ぶれて揺れてGo

見たくないものを見よ
しかと受け止めよ
迷妄な世界
ぶれて揺れて許せなくてそれでも生きるしかないんだよねぇ

いつその時がくるかなんてわからない

2016-10-17 16:00:27 | human
2日前の仕事終わり、すれ違いざまにいつもの挨拶をかわした。

お疲れ様でーす
うえーい
さよーならー(笑)
あいよー

私達がかわすのはそれだけ。
でも必ず。

あのさよーならーが、ほんとに最後になってしまった
ほんとにほんとにほんとにいないのか

なんてちっぽけなんだろう命とは

あんな貫禄ありまくりな腹とガニ股で地面をつかんでいた人の命はもうないなんて
肉体なんてくそくらえだ

昨日生まれたハエやクモより先に逝ってしまったなんて

こんな簡単に逝ってしまったなんて

なんてことない命にしか感じられなくなる

それでも時間は止まらなくて
おじちゃんの店は営業中なのだ
赤い目をはらした家族がレジにいるのさ

そういうこと
残された肉体あるものはここを生きるしかない

肉体ある人生は悲しみを置いてきぼりにしたもん勝ちなのか


おじちゃんの魂は
自由に飛べてるの
毎日毎日お店にいたよね
休めないどこへもいけないって言ってた
自由に世界旅行をしているのかな

おじちゃんのいなくなった理由は話せない話さない
私がやめろと言われるから
依存しているものについては話せない

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呆れるほど変わらないけど | トップ | 仕事にうんざりしたら »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。