gooブログはじめました!

あなたに「ぬくもり」を届けたくてブログをつくっています

東京砂漠

2016-10-17 12:55:43 | 日記
 15日土曜日の夜から山形県最上町の町おこしのサッカー大会に出かけました。頂いた情報だけでは地理的な位置がわからず、どうしたもんじゃろな  でした、面倒見のよい方が時刻表やホテル情報まで下さり、山形新幹線の最終便で新庄まで向かいました。最終列車でもあり、降車客も少ない新庄の駅で不安を抱えてホテルへ向かいました。外に出ると一面の濃霧。ミステリアスな街に浮かぶホテルの看板にほっとしました。

 翌朝目覚めてカーテンを開けると地面は濡れていて、空は真っ暗。雨だ!TVの天気予報では晴れ?1時間もすると窓の外の景色が見えてきて、それが濃霧だったとわかりました。会場へ着くと、山の稜線はくっきり、秋晴れで空気が澄んでいます。いきいき輝く高齢者サッカー大会で、もとは最上町の文化的な事業から発したものでした。地元のお米でつくったごま塩のおにぎり、トン汁と温かいおもてなしでした。

 小国川で採れるあゆぐらいしか名物はないと 帰りの車の中でお聞きしましたが、人の心に安らぎを与えてくれる大自然は大きな宝物。ただ、グラウンドの周りを歩くだけで心が大きく広がりました。『生きてるっていいなぁ!』そう思える1日に感謝でした。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋深し | トップ | 手紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。