gooブログはじめました!

あなたに「ぬくもり」を届けたくてブログをつくっています

もし、もし 亀よ

2017-06-17 21:06:43 | 日記
 また、暑いくらいの日。どうしても今日中に出さなくてはならない手紙があり、郵便局(本局)へ出かけました。家から8分ぐらいです。本局は五差路のところにあり、信号を2つ渡らないといけません。お昼の暑い日ざしが照りつけるなか、この五差路をのこのこと亀が横断してるのです。全長25センチくらいでしょうか。車が行き交う交差点を平気で横切しています。気がついた人たちが「かめ!かめ!」と声を出していますが、だれも亀を捕まえようとはしません。私も亀はつかめそうにありません。事故になっては とみんなはらはら交差点を見ています。亀は悠々と斜め横断です。車もよけては通るのですが・・・。

 信号が変わると、車が止まり人が降りてきて亀を抱き上げました。(抱き上げるという感じでした)助手席に乗っていた人なので、車に先に行くように指示していました。「どこの亀かしら?」の声。たぶん、近くの神社の池の亀ではないでしょうか。しかし、どこへ亀は行くつもりだったのでしょうか?

 抱き上げた男の人はすぐそばの公園へ。みなさん、ほっとして歩き出しました。昼下がりの五差路の出来事。「小さないのち」が救われました。大変ことも多かった週末。なにかか~るく越えられました。あの亀ですら横断できたのだから。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漱石 再読 | トップ | 坂本竜馬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。