yuzuの記

優しい風に誘われて

三室戸寺 紫陽花の候

2017-06-13 08:22:59 | 季節

 

 

 宇治市にある三室戸寺は西国十番の札所で 

約1200年前 光仁天皇の勅願により創建された 

本山修験宗の別格本山です。

 

 

 曇りがちの 6月初めの土曜日に行ってみましたが

まだ 3分から5分咲きと言ったところでしょうか。

6月下旬ころが 咲きそろって見事かも知れませんね。

  

 

 ここは紫陽花の見ごろ時期には

大変な人で混雑するので

開門のAM8.30に間に合うように出かけると

もうすでに多くの車が来ていましたね。

  

 

 電車のアクセスだと

京阪三室戸寺駅より 1.0キロ

JR宇治駅より 2.0キロ になります。

 

 

ここは5月のツツジ、シャクナゲ

6月の紫陽花、7月のハス

秋の紅葉など 四季を通じて美しい花の寺ですね。 

もう何度も何度も 訪れていますが

私のこれまでで一番辛くて悲しい時に

写真仲間のKさんが 気分転換にと

強引に連れ出してくれたのもここでした。

人にはいろんな瞬間があるものです。

半ば腑抜けになって、周りから色が消えてしまったような

虚無感に囲まれていた心に

ゆっくりゆっくり ほんのりと色がさしてくるような

そんな癒しを感じたことが思い出されます。

自然て こんなにも優しいんだ・・・と

 

 

ふと 近くで

 「 ハート型の紫陽花探そう~ ♪ いいことあるそうよ」

女子たちが朗かに弾けています。

 

見つかったかなぁ

いいことがあると・・・いいね ^-^

 

 

三室戸寺・・・アジサイに包まれた花の寺は

今年もまた優しく広がっていましたよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花彩 パステルカラーに... | トップ | ルーツを見つめて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三室戸寺紫陽花園~ (ひろし爺1840)
2017-06-16 10:31:55
 !(*^_^*)!YUZUさん、お早うございま~す!
何時もお付き合い頂コメントをありがとうございます。

@('_')@ご紹介、ありがとうございます。
石段を上がる手前の右手にある紫陽花庭園ですね。
懐かしく思い起こしながら見せていただきました。
☆今日の★FACE BOOK「f・いいね!」→✔・いいね!OK!

!('_')!ひろし爺1840ブログへのお誘い<⇊>
・アップが少し遅くなりましたが私の住む町の宮島にある「大聖院と弥山本坊」を動画とDBでご案内しますので一緒に行った気持ちに成って頂ければ幸せま~す!
何時もの閲覧感想コメントもお待ちしていま~す!
◆充実した楽しい週末を御過ごし下さいネ。
それではまた!バイ・バ~ィ!!
よくご存じの ^-^ (yuzu)
2017-06-16 18:16:23
ひろし爺1840さん こんばんは~ ^-^

このお寺さんはよくご存じでしたね~ 。
西国十番だから もう何度かお参りされたのでしょうね。
そそ 本堂への階段を上る手前を
右に下ったところです。そこは紫陽花エリアで
本堂の前はハスのエリアです。
ハスは7月頃からなので 行った時には2つくらいしか
咲いていませんでしたよ。
その代わりといってはなんですが
とんぼがたくさん飛んでいましたよ~ ^-^
赤いのも、青いのも。
Unknown (pikao)
2017-06-18 15:25:46
こんにちは^^
前記事の芦刈園のアジサイと違って
ココのはpikaoもよく見かけるアジサイって感じです
訪れる方もいろいろでしょうねぇ
悲しみを癒す方もいれば
ハート型を求めて運気を上げる方も・・・
花木自然はホントにいいですね^^v
ただいまあ~ ^-^ (yuzu)
2017-06-18 17:36:17
pikaoさん こんにちは~ ^-^

6月18日母の命日のお墓参りから
無事帰ってきました~ 。
こうちゃんや妹、相方のPたちと 父方、母方 両方の
お墓を綺麗に磨いて掃除してきましたよ。
これでしばらくは安心o(*^▽^*)o~♪

うんうん 花木自然はほんとに有り難いです。
要はこころのありようなのですが
いろいろな場面でいろいろな効果を
私たちはいただいているのでしょうね ^-^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。