ギャラリィー・カフェ ゆずりは

「ギャラリィー・カフェ ゆずりは」のオーナーです。イベントなどご案内させていただきます。これからどうぞよろしく。

BOOK・CAFEのおしらせ

2010年03月24日 | イベントのご案内

ゆずりはでは偶数月の第一日曜日にBOOK・CAFEを開催します。
コーヒーをのみながら好きな本を持ち寄って読書の愉しみを語り合う会です。
どなたでもご参加ください。 6月のみ都合により第二日曜といたします。

 

  次回は月13日(日)  午後二時からです。

  ゆずりは  092-947-5775


この記事をはてなブックマークに追加

西村悦子陶人形展おわりました

2010年03月06日 | イベントの様子

2月10日から始まった「西村悦子陶人形展」はご好評のうちに3月6日をもって終了いたしました。期間中のべ150名以上のお客様をお迎えしました。
オーナーの私も作者の西村さんのあたたかな人柄がしのばれるやさしい表情の人形たちとともに楽しい日々を過ごせました。
人形たちの多くはお嫁入りしてゆきました。あたらしいお家でまた愛されることでしょう。


この記事をはてなブックマークに追加

新美南吉童話講座終了しました

2010年03月05日 | イベントのご案内

昨年五月から始った”新美南吉童話講座”は三月四日で6回の講座を終了しました。
飯田正美先生のおはなしと副島恭子さんの朗読でたのしい一年間でした。
最終回は「人のために生きる」をテーマにして、最後の胡弓弾き、牛をつないだ椿の木
が取り上げられました。
どちらも見返りを求めず人のためにまごころを尽くす男が描かれていました。
南吉は生前「僕はどんなに有名になり、どんなに金がはいる様になっても華族や都会のインテリや有閑マダムの出て来る小説を書こうと思ってはならない。いつでも足に草鞋をはき、腰ににぎりめしをぶらさげて乾いた埃道を歩かねばならない」といっていたそうです。彼はその思いを全うし、愛と自己犠牲をテーマとした小説を書き続けて短い人生を終えました。この講座を通して南吉のひととなりに触れることが出来ましたことは会場を提供した私にとってもしあわせなことでした。


この記事をはてなブックマークに追加