宇宙の青い小さな☆見っけ

青い星に生まれた私は、地球人と言う「宇宙人」。自然を大切にして、この星を守って生きていきたい!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

650シーベルト…福島第一原子力発電所2号機

2017年02月12日 | 放射能の災い
 
      どうにか、撮影に成功???
しかし
「福島原発、底部に穴 核燃料取り出し見通せず ロボ調査見直し避けられず。
東京電力は9日、福島第1原発2号機の格納容器内部に堆積物除去ロボットを投入したところ、強い放射線の影響で作業を中断したと発表した。作業途中でカメラが故障した。画像の解析から一部で空間線量が毎時650シーベルトと推定される場所があり、カメラが耐えきれなかったとみている。」
「福島2号機、格納容器内650シーベルト? 作業中断」より
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12753600Z00C17A2CR8000/

実際に、絵に描いた格納容器底部は、どうなっているのだろう???
今回の調査で、
「 毎時650シーベルトは、人間が30秒ほどの被曝(ひばく)で死亡する恐れがある線量で、炉心溶融(メルトダウン)で原子炉圧力容器から落下した核燃料が関係していると考えられる。」との事。
 先の見えない大規模で危険なFUKUSIMA原発。
廃炉工程表も・・・絵に描いた餅だー。

私は原発に反対です柚子胡椒

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発と地震

2016年12月29日 | 放射能の災い

 最近、関東では地震が頻繁に発生しています。まずは上記の世界地図を見てください。赤い部分が地震の発生地域です。所謂、地球のマントルプレートがぶつかり合う部分ですね。我が青い小さな☆「地球」の大方の震源地は、太平洋の周囲にあり、特にその西に集中しています。

 私たちの国は、その最たる震源地の上にあるのです!!!おー原発立国のNipponは、怖いですね。で、そんな我が国に、原発が五十数基もある、異常なことですよ。

 これは、最近の三日ばかりの、地震発生の現状です。

 

  昨日は震度6弱が2回に、その前後に4・3とありますね。有感地震は、一日平均20回以上でしょうか。原発炉の恐ろしいのは、核燃料棒の冷却です。臨界を超えても、そして燃えて終えても、自然放射熱は放出されます。その恐ろしさは、10万年???

皆さんはどう考え、どう対処をしますか?

 いつ地震で原子炉が破損することは、充分考えられますね。炉心溶融の問題も解決の目途もつかない今、取り敢えず、原子炉を止めましょう。柚子胡椒は、電気が二分の一でも大丈夫です。

私は原発に反対です柚子胡椒

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全線運転再開ではない!

2016年12月11日 | 政府・東電・報道の偽り?

 昨日、JR常磐線 宮城と福島間が開通したと報道がありました。NHK:「JR常磐線 宮城と福島結ぶ区間 5年9か月ぶり運転再開この日を待ちわびていた」 2016年12月10日6時08分。本当に、喜ばしい事です。 でも、上記の如く、それは一部です。「浜吉田」駅と福島県相馬市の「相馬」駅を結ぶおよそ23キロの区間であって、全線ではありません!誤解のないように。


<iframe src="https://www.youtube.com/embed/f4PK-ajDuEY" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>


 ですから、FUKUSIMSの近くを通る「竜田~原ノ町」は、現在不通です。今後の見込みは・・・。あの、炉心溶融で廃炉が決まっていても、手も足も出せない問題が残っています。つまり、原発事故の避難指示区域を含む福島県内のおよそ36キロの区間で不通の状態が続き、JRは平成31年度末までに全線での運転再開を目指しています。この放射能物質を除去出来るのは、未定です。避難指示区域???怖いです!よって、全線開通も未定と言う訳ですね。

 さて、一部でも喜ばしのですが、問題はこの避難指示区域です。いつ廃炉が終了するのか、目下のところ炉心に近づけない状態なので、10年・20年、いや50年はダメかも。こんなにも、悲惨な事故が起きたことを、開通出来たと「喜んで放送」するのは、おかしいのではないでしょうか?

 今後において、電気は必要不可欠だと理解はしていますが、その為にはデメリットもキチンと報道してほしいものです。特に原発は・・・。

 

私は原発に反対です柚子胡椒


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不足分は、「打ち出の小槌」から

2016年12月05日 | 政府・東電・報道の偽り?

  じわじわと、忍び寄る国民負担。つまり、税金だね、これって!!!国策の表れですよー。「東京電力改革・1F(福島第1原発)問題委員会」???なんと言っても、経済産業省の肝いり委員会だから、問題委員会?

 この記事のコメントを紹介しますね。

 どれも、的を得たコメントです。最後の「打ち出の小槌を手放す訳がない」とくれば、ピンポーンです。

 すでに、電気代には『再エネ発電賦課金』と言う請求が、しっかり取られています。

つまり、法律で「あの手・この手」と考えている。まったくもって「打ち出の小槌」だ!

私は原発に反対です柚子胡椒

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インドの原発の原発賠償とFUKUSIMAの賠償!

2016年11月26日 | RADEX1503測定μSv/hr

 阿倍さんは、政府がインドとの原子力協定を結んで、成長戦略の柱にして弾みをつけたいようだ。が、インドの原子力損害賠償法では、万一の事故の際、発電事業者だけでなく、原子炉などの設備を納入した企業にも、事故の責任を負わせる仕組みとなっている。

 もし、インドで原発の原発賠償が発生したら、FUKUSIMAの賠償と合わせて、我が国民の税金が投入される!!!

 本来、原爆のウランやプルトニュウムを生産するために、考えられた原子炉。それを、発生した熱でタービン回して、電気を作るなんでおかしい。副産物の恐ろしさを忘れてはいけないです。

 インドに対しては、もっと民間レベルの経済支援が、いろいろとできると思うんだが・・・。

 私は原発に反対です柚子胡椒


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加