妄想ジャンキー。

だいたい朝ドラやら大河ドラマやらNHKスペシャルの話。たまにドラゴンボールの話、たまに介護の話。

次世代に伝えたいドラゴンボールの名曲12選

2017-04-20 22:47:01 | ■ドラゴンボールいろいろ

久しぶりにドラゴンボールの話です!


おら作業用BGMさらすぞ!



ドラゴンボール関連オススメ。

懐かしのインストアニソンを聞いていけ。

【未来トランクス編】 ドラゴンボール超面白くなってきたぞ!!【おまえ誰や】

トラウマになりそうなフリーザ様の恐怖の復讐語録。

そこいらのブラック企業より健全なフリーザ軍。

ドラゴンボールは本当にフリーザ編で終わるべきだったかのか問題

ドラゴンボールまとめ一覧





■GTの曲はいちいちおしゃれだから困る

FIELD OF VIEWの『DAN DAN 心惹かれてく』は後述するので、先にエンディングテーマのほうからですね。
ドラゴンボールGTのエンディングテーマ、こんな感じのが揃っていました。

DEEN『ひとりじゃない』
ZARD『Don't you see!』
工藤静香『Blue Velvet』
WANDS『錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう』


これどれも名曲・名エンディングなので、どれが一つを選べっていうのが難しい。
しかもGTそのものの構成から、「ぐっとくる仕掛け」が仕込まれています。

一番よく聞いたのはZARD『Don't you see!』。

サタンとブウが手を振ったあと、1:02あたりのところ。
サビに入る直前、ご注目ください。


Dragon Ball GT- Ending 2-「DON'T YOU SEE」- ANIMUSIC


わかった?わかった??

「Don't you see!」のサビに合わせて、ベビー・フリーザ・セルのカットがリズミカルに登場。
ピッコロとベジータのカットが続きます。

このときピッコロとベジータ、それぞれと一緒に映るのが、「小さくなった悟空」

 

あの強かったの孫・カカロットは子どもの姿になってしまったけれど……
って泣かせるやんけ。

工藤静香『Blue Velvet』もなかなかいいんですよ。
「ええ、ドラゴンボールに工藤静香?」って思うでしょ。

Dragon Ball GT- Ending 3-「ブルーベルベット」[Blue Velvet]- ANIMUSIC


意 外 に 合 う 。


曲が始まると、幼い頃の悟空・ブルマがドラゴンボールをめぐって駆け巡っている姿が映ります。
まさに『ドラゴンボール』が見てきたものなのかもしれません。
しかもイントロ、四星球っていう何これアツい。



WANDSやDEENの曲も名曲揃い。
悟空、トランクス、パンの3人の冒険が映る『ひとりじゃない』は、最も『GTらしい』といえます。

『錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう』はラストに注目。
笑顔の子ども悟空が、家族たちの元に帰るころには…って。

Dragon Ball GT- Ending 1-「ひとりじゃない」[Hitori Janai]- ANIMUSIC


Dragon Ball GT- ED 4-「錆びついたマシンガンで今を打ち抜こう」- ANIMUSIC


他にも「グッとくる仕掛け」があるかもしれない。
ぜひ探してみてください。




■もっとワイルドにもっとたくましく

2017年4月現在放送中の『ドラゴンボール超』のエンディング『Boogie Back』が、あれはまるでブルマヒロインのシティハンターのようだって感想をよく見ます。

ええそうですよ。
ドラゴンボールに置いてブルマはヒロインなんですよ。


ベジータの登場前、無印時代の1話からからずっとヒロインなんですよ。

ドラゴンボール 「ロマンティックあげるよ」


いやあ切ない。

これは切ない。


このころブルマとヤムチャが付き合ってたっていう事実が切ない。



■悟飯さんが主役のあれ

個人的に好きなのは、Zのブウ編の主題歌。

Dragon Ball Z (Bola De Dragon Z) Opening 4 - We Gotta Power - Japones


盛り上がる感じのイントロからはじまり、「はちゃめちゃが押し寄せてくる~」のところのかっこよさ。
トランクス、ベジータ、ピッコロ、少年悟飯。
その少年悟飯が大人になった青年悟飯。
スーパーサイヤマンのサングラスに映るのは、子どもの頃の姿。

