梅雨だからたくさん走った







 6月28日。ブリヂストン号で夕ポタ。の~んびり。ロードだから速くという気持ちはすでに僕にはまったくないようだ。

 6月の走行距離220km。自転車ではなくランの。梅雨だからこそ、走れそうなときはしっかり走っておかないとという気持ちにいつもよりなっていた。確認してみたらランをはじめてからの5年間で、200kmを越えたのは今回で4回目。夏休みの宿題なんかは、ギリギリまでやらない、あるいは結局出さないというタイプだったのに、なんでこんなにしっかり義務感にかられながらせっせと距離を稼いでしまったのだろう。われながらとても不思議だ。

 結果的にたくさん走れたけれど、怪しい空模様の日も多かったし、余裕も少しずつなくなっていったのだろう、月の後半は写真を撮ることはほとんどなくなった。

 今月はちょっと走り過ぎだったけれど、日常的に体を動かし続ける理由は一応はっきりしている。たまに大きな自然のなかで遊びたいときに、体力的な不安で足が重くなるのが嫌なのだ。体をほとんど動かしていなかった時期は、久し振りに自転車で信州の峠とか行きたいなぁと思っても、全然自転車乗っていないしと諦めてしまうことが結構あったのだ。そんなにガッツのあるタイプではないので、日常的に体動かしていても不安や面倒臭さは感じてしまうのだから、やめたらもっと心理的なハードルは高くなるだろう。山とか沢とか山スキーとか、それから自転車の峠越えツーリングとか、久し振りに楽しんで来たいぞ、と思ったそのときのために、今月のようにたくさんではなくてもいいけれど、日々運動はしておきたいなと思うのである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« はじめてだっ...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。