どくだみ茶とハイネケンビール

来し方の思いや世相への老年の主張

AIと愛

2017-06-30 21:56:47 | 世相
 総理大臣が文科省で規制している大学学部を新設させた。しかも長年閉鎖的な認可制に特区として風穴を開ける処置を取ったぐらいでとやかく言われなければならないとは日本は情けない国である。
 トランプは大統領令で好き勝手なことをしている。韓国の元大統領も自分の友人に勝手なことをやらせて私腹を肥やしていたと起訴されている。
 
 野党が国家権力、権力と合唱しているが、米韓の大統領と違い総理大臣はそれほどの権力はない。普通の国であればトップの意向に沿わない(忖度もしない)官僚は更迭されるであろうし、自衛艦を北朝鮮沖に集結させ日本の意思を見せつけることも出来るであろう。だから他の国に比べれば日本がいかに平和で民主的?な国かがよく分かる。

 加計問題でも、安倍さんが見返りに何かを受け取っていれば別だが、彼は民主党でもできなかった改革を行っているのである。マスコミも「いい加減目覚めろ!」と言いたい昨今である。

 同じニュースでも藤井中学生四段の活躍は素晴らしい。考えてみると中学生くらいで計算能力、記憶能力はピークに達することが出来るとわかる。
 昔、高校の数学教科書の脚注で「ガウスは18才で最小自乗法を発見し・・」とあるのを読んでびっくり。先生には「君達とはえらい違いだね」と皮肉られたが今風に言えば「ウッソーみたいな気持ち」であった。天才には敵わない。
 それに比べ、当方は古希も過ぎ、馬齢を重ねているが、ボランティア活動は細々とやっている・・と自らを慰めるしかない。

 もう一つも将棋で、ポナンザというAIがプロ棋士を打ち負かし無敗。白い医療機器みたいな機械にプロ棋士が「負けました!」と深々と頭を下げる姿がなんとなく物悲しい。私がAIの設計者であれば機械も返礼するプログラムを組み込み、多少の人間性を表現させる。
 家内に「俺が惚けたら頭にAIを入れてもらうといいね」と言うと「そうね、でもダジャレや冗談がないと面白くないね」とのこと。

 5月の初めに福岡県福津市の津屋崎千軒に行きました。
 昔の商家の町並みを散策。魚料理も美味でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑いですね | トップ | 我慢 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アウダ爺)
2017-07-04 16:15:18
旅をするにはいい季節ですね。台風は大丈夫でしたか。元気何より。
見舞深謝 (レンタルキャット)
2017-07-05 22:39:19
台風は小型で西側に位置した当地ではお陰様で風も雨も弱く被害もありませんでした。ただ今後の雨量が心配ですが今のところ降雨はありません。
 九州地区の被害が少なければよいのですが・・
これからは30℃超えの炎夏が待ち受けているようです。「アウダ爺」様もご用心ください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。