YWWSC Yokohama Water Works Ski Club

基礎・ポール・パウダー・コブ・二日酔い・食道楽・夏山登山までガンガン行きます。新入部員随時募集中!

2016年10月16日(日) 蕎麦打ち、始めました。

2016年10月16日 | 副理事長怪我日記

2016年10月16日(日)

ここのところ、急に寒くなり秋らしくなってきましたね。

秋といえば『味覚の秋』ということで、趣味と実益を兼ねて『蕎麦打ち』を始めました。

近所に蕎麦道具屋さんがあり、そこの『新そば入荷しました』の文字にひかれ、そば粉セットを購入、家にあった蕎麦打ち道具を引っ張りだし、蕎麦打ちスタートです。

まずは蕎麦粉8割、つなぎ2割の『ニ八蕎麦』を作ってみました。

規定通りの粉と水を入れ、『水回し』から。

なんでもこの『水回し』が難しいらしいのですが、どうなったら正解なのかが分からない状態で作業をしているものですから、うまくいっているのか、いないのかが分かりません。

だんだんと固めて円錐状にしていきます。

それを軽く平らにし、乾かないようにビニール袋にいれます。

そのあとは、めん棒で薄く伸ばしていきます。

本当は木の台の大きさくらいまで薄くすると良いらしいのですが、そこまでのテクはまだなく、

四つ折りにして、『切り』にかかります。

均等の細さに切るのが難しく、タンメンみたいな太さのものもできました(汗)

右が上手く切れた蕎麦、左はタンメン。

付けだれを『肉汁』にしました。

さて、実食。

これが意外に美味かった。

もっと細く切れればさらに香り高くなるのかな?

普通の麺つゆでも美味しい蕎麦が打てるよう、これからも精進していきます。

問題は集中力の維持。

スキーと同じ欠点でありました。

『ニ八蕎麦』が上手にできたら、次は黒めの粉の『田舎蕎麦』にステップアップ。

最終目標はつなぎ粉を使わない、『十割蕎麦』です。

『十割蕎麦』は上級者でもかなり手強いらしく、スキーでいえばさしずめ、八方の黒菱、戸隠のチャンピオン、車山のスポーツマンといったところでしょうか?

これからも『切れ』のあるスキーヤーのみならず、『切り』の上手な蕎麦打ち素人を目指していきます!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月2日(日) 尾瀬散歩 | トップ | 2016年11月6日(日) 葉山プ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。