泣かせるやんけ。
セル編とか泣くやんけ。




このブウ編、悟空の次男坊・悟天が登場します。
悟空は何してるのかっていうと、このとき死んでるんで、主人公が悟飯。
Z戦士も悟空不在の状態。
(まあおいおい復活するんですけども)


穏やかにまともに暮らしてる悟飯もいいんだけど、強い悟飯をもう一度みたいなあ。

オープニングが悟飯主役の仕様なら、エンディングも。

Dragon Ball Z - Ending 2-「僕達は天使だった」[We Were Angels]- ANIMUSIC


闘いをあまり好まない心優しい悟飯らしい1曲。
冒頭に出てくるのがピッコロさんっていうのが何とも悟飯らしい。




■超の曲は心にしみる

『ドラゴンボール超』、エンディングテーマはかなり早いスパンで交代するんですが。
中でもこれは好きでした。

ドラゴンボール超 ED ハローハローハロー


作画はさすがに2017年のデジタル作画なだけあって、新しい。
曲も90年代のそれとは違う感じ。

35秒付近、サビに入るところ。
悟空と並ぶチチがまた幸せそうったらもう。
夕日を眺める一同にかぶさる歌詞が、「誇れる背中をしていますか」って泣くやんけ。

悟空や悟飯が大人になったように、20年前にZやGTを見ていた世代も大人になって。
「あ、ドラゴンボール懐かしい。新しいのやってるんだ」って見始めたドラゴンボール超で、「誇れる背中をしていますか」って泣くやんけ。



あとはやっぱりオープニングですね。
2015年7月に初めて放送されたときは「おおおお、ドラゴンボールだ!!!」って感動しました。

ドラゴンボール超の時代設定が、Zブウ編終わりからGTが始まるまでの時代。
まさに「いつか途切れた夢の続きはじめよう」なんです。

Dragon Ball Super Opening ドラゴンボール超 スーパー OP HD


1:00あたり「浴びせて武者震い」のところの作画が神。




■悟空が若い!!

そんな最新2017年の主題歌を見た後は、レッツ原点回帰。
1986年、初代オープニング『魔訶不思議アドベンチャー!』

ちなみに初代エンディングが『ロマンチックあげるよ』でした。

Dragon Ball Makafushigi Adventure (Japanese)


悟空が若い!
ヤジロベエ、天津飯、ヤムチャがなんか強そう!

しかし30年前のそれとは思えないですね。
「このよはでっかいたからじま」の高速雷とか。



30年後も新作やってるなんてなあ。
しかもその30年後、戦闘力インフレとんでもないことになってるなんてなあ。




■GT=悟空がいたから楽しかった。

FIELD OF VIEW『DAN DAN 心惹かれてく』、これはなかなかのいい曲なんですよ。
まずはオープニングバージョンから。

Dragonball GT - Opening (2.Version)


1:31あたり。
ベビーと対峙した悟空が超サイヤ人3から4に進化するのは、これ当時見たときかっこよくて震えました。

90年代にいろんなアニメ作品見てきましたけど、この主題歌はなかなかトップクラス。


ドラゴンボールGTのオープニングは、この『DAN DAN 心惹かれてく』だけでした。
96年2月から97年11月まで。
無印からZ、長く続いたドラゴンボールシリーズがGTで一度完結します。

その最終話がこれ。

ドラゴンボールGT 最終回 エンディング テロップ付き


ドラゴンボールは本当にフリーザ編で終わるべきだったかのか問題」にも書いたんですが、以下抜粋。

歳月を経て改めて観てみると、GTの意味を改めて知ることになりました。
「悟空がいたから楽しかった」
それでいいじゃないか。





■やっぱこれだね

ドラゴンボール主題歌といえば、やっぱり影山ヒロノブ。

いろいろとあるけれど、やっぱりチャラヘッチャラ。
「神と神」の映画でも、FLOWの神神エディションが主題歌になりました。

CHA-LA HEAD CHA-LA (Japanese Dragonball Z opening)


色あせないこのハイテンション!スパーキング!




■おまけ。

久しぶりにドラゴンボールの話、いかがでしたでしょうか。
無印からZ、GT、超まで。
30年以上にわたるシリーズ、どれも心に残る名曲ばかり。

わりといい歳してますけれど、落ち込んだ時に思いっきり歌ってスッキリしてます。

どうぞよしなに。





『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしのインストアニソンを... | トップ | 【NHK大河ドラマ】『おんな城... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む