さくらのワルツでお散歩

まだまだ知らないことがいっぱい!
いろいろ経験したことを残していきたいです。
美味しいお店楽しいお店も見つけます  

春よ来い、早く来い!!  

2017年03月15日 01時19分27秒 | その他
明るい光の中 春の花が咲き始め 少しずつ暖かくなってきました。
さくらの季節が待ち遠しいですね。


今月の俳句

宅配人の言葉すくなき年の暮


美流孔塚撫でて祈れる年始




 
   月ヶ瀬梅渓

3月8日(水)奈良県と三重県の県境に近い 月ヶ瀬の梅渓に行ってきました。
その日は暇をもて余していましたので とても寒い日でしたが お昼前からのんびりと車を走らせました。
月ヶ瀬梅林は 大正11年に 金沢の兼六園や奈良公園とともに 我が国最初の名勝に指定されたそうです。
が 今まで 何度か月ヶ瀬に行きましたが 毎回 大したことないなぁ~!と思い 素通りしていました。
今回 車から降りて寒い中 少し歩いてみましたら 色々な種類の梅の木があり 遊歩道も整備されていて
田舎風の食堂や土産店も何軒かあり 結構楽しめました。
が 残念ながら梅は まだ三分咲きでした。
でも 名張川の深い渓谷と梅林が織り成す風景は絶景です。
私たちは この風景に伸び伸びした気持ちになり、ランチに茶粥セットを注文し身も心も温まりました。
もう少し早く家を出て月ヶ瀬温泉や渓谷を一望できる山頂の真福寺、多目的広場ロマントピア月ヶ瀬にも行けばよかったとおもいました。



      大阪市中央公会堂、

3月11日(土)橋下徹氏の後援会に行って来ました。
私は 橋下氏の支持者でもファンでもありません。
逆に 大阪の経済の立て直しとはいえ 文化的なものをないがしろにした政策には 何度も怒りを感じました。
その人が 一般人になってどのような講演をされるのか 興味がありました。
有料(3000円)にも関わらず 会場の大阪市中央公会堂のホールは満席でした。
橋下氏の一声一声に反応があり、今もなお支持者の多いことがうかがえました。
演題は「今、日本に足りないもの」~橋下流変革の精神~。
今は 国際ジャーナリストの肩書きの橋下氏は
「民間人は ああすればよい!こうすればよい!というだけでよいが 知事は 言ったことをやらねばならない!
やりきることが大事!」といつもの持論。
天王寺公園周辺の改革、西成特区の改革、今宮駅前の改革への取り組みと その政策をやり通すために
役人を説き伏せるための術と苦労、その成果。
少子化対策や 現状を変えて前に進める為にも 教育費にもっと税金を使わねばいけない!という考え、
日本の教育費は 世界で一番下!
役人は 金がない!とすぐ言ってくるが そのときは 「それなら給料カットする!」と言っていうことを聞いてもらう。
役人は住民の声をすごく恐れていて やろうとしていることに10件クレームが有ると「できません!」と言ってくるが
「400万人の反対があればやめる!」と反論。
政治家は 民意を背景に道を決め、反対の声が出ても それでもやっていかねばならない!
と いうような内容だったとおもいます。
「教育は人の力、人の力は国の力」を強調しておられました。
さすが話上手、実行力と勢いのある話しぶりに 2時間退屈することなく面白く楽しくお話を聞かせてもらいました
有料で申し訳ない!!と何度も言われていたので、今 話題の森友学園のお話など
何か日頃聞けないお話が出るかとおもいましが 目新しいお話がなかったのは残念でした。

帰り道 ちょっと贅沢にニューオータニでステーキディナーをとり、
喉が乾いていたのかノンアンコールシャンパンが とてもとても美味しいでした
    
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葛城市の石光寺と美味しいお... | トップ | 塗り絵のおもしろさ!!  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事