妄想ジャンキー。

だいたい朝ドラやら大河ドラマやらNHKスペシャルの話。たまにドラゴンボールの話、たまに介護の話。

懐かしのインストアニソンを聞いていけ。

2017-04-20 13:01:54 | ■90年代、懐かしのエンタメ

Twitterに時々思い出したように投下しておりました『名曲だと思うアニソン』シリーズ。

あまり腐りません。

ただし世代がめちゃくちゃわかりやすい。



関連リンク

次世代に伝えたいドラゴンボールの名曲12選

『銀狼怪奇ファイル』の超科学な思い出【首なしライダーはヤバい】

堂本剛版『金田一少年の事件簿』のトラウマ6選【ちびるわこれ】


【朝ドラ大河から】ネタバレ感想の目次!【B級映画まで】





■菅野サウンドをこれで知った



2071年の火星を中心とした太陽系。
宇宙船ビバップ号に乗って旅する賞金稼ぎのスパイクたちが活躍するSFアニメ。

というとなんてことのないアニメ作品なんですが、特筆すべきはこのかっこよさ。
粋な台詞回し、クールな映像、カット割り。
ハードボイルドタッチながらも、各話によってテイストが異なり、サスペンスやホラー、メカアクション、コメディ、サイバーパンクなど多彩な面白さを見せています。
BGMも、タイトルどおりのジャズをはじめブルース、ロック、テクノなど多彩なジャンルの音楽を使用。
単一作品というより『世界観』を作り上げた作品のひとつです。


オープニングテーマが初めて流れたとき、子どもながらに衝撃でしたね。

Cowboy Bebop OP - Tank! [HD] 1080p


『カウボーイビバップ』オープニングテーマ
菅野よう子/THE SEATBELTS「Tank!」



1998年のこのかっこよさ。
夕方6時台にこれ放送してたテレ東かっこいい。


といいたいところなのですが、当初は大人の事情的に『問題作』とされていた作品でした。

全26話ながら、確保できたのは13回分。
放送は26話のうちの12話と総集編1回。

しかも時代は1998年。
アニメや漫画などの影響を受けた暴力事件が多く起きていた背景に合わせて、1997年『ポケモンショック』が発生。
テレビ東京もアニメ方面への規制を強め、暴力表現や性的表現が大幅にカットされたという話もあります。

ただでさえ「小学生が見るにはちょっと難しいかなー」ってストーリーがさらにしっちゃかめっちゃか。
なので本放送当時の記憶はあまりありません。

それでも語り継がれるのが名作。
CSファミリー劇場、CSアニマックス、テレ玉などでの再放送が行われ、直近だとAbemaTVなども。



■大切なことはすべてキートン先生が教えてくれた




・砂漠ではスーツがベスト
・接近戦では銃よりナイフが有利。
・人間は本気になった犬には勝てない
・猟犬に襲われたら犬の舌を掴んで水に沈める
・棒とスプーンつないで投石器作って風上から投げたときの威力ヤバい
・グレープフルーツジュースは筋肉をやわらかくしこむらがえりを防ぐ
・踏んじゃった地雷はガムテープぐるぐる巻いて海へ投げる
・サインペンに蛾が集まる


色々とあるんですが、やはり一番はこれ。


「さあ諸君、授業を始めよう。あと15分はある!敵の狙いは、この攻撃で英国民の向上心をくじくことだ。ここで私達が勉強を放棄したら、それこそヒトラーの思うツボだ!今こそ学び、新たな文明を築くべきです」

漫画も秀逸だったんですが、アニメも非常に良かった。

『MASTERキートン』オープニングテーマ
はい島邦明「Railtown」

(「はい」は、くさかんむり+配)

Master Keaton op


民族音楽?っぽいのがお気に入りです。



■ドクターテンマはクズなのか否か。



ドイツ、チェコを舞台とした本格ミステリー漫画。
冤罪、猟奇殺人、医療倫理、家族愛、児童虐待、アダルトチルドレン、東西冷戦などなど……

読んでいるととにかく頭を使う作品で、一言で説明するの無理。
ウィキペディアにうまくまとまってるからそっち読んでくれ。
MONSTER

90年代じゃなくて2004年制作のアニメなんですが、楽しいというより「怖面白い」感じに仕上がってます。

深夜アニメにしては珍しい1年半という超ロングクール。
よく終わらせたというか、現実に忠実にさせるしか終わる方法はないというか。


『MONSTER』オープニングテーマ
はい島邦明「GRAIN」

(「はい」は、くさかんむり+配)

Monster Opening





以上、インスト3作品でした。


『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『おんな城主直虎』15話 政... | トップ | 次世代に伝えたいドラゴンボ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む