社労士☆トライ!トライ!

社労士試験にトライしている皆さん。社労士として船出をしたばかりの皆さん。ちょっとだけ先輩からの応援メッセージです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新聞記事を復習のチャンスに

2007-04-19 08:36:23 | 厚生年金保険法
皆さんこんにちは
昨日は寒かったですね。気候が不順でなかなか完全復活が困難です・・・皆さんも気をつけてくださいね。

物騒なニュースが続きます。なくなられた方の悔しさは計り知れないですねご冥福をお祈りします。
4月18日の日経新聞に以下のような記事が掲載されていました。
「60歳以上の活用拡大、ファナック定年65歳・トヨタ出勤半分で」
 大手企業の間で60歳以上の人材を働き手として生かすための取り組みが広がってきた。ファナックなどは国内製造業でいち早く65歳までの定年延長を決定。トヨタ自動車や東京電力は定年後の再雇用で、週数日の勤務を選択できる仕組みを新たに導入した。昨年4月に施行された「改正高年齢者雇用安定法」に対応した動き。多様な選択肢を用意し「団塊の世代」の大量退職をにらんだ労働力の底上げにつなげる。
改正高年齢者雇用安定法では雇用継続年齢を順次引き上げ、2013年に65歳とすることを企業に義務付けた。大多数の企業は再雇用制度を活用して段階的に継続年齢を引き上げており、ファナックなどのように定年延長で対応する動きは珍しい。。。

抜粋ですが、できましたら実際の新聞で全文を確認してください。
この記事でまず、「高年齢者雇用安定法」の復習をしましょう
平成18年4月改正の「高年齢者雇用確保措置」の企業の対応状況を載せたものですが、このチャンスに再度当該措置の復習・・・そして法律の確認をしましょう加えて「労務管理」の観点からも企業の取り組みを考えてみましょう。継続雇用のシステムと賃金管理・専門職制度・・・などなど
さらに60歳以上の労働力人口の推移(労働経済)にまで発展できると、「労働一般」としてはですね。

忙しくて、ゆっくり新聞を読んでいる時間が・・・私もそうですから・・・・でも、新聞は情報の宝庫ですから、上手に活用したいものです

今日はここまでです。
またお目にかかりましょう



ジャンル:
学習
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年金加入記録を確認しましょ... | トップ | またまたご無沙汰!!平成1... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
60歳はまだまだ働き盛りですよね (しまちょう)
2007-04-21 00:58:20
私の会社も再雇用制度を採っています。再雇用を希望する人達を見ているとまだまだ若いですよね。収入は減ってもやっぱり生きがいみたいなものが無いとなぁって感じます。でもホントは家でゴロゴロされたら困ると妻に言われるのが嫌なので逃避してるだけかも・・。PS.先週は出席チケットは忘れてスミマセンでした。土曜日渡辺組ですが、今週も会社の仕事に追われて出席できません。ちょっとピンチです
YOKO (しまちょうさん)
2007-04-21 01:31:33
昔は?60歳っておじーちゃん・・・て感じでしたが、今は、まだまだって感じですね。
自分の年がそちらに近づいてきているからかな
お仕事お忙しいのですね。欠席は残念です。

年金はなかなか曲者ですから頑張って復習しましょう
遠慮なく、声をかけてくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

厚生年金保険法」カテゴリの最新記事