早朝、湘南平

 今朝は5時起き、そして5時45分頃部屋を出てLeMondで湘南平を往復。ちなみにLeMondに乗るのはほぼ2ヶ月振り。

 僕のここ最近の走りはほとんどがMTBによるもの。ブリヂストン号やランドナーに乗ることもたまにはあったけれども、そのほとんどがのんびり自転車通勤とポタ。MTBにしても僕はガンガンに走ったりはしないので、いずれにせよほとんど負荷のかかる走りはしていない。ここ1ヶ月半ものあいだ、通勤以外ではアベレージ20kmを越えた日がないのがそのことをよく物語っている(通勤にしても20km前後)。

 僕はのんびり走るのも好きなのでそれはそれで構わないのだけれども、少し気になったのが、こういう走りばかりだと体力がどれくらい落ちるのか、あるいはどの程度維持されるのかということ。それを知っておきたくて今日は湘南平に向かったのだった。本当はヤビツのほうが良かったのかもしれないけれども、時間もなかったし、この寒いなかヤビツを目指す元気はやはり僕にはなかった。それで去年、一度TTをやっている湘南平に向かうことにしたのだった。



 湘南平の上り口に向かうまでに今朝も例のごとくポジション調整を計4回。1度目はサドルを少し後ろにずらし、2度目は前下がりになっていた角度を水平気味に戻し、3度目と4度目は高さの調整。寒いなかいちいち止まるのはちょっと面倒だったけれども、ロードに乗るとどうしても微妙なポジションが気になるので仕方ない。

 しかしこれくらいの時間だと、全然体って温まってこないんですね。そんなに耐えられない寒さとは思わなかったけれども、あまりに体が温まらないのがなんか不思議な感じだった。あとやはり指先は冷たかった。

 さて、そんなこんなで湘南平の看板からのTT。今日の目標は7分以内。前回はじめてTTをやったときのタイムが6分23秒だったので、寒さでマイナス20秒、体力低下分マイナス20秒と適当に算出してみた。はみ出た3秒分はとりあえず気合で頑張ってみると。



 で、走ってみたんですけど、7分以内は全然無理でした。前回走ったときは急勾配部分はすべてシッティング、勾配が緩くなったところでギアをかけてダンシングでスピードを乗せて、それからまたシッティングで走り切ったのだけれども、今日は急勾配部分のかなり早い段階から足に来てしまって、途中からは立ち漕ぎせざるえなくなってしまった。予想はしていたのだけれども、今の僕の足は少し長い時間の強い負荷には全然耐えられないようだった。

 結局今日のタイムは7分16秒。うぅぅぅぅ、ちょっぴり悔しかったけど、仕方ないよな~。

 でも久し振りに息を切らせて上ったヒルクライムはやっぱり気持ち良かった。たまにはこういうのも必要だよなと思って、水道の水をボトルに入れて気持ち良く飲もうと思ったら、ボトルのなかが黒カビだらけで愕然としてしまった。確かに最近はこのボトルは全然使っていなかったのだが。入れてきた水、ここに来るまでに飲んじゃったけど大丈夫だろうか?でもとりあえず、飲んでしまったものは仕方ないと諦めることにする。で、帰りは結局一滴も水は飲まなかった。

 ヒルクライムでの気持ち良さはダウンヒルで一気に消失した。たかだか1.5kmの下りなのに、ものすごく体が冷えてしまったのだ。手足の指先は当たり前だが、首までもちぎれそうな冷たさを感じたのにはとにかく驚いてしまった。湘南平でこれなんだから、やはりこの時期のヤビツや箱根は僕にはちょっと厳しいと思う。

 復路は、速く走りたい気持ちととのんびり走ることを楽しみたい気持ちをどうやって両立させればいいのだろう?と悩みながらペダルを漕いでいた。ロードで走るならもちろん速くも走りたいけれども、でもそればかりになっちゃうのは僕には窮屈なんだよなぁ、とかあれこれ考えながら走っていた。でも部屋に着いたときは、結局久し振りにロードに乗った楽しさが勝ったようで、あまりあれこれ悩まずに、速く走りたいときは速く走って、のんびり走りたいときはのんびり走ればいいか!という適当なところに気持ちが落ち着いた。全然結論は出ていないが、どちらも楽しみたいのだから仕方ない。

 ところで、昨日あらためて「言いわけはやはり良くない」と思いなおしたのだけど、今日走ってみてまた考えが変わった。で、結論は

 「やっぱり寒いときはあまり無理をしないほうがいい」

 湘南平の下り、ホントに寒かったから。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« 言いわけはや... チープな夜 »
 
コメント
 
 
 
僕も (Fマサ)
2008-01-20 11:23:38
今日行こうと思って5時頃目が覚めたんですけど挫折しました。青森で体重増えたので修行しなくては。
 
 
 
