gooブログはじめました!

あなたに「ぬくもり」を届けたくてブログをつくっています

秋愁

2016-10-13 06:47:29 | 日記
 急に気温が下がりだした。母の冬物の衣類を出しに実家に帰った。おしゃれだった母がとんでもない組み合わせの服を着ている。それでも髪が伸びたので切りたい という。まだおしゃれする気持ちは残っているらしい。

 週に4回は小規模多機能住宅で朝から夕食まで過ごしている。手先の器用さや字がうまいのでなにかとお役に立っているらしい。1日行くと疲れたといって戻ってくる。それでも「この年で役に立つのはうれしいね」と生きがいを感じているらしい。「らしい」は、本当に母にとって幸せなことは何なのか? と思うときだ。出かけない日は、気ままにベッドのなかでごろごろしてTVを見ているらしい。好きなときに起きて、好きなときに食べて寝る。それも長年、専業主婦で祖父母に仕えた母には幸せなのかもしれないとも思う。「認知症」の母の幸せは?記憶が5分もない彼女にとって、どんな環境が幸せなのだろうか?今の状態が一人暮らしの限界ではないのだろうか?

 帰りの電車は、妙に情緒が不安定になる。行き場のない感情があふれる。秋のせいだろうか。

 「奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の  声きく時ぞ 秋は悲しき」 牡鹿が雌の鹿を思って鳴くらしい。秋は愁いがあふれてくる。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故人が残してくれたもの | トップ | 秋深し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。