柚木結羽のブログ

ゆずき ゆう  小説と柴犬二匹と日々思う事を書いていきたいと思います。

風鈴

2017年08月09日 12時08分56秒 | 短歌
   


     海風や揺るる風鈴ちりちりん

          浴衣姿のおくれ毛散らし
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月8日は「パパの日」 | トップ | トンボの群れが »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
返歌 (あやか)
2017-08-09 15:22:07
残暑お見舞い申し上げます。
夏の休みに、泳ぎ疲れて帰宅し、お昼寝するとき、夢かうつつか、風鈴の音色を聞いて快い気分になります。

 ☆浴衣着て、レトロな商店街歩む、
          ふと眼にとまる、風鈴の店。
 
 【仏足石歌の旋律で。。。。】

  ☆風鈴を、商う店の、あるじより、
        浴衣姿の、吾を褒められ、少し恥じらう。
風鈴 (柚木結羽)
2017-08-09 17:51:57
あやかさま

  哀愁を誘う音色の風鈴よ
      縁側花火幼きあの日


昔はどこの家にも風鈴が吊るしてあり
涼しげな音色が涼を運んでくるようでした。

あやかさんのお家には風鈴ありますか?
私の家はないんです。
風鈴…なんだか哀愁を誘うような、子供の頃を思い出すような気持ちになります。

あやかさん、浴衣も似合いそう❗
まさか、貝殻柄じゃないですよね(笑)
でも貝殻柄かわいいも。

浴衣で髪を結いあげ、夏祭りにお出かけしてね。
風鈴 (あやか)
2017-08-09 19:09:39
風鈴は、今の私の家にはありません。
でも、子供の頃には、確かあったような記憶があります。最近、たまたま出かけた古い商店街に、いろんな色調の風鈴を売っている、お店がありました。夕方の風に吹かれて、軽やかで懐かしい音色を奏でていました。ひとつ買おうかなあ、と思ったのですが、あいにく、今の家には吊すのが適当な場所がないので、その店の他の品物を買いました。

  浴衣の柄は貝殻ではありません(笑)。
三着持ってますが、ひとつは青いト-ンで紫陽花の柄、もうひとつは桃色ト-ンで赤っぽい花柄、もう一つは、紺の地に色んな花模様の浴衣です。
 『清楚な感じでいいですね』と、おほめいただきましたが、やはり照れくさかったです。私の浴衣姿を褒めてくださったかたは、まさか私が昼間は、『貝殻ビキニ』で弾けているとは思ってないでしょうね。(笑)
凄いですね~ (ケンスケ)
2017-08-09 20:59:24
柚木さんとあやかさまですか・・
返歌するなんて・・凄い
オレの知らない世界です
風鈴はよいですね
でも最近は聞いた話ですが騒音ととられているようですね・・嘆かわしいです
そう言えばオレの幼少期の頃金魚やさんが風鈴をたくさんぶら下げて売り歩いていましたね
〚きんぎょ~え・・きんぎょ〛って風鈴とともに売り歩いていました
どうもお邪魔しました
句を詠めずにごめんなさい
浴衣 (柚木結羽)
2017-08-09 21:13:27
あやかさま

雰囲気の違う浴衣、きっとどれもお似合いでしょうね。
普段は洋服で過ごしている私達ですが、浴衣を着るだけで、歩き方も身のこなしも変わりますよね。

私も浴衣好きですね。
最近は紺色の絞りの浴衣をよく着ます。
あとは女郎花のえんじ色の浴衣がありますが、
可愛すぎて今は着れないかな(笑)

貝殻からビキニも、清楚な浴衣も、どちらもあやかさんだから、今のまま素敵な女性でいてください。
風情 (柚木結羽)
2017-08-09 21:43:22
ケンスケさま

風鈴の音が騒音…。
私達はいつのまにか、風流とか風情とかそういう細やかな感情を忘れてしまったのでしょうか。さみしいですね。

あやかさんとの返歌は、言葉遊びのようで楽しいです。
私は即興で詠むので、出来はいまひとつですけど(^o^;)

ケンスケさん、また歌を詠んでください。
ケンスケさん歌には心がこもっていて、私好きです。とてもあたたかい気持ちになます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

短歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。