ゆずのぐらんぱの裏読み予想

JRA重賞レースを斜め読みして毎週予想・期待に違わず今週も外れか?

CBC賞の裏読み予想

2017-06-30 20:00:29 | 7月
 中京競馬場は、2012年1月までコースの全面改造が行われ、直線距離を412.5mに延長するとともに勾配も中山競馬場に次ぐレベル改修されました。
 また、このレースは、開催時期を6月と12月に何度も変更されて2012年から現在の時期となっています。
 と言うことで、過去5年のデータによる分析を行いました。

 第1条件…前年以降に1着を経験している馬

   2016年以降に勝星のない馬は、
    ①オメガヴェンデッタ 2015年7月
    ②ティーハーフ 2015年6月
    ④アクティブミノル 2015年5月
    ⑪スノードラゴン 2014年10月
    ⑰ラヴァーズポイント 2015年6月
  の5頭です。

 第2条件…前3走までに1200~1400mで連対している馬

   各馬の前3走の最高順位からは、
    ⑤オウノミチ 1200m-11着
    ⑥ラインスピリット 1200m-3着
    ⑨トウショウドラフタ 1400m-5着
    ⑭セカンドテーブル 1200m-3着
    ⑯メイソンジュニア 1600m-2着
  で5頭が当該距離の連対をしていませんでした。

 第3条件…連対馬は単勝7番人気以内の馬
 人気別の状況は次のとおりです。
   

   発走直前までの単勝人気により決めますが、各馬の前3走までの連対は状況は、
    ③メラグラーナ 2走前 オーシャンS(1200m)1着
    ⑦シャイニングレイ 前走 安土城S(1400m)1着
    ⑧ナリタスターワン 3走前 ブラッドストーンS(ダ1200m)1着
    ⑩アリンナ 前走 葵S(1200m)1着
    ⑫アルティマブラッド 2走前 船橋市市制施行80周年記念(1200m)1着
    ⑬エイシンスパルタン 2走前 京阪杯(1200m)2着
    ⑮タイムトリップ 3走前 クロッカスS(1400m)1着
    ⑱トーセンデューク 2走前 トリトンS(1400m)1着
  で、この8頭から7番人気以内の馬を連対候補にします。

 更に丸得情報としては、過去5年間の連対馬を調べたところ、全馬が単勝10倍台以内でした。

 第4条件…勝馬は前3走以内に1400mで連対している馬
   

   対象になる馬は、
    ⑦シャイニングレイ 前走 安土城S(1400m)1着
    ⑮タイムトリップ 3走前 クロッカスS(1400m)1着
    ⑱トーセンデューク 2走前 トリトンS(1400m)1着
  で、3頭が該当していました。

 また、過去の勝馬は、1400mの重賞を経験しており、2016年のレッドファルクス以外は阪急杯か阪神牝馬Sで連対か2番人気を経験していました。
    黄色はトップハンデ

   このデータから今年の勝馬候補を見ると、
    ⑦シャイニングレイは経験なし
    ⑮タイムトリップは京王杯2歳Sで7人気-7着
    ⑱トーセンデュークが京王杯SCで10人気-8着
  とデータどおりにはなりませんでした。

 他の出走馬では、第1条件で消えたオメガヴェンデッタが阪急杯(2016年)で、アクティブミノルがファルコンS(2015年)で2着に入っています。
 また、連対候補に残ったエイシンスパルタンがスワンS(2017年)で3着でした。

 これという決め手はありませんが、単勝人気が分かった時点で勝馬候補から軸馬を選ぶことにします。

 消してもいい馬…3歳と7歳以上の連帯なし
 2014年のベルカント(牝3)がFレヴュー(1400m)1着の実績から1番人気になりましたが、結果は5着に敗れました。

   今年の出走馬では、
    ②ティーハーフ 牡7
    ⑩アリンナ 牝3
    ⑪スノードラゴン 牡9
    ⑮タイムトリップ 牡3
    ⑰ラヴァーズポイント 牝7
  で、3歳馬2頭が連対候補にいますが消してもいいものか?迷います。

 枠番別の連対状況は下表のとおりです。
   

 裏読みハンター
   阪神牝馬Sと枠番連動をしています。
   
   8枠はトーセンデュークがいますが、果たして勝てるのでしょうか?
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジオNIKKEI賞の裏読... | トップ | プロキオンステークスの裏読... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。