後悔 (yu-jin)
2008-01-20 14:37:27
ヤビツの下りはホント泣きそうでした(T_T
「寒いときは無理をしない方がいい」
私も実感しました(笑
 
 
 
速い! (sudoban)
2008-01-20 17:23:41
一枚目の写真がまたクールでカッコいいですね。
で、湘南平は速いっす。
僕の目標でございます。7分台憧れです(笑
おつかれさまでした~☆
 
 
 
真冬の汗 (seiya-SST)
2008-01-20 21:32:29
真冬でも、体を動かすと、火照ってくるのが気持ちいいねえ。
寒い中走ってきて、屋内で軽く汗を拭う爽快感。
この感覚があるからやめられないよね。
 
 
 
速過ぎ(^^ (masa)
2008-01-20 21:46:43
にゃにを言ってるかぁ~、速いッスよ、充分(笑)
下りが寒いときゃぁ、ブルベなんかだと
ブレーキかけながらインナーローでペダル回してます。
 
 
 
久しぶりのLeMondですね (モリ)
2008-01-20 22:06:02
サドルポジションの微妙な違いが僕にはよくわかりません。
それだけ乗っていいないってこのなのか、単に鈍感なのか...

”7分16秒。うぅぅぅぅ”....言ってみたいッス(笑)

 
 
 
さすが若い方々は.... (ちゃり猫)
2008-01-21 12:31:33
この寒いのに峠行くのか~。風邪と厳寒を言い訳に通勤サボってた5日間。昨日は京都のとても古いクラブの走行会に参加させて頂き、ついでに入会しちゃいましたよ。とても寒かったけど、緩いラン(平均年齢高いので)でも久しぶりに汗。気持ちいいね。だが、私も平地ばっか走ってたせいで、へたれ度亢進。反省。

 でもさ~、寒い時に無理すると怪我しやすいと思います。昨日の参加者で、ツーリング先で崖から落ちて肩と大腿骨を複雑骨折、遠方の病院に入院して3ヶ月ぶりに復帰された方がいましたが、「自力で動けず、たまたま落ちた近くに人家があって発見して貰えた」とのこと。寒い時に一人で走るのはどうでしょ?
 
 
 
寒かったです (yuzito)
2008-01-22 12:26:32
□Fマサさん

 この季節の5時は大変つらい時間ですので挫折しても仕方ないと思います。僕も時間的に余裕があれば挫折したかったです(泣)
 僕も最近修行の必要をすごく感じています。

□yu-jinさん

 湘南平下りながらヤビツへ向かった仁丹は大丈夫かなぁと心配してました。ホントに寒かったんでしょうね。行かなくて良かった・・・(笑)
 この時期無理はいけませんね。でもまぁこの程度であればそんなひどい無理ではないんでしょうけど。なんてことは、少し時間がたったから言えるのかな(^^

□sudobanさん

 sudobanさんなら7分台はすぐだと思います!コツは看板までは一所懸命走らない、です(笑)
 1枚目の写真は少しだけ加工してます。最近はあまりコントラストあげたりとかしないようにしてるんですが、ちょっとズルしました。

□seiya-SSTさん

 そうそう、帰ってくると暖房とか効いてないのに体ポカポカであったかいんですよね。汗も夏のように気色悪いのでとっても気持ちよいです。
 でも長い下りはちょっと勘弁です。仁丹じゃないけど泣きそうでした。かなり情けないですけど(涙)
 
 
 
んなことないですよ! (yuzito)
2008-01-22 12:38:28
□masaさん

 本気で走ったらmasaさんは6分台確実だと思いますよ。あのブルベ装備で写真撮りながらヤビツ43分で走っちゃうんだったら絶対ですよ。ブログがTTのプレッシャーになってるかもわかりませんが、走れば絶対好タイム間違いなしです。
 ブレーキかけながらインナーローでまわす・・・。効果ありそうですが、なんかすごく大変そうです(^^

□モリさん

 ポジション、僕はすごく気になるのですが、乗るたびにこんなに調整しちゃってるわけだから、毎回調整しているわりにはしっかりしたポジションが出てないのです。あとから恥さらしてるみたいだなって感じちゃいました。
 タイムはこれくらいであればいけると思います!

□ちゃり猫さん

 湘南平は峠とは言えないです(汗)。ダウンヒルはこたえましたが、標高150mくらいですから。
 ただでさえディープな人々がお仲間にいらっしゃるのに、京都の老舗クラブに加入なんてさらにディープなお仲間が増えそうですね。気持ち良い汗がかけただけでなく、目の保養にもとても良さそうです。
 寒いときに無理するのは体にはホントに良くないと思います。この時期はあまり体に負担がかからないように走ったほうがいいと僕も思います。しかし崖から落ちて肩と大腿骨を複雑骨折とはあまりに気の毒です。山のなかだったら生死にかかわるので僕も気をつけたいと思います。どうしても単独で走ることが僕は多いですし。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。