ママと天使のブログ

千春のブログ

川本さんが教えてくれた 上大岡の幼児教室

2017-01-31 16:00:03 | 日記
?自学の習慣は一足座に身に付くものではなく、2人とも中学の2年の終わりになってようやく自ら机に向かうようになりましたが、
終盤は仕事をしている時間が私の良いリフレッシュ、リセットの時間になったように思います。
お金を一切かけずに入ってます(笑) 私個人としては幼児教室でみんなと同じになるよりも個々の個性を尊重したいと考えたので。
私の母親はヤマトと新聞配達をしていて、地元の情報や、私立に行ってる子はどこの塾に行ってたとか聞きます。
その時に感じたのは幼児教室にいつから通えばいいかというより、赤ちゃんの時からどのように関わってきたかが重要だということです。
来年の幼稚園受験を考えています。ここ最近決心したもので、ただ今いろいろとリサーチ中です
超難関の小学校受験を希望しており、早めに塾に通わせようと思っています。どこまで頑張れるかわかりません
女の子と言うこともあり、少しでも良い環境で過ごせればと思っています。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高山さんが教えてくれた ピグマリオン幼児教室

2017-01-30 16:00:02 | 日記
?そして不合格を糧にして、三男の先行きを再び夫婦の意思と行動でもって軌道に乗せてやり、行動においてこれまで以上に関与していくこと。
「辞めてはいけません。今のポジションは長年かけて気付きあげてきたものですから」という言葉を頂き、励まされました。
習慣をつけたことで受験当日にもギリギリまで対策に沿って勉強して出かけ、息子は自宅の延長ような気持ちでリラックスして望むことが出来ました。
都内私立小1年の息子がおります。我が家は一般家庭です。現在2歳の娘もおりますが、受験を考えております。
子供のレベルもさることながら家庭のレベルが合わなかったようで合格できなかったし、
まだ幼稚園「にも行ってない子供が2人います 最近、子供の将来について考えたりも 学歴ってなんなんだろって思って
よく頑張ったね!といつも以上に娘を褒めてあげました。そこから欲が出始め、もっと上を狙えるんじゃない?!て言う空気が夫婦間に。
子どもの将来を真剣に考え、進路に悩む日々です。親のエゴにあわせるつもりは 無いのですが、心豊かに、人の気持ちをきちんと 考えてあげられる、言葉使いの丁寧な子どもに したいと思っています。 
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野崎さんが教えてくれた tam幼児教室

2017-01-29 16:00:02 | 日記
?それは小学校の低学年までに机に向かわせ、自学の習慣を付けさせておくべきだったという自省の念でした
実は当時は受験など微塵も考えておらず、次男がお世話になっていたからといった理由だけで選びましたので、無理からぬ選択だったと思います
色々な意見!考え方!があると思いますが…お金持ちと子供の為に夫婦で働いて稼ぐ家と色々といると思います
主人はオール国公立、私は中学受験からだったのでそれでいいと思っていたのですが、
2歳8ヶ月の娘がいます。 今年幼稚園受験を考えていますが、 最近引っ越ししたばかりで情報不足です。
まずは、子供らしい感性と、楽しく遊ぶ、楽しく学ぶというのを身に付けて欲しいな…と思いまして。
【Kを目指すのであれば、今のAちゃん(娘の名前)の性格から変えないといけませんね...】
やはり生徒レベルが高いし、見るからにさらに賢そうな親御さん達。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中西さんが教えてくれた 幼児教室ぐんぐん

2017-01-28 16:00:02 | 日記
?仕事をしていると一番困るのが、子供の体調不良の時です。
主人いわく、お受験すれば地元の友達と交流がなくなり、可愛そうじゃないか?
日中も受験のことを考え、体調を崩されたり、一杯一杯になっている方もいらっしゃいました。
私の母親はヤマトと新聞配達をしていて、地元の情報や、私立に行ってる子はどこの塾に行ってたとか聞きます。
子供だけではなく、親としてどう子供と関わって行くのかをすごく考えさせられます。
インターに入れてしまうのはどうかと思い、日本の学校でイマージョン教育をするところがもっと増えるといいなぁと密かに思っているのですが。。。
【Kを目指すのであれば、今のAちゃん(娘の名前)の性格から変えないといけませんね...】
家族全員長男の学校をとても気に入っているので? 次男にもいずれ受験をさせたいと考えています。まだまだ先のことですが…。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中井さんが教えてくれた 芦屋の幼児教室

2017-01-27 16:00:02 | 日記
?昨日、ランドセル、制服、靴などが我が家に届けられ、来月の入学に胸を膨らませる一方で、拙いですが、私の思いを寄せさせてもらうことにしました。
私達が三男と最初に門を叩いたのは、中1だった次男が通っていた個人塾で、唯一の先生とのマンツーマンで授業がとり行われる個人教室でした
朝は朝食を済ませ6時半から7時半を勉強の時間としました。
上の子の通った小学校は面接で(内部進学にもかかわらず)5回いらっしゃっていましたね と面接で言われてビックリしました
男の子なのでお姉ちゃんとは違う所を受験しようと思っています
年少の息子は今年の4月から幼稚園でのお勉強会を受講し、国私立小受験予定。
結局R会は数百人の在籍生のうち、毎年Kに受かっても2〜3人。ノウハウが要するにさしてないんでもあろうと判断。
などなど、本当にみなさん大変な苦労をしていらっしゃいましたよ。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加