わざわざ読んでゃ 「ゆずの宿」便り

「燃える湯魂Burning hot soul」の泣き笑い奮闘記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糸電話(つたえたいこと)

2012年06月01日 00時16分21秒 | 地域情報
 先ずはじめに「ゆずの宿」からのお知らせ。6月11日にお客様がチェックアウトされてから翌12日にかけて館内を一斉消毒するために臨時休業とさせていただきます。基本、年中無休を謳ぅちょりますけんど、こうして年に一回は全停止しますので、どうぞ堪えてつかぁさい



 次に…、土佐寒蘭ファンの方々に朗報!当館玄関口で販売しゆう「山田さんの土佐寒蘭」は普段でもお安いと評判ですが…さらにオフプライスで販売中!数に限りがありますのでお早めにお越し下さい



 庭の紫陽花やら何やらも準備万端整ぅちゅう。今でこそこんなことをネットで伝えたり出来る便利さやけんど…、昔の伝達方法もなかなか情緒があって良かったがぜよ。中でも私にとって特に思い出深いがァは「駅の伝言板」と「赤電話に10円玉山積み」やけんど…、今日はあんまり深ぅには語らんとろう。



 私が携帯電話を使い始めたがは、そんなに早ぅなかったがやけんど…、それでも今から14年前で、今の端末は七代目にあたり、使用期間は過去最長を更新中で六年目に突入しちょります。ぼちぼち「スマホ」かな~、みたいな感じはなきにしもあらずやけんど…、まぁもうチョイこのまんまでもかまんろ~かねゃ。



 確かに携帯電話の普及で世の中は全体的に相当スピードアップしたがやけんど…、それと引き換えに何か大切なもんを失くしてしもぅたような…。だいたい出る前から相手が解っちょたりするきに、応対が馴れ馴れしかったり、横柄やったり…。



 そう言ゃぁ、子供の頃に遊んだ糸電話も繋がっちゅう相手が解っちょったきに…、同じようなことやったろぅか?ほいたら伝えることも決まっちょって「意図電話」みたいなもんかえ?個人的には昔みたいに「誰からやろうか?」とそわそわしもって受話器を取る言うシチュエーションがえいと思うぜよ。



 今日から6月、「ゆずの宿」でも新企画を準備中で近々リリースしますきに、ちくとだけ待ちよってつかぁさい

人気ブログランキングへ               にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへにほんブログ村

「ランキング」気にしちょります。上のバナーを軽~くポチポチッとお願いします
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巣立ち | トップ | かいきん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域情報」カテゴリの最新記事