YWWSC Yokohama Water Works Ski Club

基礎・ポール・パウダー・コブ・二日酔い・食道楽・夏山登山までガンガン行きます。新入部員随時募集中!

2017年6月19日(月) 2度目で常連?

2017年06月19日 | 副理事長怪我日記

2017年6月19日(月)

 

 アキレス腱断裂のその後

 土日、添え木で固定された左足にアイシングをしながら月曜日に行く病院について、考えます。

 7年前に膝の前十字を手術した元住吉の関東労災病院にするか、その時の執刀医の先生が現在在籍している、品川の病院にするか、の2択になりました。

 考えた結果、以前お世話になった関東労災病院のスポーツ整形外科に行ってみることにしました。

 紹介状があれば、予約をしないでも診てもらえるようです。

 1日かかることを考え早めに家を出発、おかげで全体で13番の受付番号をもらえました。

 

 7年ぶりのスポ整の待合室、あいかわらず将来性豊かな若者の患者さんたちであふれています。

 ちょっと場違いな感じの中、1時間ほどで診察室へ。

 今回の担当医師は見た目、お笑いの中川家礼二さんとフジの佐野アナを足して2で割ったような感じ。

 おまけに非常に明るい方で、暗くなりがちな患者も明るくなれるかも!

 

 診察台で診察の際、若手の研修医も立ち会い、3人でエコーの確認。

 左右のアキレス腱をエコーで見ながら、

 担当医師『右はしっかり写ってるけど、左はモヤモヤしているね。』

 ほかにも、ふくらはぎを握ってつま先が動くか確認する『トンプソン検査(っていってたような)』や、アキレス腱の陥没を確認し、やっぱり切れてるね。との診断がでました。

 

 治療方法として紹介されたのが『手術』と『保存療法』の2種類、それぞれのメリット、デメリットを確認し、僕は手術することを選択しました。

 では手術、いつやるの?今でしょう!の勢いもあってか、その日月曜日夕方の手術になりました。

 ここからが大慌て、心の準備どころか、入院の準備もしてきていません。

 それプラス、手術前検査で血液検査、尿検査、レントゲン、保護装具の採寸、入院手続きと病院内を松葉づえを駆使し、めまぐるしく動き回りました。

 おかげで、入院用のベッドに入った時は、かなりのグッタリ感。

 それからシャワーで身を清め、手術する箇所を消毒しました。

 

 いざ手術、7年前と同じ下半身麻酔で手術になりました。

 違いと言えば、前回は仰向け、今回はうつ伏せだったこと。

 1時間ちょっとで手術も終わり、手術台から、運ばれてきた病院ベッドに移ります。

 その姿はまるで冷凍マグロのようでした。

 

 入院病棟に移動し、痛み止めの点滴を受けながら麻酔が切れるのを待ち、腸が動き始めたら飲食ができるようになります。

 朝6時半に食事、8時に水分を取ってから絶飲食でしたが、慌ただしさもあってか苦にはなりませんでした。

 

 

 ギプスで固定中。どこか懐かしい光景・・・

 しかも、あいかわらず、痛くない・・・

 

 予定では4泊5日3食昼寝付き、リハビリ付きで退院できるようです。

 

 ※今日のお題『2度目で常連?』は、最近CMで流れている住生1UPの上田一さんからです。

 転勤先の中華料理屋にて2度目の来店で『いつもの!』と言えるあなたを尊敬します。

 僕は入院の常連にならないようにしないとね!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月18日(日) It's b... | トップ | 2017年6月23日(金) ブチン! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

副理事長怪我日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。