gooブログはじめました!

あなたに「ぬくもり」を届けたくてブログをつくっています

終の棲家

2017-08-10 22:53:35 | 日記
 夕方から雨になった。相変わらず蒸し暑い。一度、エアコンを入れたら、他の部屋へ行くと肌がべとべとしていられない。蒸し暑さには閉口である。

 久しぶりに親友と長電話をする。もう、40年以上の付き合いになるだろうか。彼女は、私の身におきたことをほとんど知っている。二人だけの話は、実に危険で口外できないことも多かった。彼女は山が見えるところに住んでいるから、私が海の見えるところにいれば、年をとったら、行き来するといいね などと話していた。最近は少ない年金の話、白髪染めの話、老後の住まいの話、それでも最後は、女を捨てるのはよそうね となる。

 32歳のときに、着物を教えるのにいいようにと和室の広いマンションを買った。すぐ33歳の厄年が来て、入院、退職、人の借金の肩代わり、踏んだり蹴ったりの年がきて、マンションは人に貸した。そして、仕方なく手放した。結婚しても、夫は長男で家は彼がもらうようになっていたが、二人ともそういうことには興味が無かった。離婚してからは、実家へも帰らず、ひとりがんばって暮らしていた。

 そんな人間が「家をほしいと思う」というと、親友でもさすがに疑問詞がついた。いや、借りている部屋で死にたくないのね、不動産屋さんにも大家さんにも迷惑じゃない が私の意見だ。身寄りも無ければ、病院や施設で亡くなるほうが確率は高いだろうに・・・。何で今頃、そんな馬鹿なことを思うのだろうか。子育てもして働きぬいた親友が言った。「きっとさ、お日様の匂いのする洗濯物をたたんだりすると、家がほしくなるのかもね」と。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洗濯ものをたたむ | トップ |  あのころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。