは、
小美玉市空港対策課  TEL0299-48-1111(内線1171)までお願いします。

「ワンダーグローブ熱気球体験教室」の応募はこちらから  (5月15日 19:00~開始)

→ 応募フォームはこちら  ※申込期間は5月15日19:00~です

本イベントは、あさ6時から12時まで、所要時間計6時間の学習イベントです。一連のプログラム内容・スケジュールをよくご確認ください。

<ご注意>
わんぱく教室内の「熱気球搭乗体験(5月28日のみ実施/搭乗のみの体験で所要時間数分/有料/事前申込み制)」とは異なります。

独立行政法人 国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」の画像
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月27日、28日わんぱく教室20... | トップ | 5月15日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL