初心者がインドホシガメを育て始めましたよ

初心者が難しいとされているインドホシガメを本気で育てます。

リクガメの医療費

2017-12-06 18:04:53 | ヒョウモンガメ
昨日の受診についてかかった費用や時間など参考になればと思います。

数年ぶりになるので
初診料 1500
くちばしカットと削り費用 2000
午前診と午後診の合間でしか人での加減で施術出来ないので預かりになるそうで
半日預り代 3500
鼻汁が出ていたので抗生剤の点鼻薬 1500

といった費用になりました。

病院のホームページをみると受診時には電話予約が推奨されているようなので、
当日9時30分受け付け開始すぐに電話すると11時15分に予約が出来ました。
概ね診察時間に呼ばれ問診、触診、相談といった診察内容で終了。
麻酔が必要になった場合は連絡が頂けるそう。
帰りに18時に診察予約をして帰宅。

途中連絡はなく17時50分くらいにお迎えに行き、受け付けを済ませると直ぐに診察室に呼ばれ引き渡し。
かなり大変だったみたいでこれ以上大きく育ち力がつくともう麻酔無しでは処置は無理と言われました。

ここからは医療的な観点からの話になります。
以前からリクガメの餌について、大阪のような都心部では綺麗な野草を常に入手は困難なことがあり、
野菜をあげていますが、それは仕方ないだろうということです。問題ない範囲というところです。
カルシウムサプリメントについて必要かどうか聞くと、結石が怖いのであげない方が良いとのこと。
確かにリクガメについて尿路結石を悩むオーナーさんは多く拝見しますが、カルシウム不足は比較すると少ないように感じます。
ソフトシェルでもないしねって前提もありました。

その様な獣医師さんの指導の下で今まで与えていませんでしたが、やはり今回も違う獣医師さんからも同じ指導でした。

私もカルシウム不足と尿路結石の疾患を天秤にかけたとき、やはり尿路結石の方が頻度が多いのと、気が付いた時には既に対象が遅れる気がします。

という訳でヒョウモンチームには野菜のみの飼育継続で様子をみていこうと思います。

受診翌日には元気に完食しています。
『小動物』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒョウモンガメのレオ 帰宅し... | トップ | リクガメの水浴びが斬新 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヒョウモンガメ」カテゴリの最新記事