ブログ雑記

感じることを、そのままに・・・

「新しい人体の教科書」を見る

2017-05-15 23:04:23 | Weblog
何時も自分の体はどのようになっているのだろうと思っている。
おかげなことで喜寿の年を迎える年まで入院も無く過ごして来れた者だから人体の構造がどのようになっているのかなど全然分からない。先日心臓の血管が詰まってステントを入れた人の家族が医師から説明を受ける際立ち会ったがデスプレイに映し出された様子を見てもあまりよく分からなかった。
そのような時「新しい人体の教科書」を見つけて飛ばしながら読んだがとてもついていけなかった。
兎に角自分が77年も生きているのがとても不思議でならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ものづくりの数学のすすめ... | トップ | 渚を歩く! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL