SS在庫☆

どうも
腐女子系 ゆゆ
です(`・∀・´)

主に他サイトssを貼るだけです。
たまーに投稿したりします。

朝比奈「涼宮は糞ビッチで腐れオマン――」キョン「朝比奈さん!?」 その2

2013-03-17 19:52:25 | ハルヒ
252:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:43:35 ID:???0
なんですかねー?

253:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:44:03 ID:???0
さっき、涼宮ハルヒは朝比奈みくると長門有希にエンコーさせてるって言ったけど
ほかにも教師とエンコーして内申点爆上げらしいよー

254:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:45:08 ID:???0
ひぃぃぃ

255:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:45:12 ID:???0
うわぁ……

256:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:46:23 ID:???0
酷過ぎワワワワロス

257:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:47:11 ID:???0
>>253
明日ぐらい先生にチクろうぜ。じゃあ、あいつも居なくなるし



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:02:45.30 ID:BRg8LIGS0


258:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:49:49 ID:???0
>>253
根も葉もない嘘だろ。それは。
いくら匿名掲示板だからって言って良いことと悪いことがあるだろ。

259:ゆきりん:2007/02/15(水) 20:50:00 ID:???0
>>253
それは事実ではない。

260:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:50:22 ID:???0
>>253
いえーい涼宮退学確定じゃん

261:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:51:45 ID:???0
涼宮ならそれぐらいやるな

262:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:52:01 ID:???0
涼宮ハルヒの援交

263:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:53:07 ID:???0
>>262
クソワロタ

264:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:53:18 ID:???0
涼宮さん酷過ぎですね。長門さんに乗り換えてはどうですか、キョンくん

265:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:54:29 ID:???0
いい加減にしろ。
ハルヒはそんなことしない。



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:09:34.65 ID:BRg8LIGS0


キョン「くそ……証拠もないくせに……!!」カタカタ

ピリリリ

キョン「はい」

古泉『閉鎖空間が断続的に出現しています。何か起こっていますか?』

キョン「リアルタイムでハルヒに対してテキトーな悪口が書かれてる」

古泉『なるほど。涼宮さんも見ている可能性が高いですね』

キョン「ハルヒに見るなって言うか」

古泉『ダメです。余計、ショックを受けるかもしれません』

キョン「何故だ?」

古泉『今、携帯電話を鳴らせば賢明な涼宮さんのことです、
    きっとネットの書き込みの真偽について聞かれると思うでしょう』

キョン「そうか」

古泉『そうなれば閉鎖空間は一気に肥大化します。そして世界は終わる』

キョン「どうすりゃいい」

古泉『涼宮さんが閲覧しているなら、何か呼びかけてみては。貴方だということを隠して』

キョン「何かってなんだ……?」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:15:05.73 ID:BRg8LIGS0


古泉『なんでもいい。涼宮さんを勇気付けるような一言です』

キョン「あいつが匿名の誰かの言葉に心動かされるとは思えないが」

古泉『今、できることはされしかありません』

キョン「そうだな。長門も頑張ってくれてるが、もう誰も長門のレスは見ちゃいないようだし」

古泉『長門さんもいるのですか?それなら彼女に任せてみては?』

キョン「ダメなんだよ。長門のやり方は……その色々とな」

古泉『そうなのですか?』

キョン「どうしようもなくなったら、頼むかもしれないが」

古泉『とにかく早急に対処をお願いします。こちらも24時間戦うなんて嫌ですから』

キョン「分かった。森さんと荒川さんに謝っておいてくれ」

古泉『分かりました』

キョン「……よし」

キョン「……」

キョン「なんて打てばいいんだよ……」

キョン「ハルヒ……見てるんだよな……?」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:21:34.07 ID:BRg8LIGS0


360:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:35:04 ID:???0
涼宮ハルヒとかガバマンだよー
もう三桁の男とヤッてるもん

361:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:36:12 ID:???0
まじかよー
くさそうだな

362:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:37:45 ID:???0
>>360
ひぇぇぇぇ

363:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:38:33 ID:???0
>>360
もうダメね。
キョンくん、素直に長門さんにしておいたら?

364:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:39:00 ID:???0
ゆきりん様がいたら応答願います。私の写真をばらまくのはやめてください。この前、画像掲示板に私の写真が貼られてて驚きました。

365:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:40:19 ID:???0
もうやめろって!!!そこまでいうなら証拠を出せよ!!!

366:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:42:23 ID:???0
ショーコなんて涼宮の行動みてればわかるじゃーん

367:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 21:43:01 ID:???0
>>365
涼宮乙。今、ラブホにでもいるの?



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:27:46.36 ID:BRg8LIGS0


キョン「……くそっ。古泉、どうしろっていうんだよ!!」

ピリリリ

キョン「はい」

朝比奈『キョンくん』

キョン「朝比奈さん?」

朝比奈『もう私……許せません』

キョン「え?」

朝比奈『確かに初めは涼宮さんに酷いことをされましたけど……。
     でも、最近の涼宮さんはえっと……それなりに優しくしてくれます』

キョン「……」

朝比奈『私が少し風邪気味だって言ったとき、黙ってマスクくれました。
     不思議探索のとき、あったかい飲み物買ってくれました』

キョン「そうなんですか。俺には全くないですけど」

朝比奈『それだけじゃないです。もともと内気だった私を少し、ほんの少しですけど、
     前向きにしてくれたの、涼宮さんだから』

キョン「……」

朝比奈『だから、私、涼宮さんのことをこんなふうに言うなら……怒っちゃいます!!』

キョン「あ、朝比奈さん?!何をするつもりですか!?」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:35:29.58 ID:BRg8LIGS0


400:にょろーん:2007/02/15(水) 22:0003 ID:???0
400ゲーット!!!!

401:朝比奈名無し:2007/02/15(水) 22:01:06 ID:???0
お前ら!!!!もういい加減にしろ!!!!
涼宮がエンコーだーなんだ言ってるけどよぉ!!何にも証拠ねーじゃんかよぉ!?あぁ!?
涼宮はとっても優しい女の子だっつーの!!!マジお前ら、涼宮の何知ってんだよ!?
イメージだけで語ってんじゃねーぞボケ!!ダボ!!
反論あるならそれなりのモンだしてからいえや!!!底辺北高生ども!!!
そのへん夜露死狗!!!

402:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:03:04 ID:???0
>>401
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

403:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:04:22 ID:???0
ガバ宮マンピー発狂のお知らせ

404:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:05:08 ID:???0
あーあ、もうこれ確定でいいよねー?

405:ゆきりん:2007/02/15(水) 22:06:00 ID:???0
oh

406:にょろーん:2007/02/15(水) 21:42:23 ID:???0
>>401
にょれろ~ん


キョン「朝比奈さん……」




207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:36:14.53 ID:uFAjS+zo0


ゆきりん「oh」じゃねーよwww



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:37:31.80 ID:YJNufilE0


oh



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:37:41.72 ID:DNIYAtYhI


大人しい奴を怒らせちゃいけない法則ってあるよね
それはともかくゆきりんがなんか笑えた



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:45:29.28 ID:BRg8LIGS0


412:朝比奈名無し:2007/02/15(水) 22:12:49 ID:???0
オラオラオラオラオラ!!!どうした!!!証拠だせよ!!!しょーこぉ!!!

413:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:14:32 ID:???0
誰か通報してー

414:朝比奈名無し:2007/02/15(水) 22:14:49 ID:???0
早く証拠だせ!!!ほら!!ほら!!
どうせないんだろ!?ワロース!!!!!!

415:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:16:23 ID:???0
これもう嵐じゃん
涼宮は永久アク禁でいいよ

416:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:17:00 ID:???0
涼宮さんってこんなにも凶暴で怖いかったのね。
キョンくん、その点長門さんは従順よ。よろしくね。

417:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:17:22 ID:???0
ゆきりん様。応答してください。

418:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:18:06 ID:???0
>>412
落ち着いてください

419:朝比奈名無し:2007/02/15(水) 22:18:55 ID:???0
キョンくんもなんか言えや!!!!このままでええんかい?!お?



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 23:54:00.71 ID:BRg8LIGS0


キョン「ダメだ。こんなの収集がつかないぞ……」

キョン「ん?朝比奈さんの書き込みが途絶えたな」

ピリリリ

キョン「はい」

朝比奈『キョンくぅん……うっく……ぐすっ』

キョン「どうしたんですか?」

朝比奈『うぐっ……【禁則事項】で書き込んでたんですけど……
     い、いきなり……【禁則事項】が【禁則事項】になって……
     かきこめなくなりましたぁ……ふぇぇん……』

キョン「普通のパソコンで書き込んでなかったんですか?」

朝比奈『も、文字入力とか……面倒なのでぇ……』

キョン「それはどこからのブロックですか?やはり、未来からですか?」

朝比奈『禁則事項です……』

キョン「再度、書き込めるようになる見込みは?」

朝比奈『この感じだと……恐らく、1ヵ月は無理です……ごめんなさい……』

キョン「……いえ。朝比奈さんの書き込み。とてもかっこよかったですよ。あとは任せてください」

朝比奈『キョンくん……ごめんね……ありがとう……。わ、私、ちゃんと見てるから。
     ここで応援してますからっ。キョンくん、がんばってください』



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:02:11.31 ID:b8MFakSV0


キョン「よし……」

キョン「とはいったものの……なにをどうしたらいいのやら……」

キョン「……」

552:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:33:24 ID:???0
めっちゃワロター
涼宮顔真っ赤すぎだろー

553:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:34:52 ID:???0
図星だから興奮しちゃったのでしょうね。
キョンくん。長門さんはその点、何を言われても静かに怒るからいいわよ?

554:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:35:01 ID:???0
ゆきりん様。今からそちらの部屋に行きます。覚悟してください。

555:ゆきりん:2007/02/15(水) 22:36:00 ID:???0
>>553
デリート開始。

>>554
ごめんなさい。こないでください。

556:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:37:19 ID:???0
涼宮は退学だな。明日先生にみんなで言いに行こうぜ

557:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:38:57 ID:???0
いいね。証拠なんてでっちあげればいいし^^



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:11:59.99 ID:b8MFakSV0


580:ジョン・スミス:2007/02/15(水) 22:40:00 ID:???0
見てるよな?

581:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:40:36 ID:???0
退学だぁー。やったー

582:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:41:03 ID:???0
写真は捏造するかぁ

583:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:42:29 ID:???0
これで長門有希を我が部に引き込めるぞぉぉぉぉ!!!!ひゃっほぉぉぉぉ!!!!

584:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:43:00 ID:???0
>>580
誰?

585:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:43:53 ID:???0
nagatosangakuruyameteyameteyamete

586:ジョン・スミス:2007/02/15(水) 22:44:00 ID:???0
>>584
やっぱ居たか。

587:ゆきりん:2007/02/15(水) 22:44:00 ID:???0
デリート完了。

588:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:45:03 ID:???0
ゆきりん様。玄関を開けてください。壊しますよ?



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:21:20.43 ID:b8MFakSV0


592:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:45:00 ID:???0
>>586
だから、あんた誰?

597:ジョン・スミス:2007/02/15(水) 22:46:00 ID:???0
>>592
名前欄に書いてあるだろ。読めないのか?

599:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:47:00 ID:???0
>>597
読めるけど。それがなに?

600:ジョン・スミス:2007/02/15(水) 22:48:00 ID:???0
覚えてるよな?

601:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 22:49:00 ID:???0
ええ

602:ジョン・スミス:2007/02/15(水) 22:50:00 ID:???0
元気か?

603:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(縺) 22:51:00 ID:???0
別に

604:ジョン・スミス:2007/02/15(縺) ??????????? ID:???0
らしくないな。お前、こんなことでへこんだのか?

605:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:2007/02/15(縺) ??????????? ID:???0
はぁ?そんなことないけど。それより、あんたは今、どこにいるのよ?



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:29:59.75 ID:b8MFakSV0


606:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:2007/02/15(縺) ??????????? ID:???0
さぁ、どこだろうね。

607:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:????/0?/??(縺) ??????????? ID:???0
ふざけないで。あたしがどれだけ、あんたのこと探したと思ってるのよ?

???:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:????/0?/??(縺) ??????????? ID:???0
それは嬉しいな。どうして探したんだ?

???:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:????/0?/??(縺) ??????????? ID:???0
どんなアホ面だったのかよく見たかったの

???:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:????/0?/??(縺) ??????????? ID:???0
そうだな。俺はアホ面だ。だけどな、今のお前みたいにしょぼくれてはいないぜ?

???:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:????/0?/??(縺) ??????????? ID:???0
なんですって?

???:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:????/0?/??(縺) ??????????? ID:???0
お前はいつもキラッキラした目で周囲の迷惑も考えずに突っ走るだろ?
あのときもそうだったよな。3年前か。

???:縺薙・繝。繝シ繝ォ縺ッ繝シ縺ョ逧・ァ:2004/0?/??(縺) ??????????? ID:???0
暗かったでしょうが

???:ジョン・スミス:2004/07/??(縺) ??????????? ID:???0
それでもお前はすげー輝いてたぜ?夜でも眩しいほどにな。だから俺はお前のことよく覚えてるわけだ。

???:涼宮ハルヒ:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
何がいいたいの?




263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:35:30.90 ID:iP/Q919C0


時間が改変されてる



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:36:25.98 ID:KNnksMGi0


ほんとだ。三年前になってる



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:37:02.72 ID:snoV8OBQI


三年前になったことで何が起きるんだ…



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:37:03.28 ID:b8MFakSV0


???:ジョン・スミス:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
この程度の誹謗中傷でへこたれるお前だったのかよ?

???:涼宮ハルヒ:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
違う。こんなの聞きなれてるし、見慣れるの

???:ジョン・スミス:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
なら、どうして言い返さないんだよ。
言わせておけば良いって思ってたのか?エスカレートしてんのは見てたんだろ?

???:涼宮ハルヒ:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
こんな匿名の悪口なんてどうでもいい
ただあいつが見てたらきっとあたしのことを嫌いになるって思って
書き込んだらあいつがもっとあたしのことを嫌いになるかもしれないって思って
だから、なにもできなかった
それだけ

???:ジョン・スミス:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
どこのどいつかしらないけどな、今のお前は嫌いなんじゃねーかな?

???:涼宮ハルヒ:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
どうしてそう言いきれるのよ?

???:ジョン・スミス:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
お前の魅力はいつもバカみたいに明るいところだからだよ。沈んだお前なんて魅力8割減だ。
まぁ、大人しくなったお前も可愛いとは思うがな。

???:涼宮ハルヒ:2004/07/07(縺) ??????????? ID:???0
うっさい



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:44:10.84 ID:b8MFakSV0


610:ジョン・スミス:2007/07/07(水) 22:54:00 ID:???0
そろそろ終わりだな。
お前、もうどうすればいいかわかるよな?

611:名無しがいたらあたしのところにきなさい!:2007/02/07(水) 22:55:00 ID:???0
初めから分かってたけど

612:ジョン・スミス:2007/02/15(水) 22:56:00 ID:???0
ならいい。
また会おうな。

613:名無しがいたらあたしのところにきなさい!:2007/02/15(水) 22:57:00 ID:???0
うん


キョン「ふぅ……」

ピリリリ

キョン「……もしもし?」

朝比奈『キョンくん、久しぶり』

キョン「文字化けしましたよ」

朝比奈『余計なレスを入れたくなかったから、
     一時的に二人のネットワーク空間だけを三年前に飛ばしました』

キョン「だからってなにも七夕にしなくても」

朝比奈『いいじゃない。演出ってことで。ね?』




278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:44:59.31 ID:KNnksMGi0


未来朝比奈か



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:46:19.46 ID:/0XDkXD70


センス○



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:49:15.30 ID:snoV8OBQI


未来朝比奈さんは大活躍だな



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 00:50:25.59 ID:b8MFakSV0


キョン「こっちの朝比奈さんのアク禁は解除されないんですか?」

朝比奈『んー。難しいかな。かなりの暴言はいてたでしょ?』

キョン「そうですか。でも、あの書き込みは中々良かったんですけど。また、見たいというか」

朝比奈『大丈夫です。もうすぐ見られるはずだから』

キョン「え?」

朝比奈『今頃、必死に人差し指を使ってキーボードを叩いてると思うから、
     電話して邪魔しないであげてほしいな』

キョン「分かりました。そうします」

朝比奈『それから……』

キョン「はい?」

朝比奈『私のことも褒めてあげて。足手まといだったけど、貴方のために―――』

キョン「俺は朝比奈さんのことを足手まといなんて思ったことないですよ」

朝比奈『嘘ついたでしょー?もうー』

キョン「バレましたか。ところで、これは未来電話かなにかですか?」

朝比奈『それは……禁則事項ですっ』

キョン「やっぱり……。ありがとうございました、朝比奈さん」



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:00:42.81 ID:b8MFakSV0


628:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:01:25 ID:???0
ゆきりん様。見つけました。

629:ゆきりん:2007/02/15(水) 23:01:30 ID:???0
たs

630:東中出身涼宮ハルヒ!名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:02:00 ID:???0
ここで騒いでる馬鹿ども!!!
本人が降臨してやったわよ!!!
ROMってあげたんだから感謝しなさいよね!!!

えーと、まずはあたしが朝比奈みくると長門有希にエンコーさせてるって話だけど
嘘だから!!!!
そんなことしなくてもこっちは株とかFXで荒稼ぎしてんのよ!!!貧困な発想で罵るとか恥ずかしくないわけ!!!

あとは先生とエンコーで内申点爆上げ?
これ一番笑ったわ!!いいギャグじゃない!!
あたしはそんなことしなくてもテストの点いいからぁ!!

あとはあたしが三桁の男と寝たとかなんとか言ってるわね?
そんな事実もありませーん!!!
あたしは立派な処女だから!!!いい?あたしは 処 女!!!

証拠が見たいならSOS団の部室まできなさい!!!いくらでもみせてやるわよ!!!!みくるちゃんのも有希のもね!!!
まだ反論があるなら聞くだけ聞いてやるわ!!!かかってこい!!がおー!!!

631:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:04:05 ID:???0
>>630
はっちゃけすぎだ。バカたれ。




287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:01:25.83 ID:snoV8OBQI


ゆきりんオワタwwwww



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:02:05.08 ID:iP/Q919C0


ゆきりんが危ない!



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:02:30.92 ID:2ULrzamr0


ゆきりんどうしたwwww



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:03:18.04 ID:KNnksMGi0


キョンよ。お前が今気に掛けるのはハルヒではない。



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:03:49.12 ID:BGZ+EaMGO


ゆきりんを助けに行くか部室に行くか迷う



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:04:19.10 ID:9A5qN/mi0


がおー可愛い



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:05:54.64 ID:GH0V8DMUP


がおー



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:09:27.35 ID:b8MFakSV0


632:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:06:55 ID:???0
>>630
ひぃぃこわいよぉぉ

で、朝比奈さんの確認はさせていただけるんですね?

部室にいっきまぁーす!!!

633:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:07:45 ID:???0
>>630
そんなこと言っても無駄だからぁ

634:東中出身涼宮ハルヒ!名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:08:35 ID:???0
>>633
だから、部室に見にきなさいよ。
あたしが下着脱ぐだけであんたがどれだけテキトーなことを言ってたか思い知らせてあげるから

635:みどりん:2007/02/15(水) 23:09:00 ID:???0

よし


キョン「この分なら大丈夫そうだな……」

キョン「そろそろ寝るかぁ……」

キョン「でも、その前に」カタカタ

キョン「……」カタカタ



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:14:41.54 ID:b8MFakSV0


キョン「……できた」

キョン「……って。こんなの書き込めるわけねーな」

キョン「消すか」

妹「キョンくん。はさみ、かえすねー」ガチャ

キョン「お前!!何時まで起きてるんだ!?」

妹「もうねるよー?」

キョン「子どもは早く寝なさい」

妹「はぁーい。じゃ、これ返すねー」テテテッ

キョン「全く……将来が不安だ」

妹「キョンくん、なにしてるのー?」

キョン「え?ああ、なんでもな―――」

妹「えい」カチッ

キョン「あ!?あー!?!?なにするんだ!?」

妹「わーい。キョンくんがおこったぁー」テテテッ

キョン「こら、待て!!!」



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:23:51.25 ID:b8MFakSV0


700:にょろーん:2007/02/15(水) 23:20:20 ID:???0
700ゲーット!!!!
いやー!!このスレサイコー!!こんなに楽しいところは他にはないよー!!
今度はアク禁にならないように気をつけなきゃね!!

701:ゆきりん:2007/02/15(水) 23:21:00 ID:???0
今日を持ってゆきりんは普通のゆきりんに戻る。
もうここでゆきりんがzipをアップロードすることはない。
今まで支援してくれた人々に感謝をする。

702:レッドボールいっちゃん:2007/02/15(水) 23:22:45 ID:???0
おや、もうお祭りは終わりですか。
アルバイトは滞りなく終わりました。
今回も大活躍でしたね。それでは、また。

703:朝比奈名無し:2007/02/15(水) 23:25:25 ID:???0
おらおらおらおらすずみやをわるくいうひとはゆるさんからな
まじでおまえらいてこましたるからな
かくごしとけよ
よろしく

704:東中出身涼宮ハルヒ!名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:26:00 ID:???0
不思議なことがありましたらSOS団まで連絡してね!!
今なら期間限定で確認させてあげるから!!!

705:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 23:26:01 ID:???0
お前に元気が戻ってよかった。
また元気いっぱいのハルヒを見せてくれよな。
毎日がお前のおかげで楽しいんだからよ。




313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:24:44.97 ID:S8HMX0PB0


古泉wwww



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:26:02.55 ID:2ULrzamr0


レッドボールいっちゃん



レッドボールいっちゃん



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:26:47.82 ID:snoV8OBQI


古泉が一番ワロタwww



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:27:03.58 ID:tbgrfs0v0


キョンだけコテ無しだな



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:31:05.19 ID:b8MFakSV0


翌日 放課後 部室

キョン「おーっす」ガチャ

朝比奈「キョンくん。こんにちは」

キョン「朝比奈さん。どうも」

朝比奈「ずっとみてましたよ?途中、ちょっと眠たくなってウトウトしちゃいましたけど」

キョン「そうですか」

朝比奈「あの……私……また、お役に……」

キョン「そんなことありませんよ。朝比奈さん。あなたの力強い書き込みで俺も勇気を貰いましたし、
     ハルヒだってあれだけ元気になれたんですから」

朝比奈「ほ、本当ですかぁ?」

キョン「俺は朝比奈さんと長門とハルヒと、ついでに古泉には嘘はつきません」

朝比奈「ふふ。それが嘘でしょー?」

キョン「そんなことないですって。言わないことはあるかもしれませんが」

朝比奈「キョンくんの禁則事項ですか?」

キョン「そうですね。俺にも禁則事項が増えるかもしれません」

朝比奈「私と一緒ですねっ、キョンくんっ」



330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:36:01.92 ID:b8MFakSV0


古泉「どうも」

キョン「なんだ、古泉か」

古泉「昨日はとてもよかったですよ……」

キョン「顔が近い」

古泉「あなたの書き込みで世界は救われたわけです。名ハッカーと言えるでしょう」

キョン「俺の力じゃない。朝比奈さんのおかげだ」

朝比奈「へぇ?わたしぃ?どうしてぇ?」

古泉「おやおや。謙遜ですか。あなたらしいですね」

キョン「事実だ」

朝比奈「キョンくん、私の書き込みってそんなにすごかったんですかぁ?」

キョン「んー……禁則事項です」

朝比奈「ひぇ!?そんなぁ!キョンくんのいじわる、いじわる!」ポカポカ

キョン「あっはっはっはっは」

ハルヒ「―――なにしてんの?」

朝比奈「ひっ?!」ビクッ



334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:40:41.39 ID:b8MFakSV0


ハルヒ「みくるちゃんには躾が必要みたいねぇ!!」

朝比奈「ひぇぇぇ!!!おたすけぇぇ!!」

ハルヒ「おらぁ!!大人しくしなさい!!!」モミモミ

朝比奈「ぎょぇぇぇ!!」

キョン「やめろ」

ハルヒ「なに……。そうね。やめておくわ」

朝比奈「ひぇ?」

キョン「どうしたんだよ?聞き分け良いじゃねーか」

ハルヒ「べっつに」

谷口「すいまっせーん!!!!」

キョン「谷口!?何の用だ!?」

谷口「確認できるって書き込みみて、きまひたー!!!うっひょー!!
    朝比奈さんのみせてくれるんだろぉ!?」

朝比奈「ひぃ!?」

ハルヒ「じゃ、確認代。みくるちゃんは1000不思議よ?」

谷口「は?」



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:48:07.37 ID:b8MFakSV0


ハルヒ「あんた、書き込みみてないわけ?タダで確認させるわけないじゃない?」

キョン(書き込み?あの後、ハルヒの奴なにか書き込んだのか?)

谷口「そ、そんなものみてねーよ!!」

ハルヒ「有希」

長門「……」カタカタ

谷口「な、なんだよ?」

長門「これ」

谷口「なになに……?」


900:東中出身涼宮ハルヒ!名無しがいたらあたしのとこまできなさい!2007/02/16(木) 00:00:01 ID:???0
ちなみに確認したい人は次のモノをもって部室まで来るように。
涼宮ハルヒ→1000000不思議
長門有希→10000不思議
朝比奈みくる→1000不思議

※1不思議は宇宙人の住所、未来人の住居、超能力者研究所の場所、異世界の扉の位置のいずれかと交換のこと


キョン「ひでぇ……」

朝比奈「どどどど、どうして私、桁がすくないんですかぁ!?」



346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 01:54:17.75 ID:b8MFakSV0


谷口「な、なんだとぉ……!?」

ハルヒ「ほら、1000の不思議を出してくれたら、みくるちゃんの確認させてあげる」

谷口「そ、それだとおまえの無実の証明にならねえだろ?!」

ハルヒ「べっつにぃ。適当な女の子掴まえて見せればいいだけだもの。
     この制度はあくまでも男性限定だから」

谷口「男女差別だ!!」

ハルヒ「ほう?あんた、あのスレッドに常駐してたんでしょ?あたしの悪口を書きながら」

谷口「なんで、それを!!―――は!?」

キョン「ま、あの書き込みみてるなら……」

ハルヒ「ま、ほかにも居るでしょうけど……それなりの報復は覚悟してるんでしょうね……?」

谷口「ひぃぃ!!キョーン!!たすけてくれ!!!」

キョン「しらん」

谷口「ダチだろぉ?!おい!!!」

キョン「陰口を言うダチはいらん」

谷口「うらぎりも―――」

ハルヒ「涼宮式、アキレス腱固め!!!!」グイッ!!!



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 02:00:05.73 ID:b8MFakSV0


キョン「全く、よくやるぜ」

朝比奈「キョンくん、キョンくん」

キョン「どうしたんですか?」

長門「このスレッド、完走した」

キョン「そうなのか。まぁ、900まで行ってたもんな」

古泉「最後の書き込みは涼宮さんですかぁ……んふっ」

キョン「なんだ?」

古泉「貴方が羨ましいと想いまして。心の底から」

朝比奈「ふふ……本当に妬けちゃいますね」

長門「……」コクッ

谷口「ギブっ!!ギブッ!!」

ハルヒ「まだまだこれからよ!!このアホンダラケぇ!!!」ググッ


1000:涼宮ハルヒ:2007/02/16(木) 01:00:00 ID:???0
ずっといたんでしょ?キョン、ありがと
元気でたよ

おしまい。




358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/04(火) 02:00:43.37 ID:tbgrfs0v0




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝比奈「涼宮は糞ビッチで腐れオマン――」キョン「朝比奈さん!?」その1

2013-03-17 19:49:07 | ハルヒ
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 18:31:49.54 ID:BRg8LIGS0


部室

キョン「どうも」

朝比奈「あ、キョンくん。こんにちは」

キョン「朝比奈さん、珍しいですね。パソコンを触っているなんて」

朝比奈「ちょっと調べたいことがあったので」

キョン「そうですか」

朝比奈「えっと……涼宮は糞ビッチで腐れオマン―――」

キョン「朝比奈さん?!」

朝比奈「はい?」

キョン「何をしているんですか?!」

朝比奈「えっと……。この学校の掲示板を見てたんですけどぉ……。良く分からない単語が多くてぇ」

キョン「やめてください。そんな下劣な掲示板を見るのは……って、この学校の掲示板ですか?」

朝比奈「はい。昨日、テレビで学校裏サイトっていうのがあるって知ったのでみてみようかなぁって」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 18:41:54.51 ID:BRg8LIGS0


キョン「ちょっと、見せてください」

朝比奈「はい、どうぞ」


18:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:33:45 ID:???0
涼宮ハルヒは糞ビッチでしょ?

19:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:38:15 ID:???0
腐れオマン○だよあんなの

20:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:45:23 ID:???0
>>19
なんかあるの?

21:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:48:18 ID:???0
俺、あいつと中学のとき三年間同じクラスだから知ってるけど、男をとっかえひっかえしてたからな


キョン(ハルヒの悪口や陰口ばっかりだな。
     コンピ研の部長氏からは仕方ないとして、ハルヒってこんなに恨まれてるのか……?)

朝比奈「良く分からない言葉ばかりなんですけど、これって何語なんですか?」

キョン「強いて言うならネット語ですね」

朝比奈「へぇ~。では、この糞ビッチってどういう意味ですかぁ?」

キョン「朝比奈さん、世の中には知らなくていいこともあるんです」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 18:48:14.53 ID:BRg8LIGS0


朝比奈「そんな、意地悪しないで教えて~」

キョン「できません」

長門「糞ビッチ。女性に使われる―――」

キョン「長門、しっ」

長門「……」

朝比奈「キョンくんの意地悪っ」プイッ

キョン「すいません……」

キョン(にしても、これ……すごいな……)

涼宮ハルヒに恨みがある奴→(357)
涼宮ハルヒってウザくね?  (857)
【真犯人は】パソコン盗まれたPart65【涼宮ハルヒ】(1001)

キョン(ハルヒのスレッドばっかじゃねえか……)

キョン「……」カチッ

朝比奈「キョンくん、涼宮さんって……どうして、こんなに嫌われてるんでしょうか……」

キョン「……」

朝比奈「あ、聞くまでもないですか……?」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 18:56:44.18 ID:BRg8LIGS0


キョン「そうですね。パソコンの一件もありますし、何かと著名人ですからね、ハルヒは」

朝比奈「はぁ……ですよね……」

キョン「目立てばそれだけ叩かれるものですからね。
     それにあいつは容姿も悪くないですし、嫉妬も多分にあると思います」

朝比奈「このページを見るだけでもよくわかります」

キョン「え?」


【とどのつまり】涼宮ハルヒはマジ死んで【ビッチ】

1:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:01:55 ID:???0
古泉くんに色目使いすぎ、死ね

2:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:32:32 ID:???0
同意

3:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:32:35 ID:???0
同意

4:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 16:33:27 ID:???0
お前ら本気で狙ってるならこんなところでうだうだ言ってないで涼宮から奪えば良いじゃん
つーか、これからっしょ


キョン「なるほど。古泉絡みか……」

朝比奈「はい。一応、フォローのつもりで4番目に書き込んでみたんですけど……」

キョン「これ、朝比奈さんが書き込んですか!?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:03:41.23 ID:BRg8LIGS0


朝比奈「ひぇっ!?だ、だめでしたか?」

キョン「いや、ダメじゃないですか。
     ほら、朝比奈さんのあとの書き込みが凄いことになってるじゃないですか」

朝比奈「はい、そうなんです。
     すごい勢いで『涼宮乙』とか言われて……。私、涼宮さんじゃないのに……」

キョン「消えろ、ウザいだけの書き込みで100はありますね」

朝比奈「正直、泣きそうになっちゃいました」

キョン「ま、まぁ、朝比奈さんはハルヒのためを想って書き込んでくれたんですから、
     気を落とさないでください」

朝比奈「はぁ……」

キョン「でも、ハルヒに対してよく想っていない連中が書き込んでいる場所ですから、
     肯定的な書き込みはやめましょうね」

朝比奈「わかりましたぁ。気をつけます」

キョン「これ、ハルヒには?」

朝比奈「わ、私も今、知ったばっかりですから」

キョン「そうですか。長門は知ってた……よな?」

長門「……」コクッ

朝比奈「涼宮さん、可哀相……」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:12:18.47 ID:BRg8LIGS0


長門「涼宮ハルヒの行動パターンの多くは、他人に対し奇異の目を向けさせる。
    それにより衆目から一定以上の存在値が上昇する」

キョン「目立っちまうわけだろ?」

長門「そのような行動は時として人間に不快感を与える場合がある。ただし、一つ一つは非常に軽微」

朝比奈「どういうことですか?」

長門「涼宮ハルヒの行動自体は無視できるレベル。直接的な干渉がない限り、殆ど無害に等しい」

朝比奈「???」

キョン「つまり、俺らにとって実害はあっても、一般のクラスメイトには殆ど害はない存在なんですよ」

朝比奈「あー、なるほど」

長門「ただし、そうした行動が視界に入った場合、脳は不快だと認識する可能性がある」

キョン「癪に障るって奴だな」

長門「そうした小さな不満を解消するため、ネットワーク上で涼宮ハルヒに対する批評を書き込んでいる」

キョン「それはまあ、理解できるが」

朝比奈「でも、それなら涼宮さんに直接言ったほうが……」

キョン「朝比奈さん、あのハルヒにそんなことが言えますか?」

朝比奈「……言えません」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:19:21.72 ID:BRg8LIGS0


キョン「皆も一緒なんですよ。あのハルヒに何かを言うのは気後れするんです」

キョン(なんでも言えた朝倉は消えちまったしなぁ)

朝比奈「でも、こんなの見たら涼宮さんきっと悲しみますよ?それどころか泣いちゃうかも……」

キョン「その心配はないと思います。あのハルヒがたかが匿名の悪口を気にするとは思えませんし」

朝比奈「そうでしょうか……」

キョン「そうですよ」

朝比奈「だといいんですが……」

長門「……」

キョン(とはいえ、古泉には相談しておいたほうがいいかもしれないな。
     何かの拍子にハルヒが見ちまったらどうなるかわからない)

朝比奈「えーっと……涼宮、パソコン返せ。あとネガも返せ……長門有希もよこせ……。
     涼宮さん、ホントに恨まれてますね……」

キョン「朝比奈さん、そろそろハルヒが来る頃ですから、ネットやめてください」

朝比奈「は、はい」

キョン「あと、念のために履歴も消しておいてくださいね」

朝比奈「はぁーい」カチカチ

ハルヒ「―――おっまたせー!!!」バンッ!!!!



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:25:25.45 ID:BRg8LIGS0


キョン「お、おう。ハルヒ」

朝比奈「ひぇ?!」カチカチッ

ハルヒ「あれ?古泉くんは?」

キョン「掃除だってよ」

ハルヒ「みくるちゃん、あたしの席で何やってのかしらぁ?」

朝比奈「い、いえ……なにも……」ビクッ

ハルヒ「うそつけぇ!!なんかエロい言葉でググってたんじゃないのぉ?!」

朝比奈「ひぇー?!そんなことしてませーん!!!」

ハルヒ「うそね!!この弾力ある胸がそう言ってるわぁ!!!」モミモミ

朝比奈「や、やめてぇ~!!」

ハルヒ「また、ちょっと大きくなったんじゃないの、みくるちゃん。全く、生意気なんだか!!」モミモミ

朝比奈「ごめんなさぁい!!やめてくださぁ~い!!」

キョン「おい、やめろ」

ハルヒ「なによ?団長に意見する気?
     団員が団長の私物を無断で使っていたら咎める。これ、普通のことでしょ?」

キョン「あのパソコンはSOS団のモノだろ。団員なら誰でも使っていいはずだ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:30:01.95 ID:BRg8LIGS0


ハルヒ「偉そうに……正論言うな……」

キョン「ほら、もう朝比奈さんを解放してやれって」

ハルヒ「はいはい。古泉くんが来るまで会議は始められないし……。みくるちゃん、お茶!!」

朝比奈「は、はぁい。すぐにぃ」

キョン(ま、これは俺たちに対してだけだし……。他の奴にまでこういう態度を取ったことは……)

キョン「ないとはいえないか。俺も四六時中みてるわけじゃないしな」

ハルヒ「なによ、キョン?なんかあるの?」

キョン「別に」

ハルヒ「ふん……さぁってとぉ」カチッ

朝比奈「ふんふーん……。キョンくんもいりますか?」

キョン「ええ。いただきま―――」

ハルヒ「……」ガタッ

キョン「……ハルヒ?」

朝比奈「ど、どうしたんですかぁ……?」

ハルヒ「みくるちゃん、このサイト見てたの?」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:35:22.53 ID:BRg8LIGS0


朝比奈「へぇ?」

ハルヒ「この掲示板!!!」

朝比奈「あ?!」

キョン「あ、朝比奈さん!!履歴を消しておいてくださいって言いましたよね!?」

朝比奈「え?わ、私ちゃんと右上のバツをクリックしたけどぉ……?」オロオロ

キョン「ブラウザを閉じただけか……!!」

朝比奈「ち、違ったんですかぁ?」

キョン「えっと、あとで違いは説明します。―――ハルヒ、聞いてくれ」

ハルヒ「あんたも見たの?」

キョン「あ、ああ……見た……」

ハルヒ「そう……」

朝比奈「あの、私は涼宮さんはそういう人じゃないって書き込みましたぁ!!」

キョン「所詮は下々の戯言だろ?気にするなよ、ハルヒ」

ハルヒ「バッカ。こんなの気にするわけないでしょ?
     あたしが気にしたのはみくるちゃんがネットスラングを覚えないかどうかってことよ」

キョン「そ、そっちかよ」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:41:07.35 ID:BRg8LIGS0


ハルヒ「純粋無垢が売りのみくるちゃんがネットスラングを使いこなしたら嫌でしょうが!!!」

キョン「あ、ああ……そうだな。ハルヒが正しい。珍しく」

ハルヒ「珍しくってなによ。ぶっ殺すわよ」

キョン「そういうなって」

朝比奈「涼宮さん……大丈夫ですか?」

ハルヒ「なにが?」

朝比奈「アレだけ悪口書かれてて……」

ハルヒ「別に。言わしておけばいいじゃない。あたしはそんなことを気にするほど、柔じゃないわ」

キョン「流石、ハルヒだな」

朝比奈「わー、かっこいいですぅ」

ハルヒ「ふふん、もっと褒めなさい。称えなさい。そして崇めろ!!!」

朝比奈「ひぇぇ!!」

キョン(やっぱり、心配するだけ無駄だったな)

古泉「―――すいません、遅れました。では、今から急なアルバイトがありますので、失礼します」

キョン「待て、古泉!!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:45:38.43 ID:BRg8LIGS0


古泉「なんでしょうか?」

キョン「アルバイトってなんだ?」

古泉「いつもの奴ですよ。発生しましたので」

キョン「なんだとぉ……!?」

ハルヒ「あれ、古泉くん、もういっちゃうの?」

古泉「申し訳ありません。この埋め合わせは必ず」

ハルヒ「そう」

キョン「(でも、ハルヒはいつも通りだぞ?)」

古泉「(それでも閉鎖空間が発生した以上はなんらかのストレス負荷があったのでしょう)」

キョン「……」

古泉「(何かあったのですか?)」

キョン「(終わったら、電話くれ)」

古泉「(んふ、分かりました。楽しみです)」

キョン「楽しくねーよ」

ハルヒ「なら、古泉くんなしで会議するわよ!!キョン、おすわり!!」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:49:41.73 ID:BRg8LIGS0


ハルヒ「えーっと。今週末の不思議探索だけどー」

朝比奈「あの、キョンくぅん?」

キョン「なんですか?」

朝比奈「何か……あったんですか?」

キョン「いつもの癇癪ですよ」

朝比奈「それって、やっぱりネットの……?」

キョン「それしかないでしょう」

朝比奈「わ、私の所為で……」

キョン「朝比奈さんの所為じゃないですって」

ハルヒ「こら、そこ!!なに話してるの!?」

キョン「あ、悪い」

朝比奈「ご、ごめんなさい」

ハルヒ「みくるちゃん!!キョンから離れて、10メートル!!!」

キョン「朝比奈さんを部室から追い出す気か?」

ハルヒ「なら、キョンが出て行けば!?」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:54:49.88 ID:BRg8LIGS0


キョン「めちゃくちゃ言うなよ」

ハルヒ「うっさい!」

朝比奈「はなれます……いち、に……」

キョン「ああ、朝比奈さん。そんな律儀に距離を測らなくてもいいんですよ?」

ハルヒ「全く。有希を見習いなさい!!いつも一定距離保ってるじゃないの!!」

長門「……」

キョン「でも、長門は近づいても離れてはいかないぜ?な?」

長門「接近されて離れる理由がない」

ハルヒ「ダメよ!!有希!!キョンが近づいてきたらもうダッシュで逃げなさい!!
     骨までしゃぶりつくされるんだからねっ」

キョン「しゃぶらねーよ」

ハルヒ「信じられるもんですか。男はオオカミなんだから」

キョン「お前が言っても説得力ないぞ」

ハルヒ「なんですってぇ?!もう一回いってみろ!!アホキョン!!」

朝比奈「やめてくださ~い」オロオロ

長門「……」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 19:58:35.34 ID:BRg8LIGS0


ハルヒ「―――今日はこれで終わり。解散っ!!」

キョン「おい、ハルヒ」

ハルヒ「なに?」

キョン「車に気をつけろよ」

ハルヒ「あんたはあたしのお父さんなわけ?」

キョン「違うけどな」

ハルヒ「ふんっ」スタスタ

朝比奈「……いつも通りですね」

キョン「傍から見ている分にはですけど」

長門「……」スタスタ

キョン「長門。何か起こってるか?」

長門「古泉一樹が対処済み。問題はない」

キョン「いつも通りってことだな?」

長門「そう」

キョン「ありがとよ。また、明日な」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:06:24.01 ID:BRg8LIGS0


キョン「もしもし、俺だ」

古泉『どうも、古泉ですっ』

キョン「上手くいったみたいだな」

古泉『ええ。ただ、いつもと様子が違ったんですよ』

キョン「様子が違うってあの怪獣か」

古泉『はい。初めは膝を抱えて座っていまして、手の届く範囲だけを破壊していました』

キョン「それで?」

古泉『どこか壊すことに迷いがあるようでしたね。
    終始、動きもいつもより緩慢でしたし。仕事は楽なのでこちらとしては嬉しいのですが』

キョン「……」

古泉『それで、原因はなんですか?』

キョン「ネットの書き込みだ」

古泉『……あれを見てしまったのですか』

キョン「知ってたのか」

古泉『無論です。機関のほうでも存在は把握していました。
    ただ、涼宮さんのことですから、放置してもさほど問題はないと思ったのですが』

キョン「でも、あったんだよな」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:14:19.65 ID:BRg8LIGS0


古泉『涼宮さんも精神は普通の高校生だった……。認識の甘さが招いた結果ですね。
    申し訳ありません。あのサイトはなんとかして閉鎖させます』

キョン「それでもダメだろうな。もう見ちまったし」

古泉『それはそうですが……』

キョン「とにかく今後のことを考えて―――」

古泉『すいません。また発生したようなので、話は後日』

キョン「なに?」

古泉『あなたのほうで対策をいくつか考えてください。こちらも出来得る限りの手は尽くしてみますので』

キョン「わ、わかった」

朝比奈「ど、どうなったんですか?」

キョン「……結構、深刻みたいですね」

朝比奈「そ、そんなぁ」

キョン「……」

朝比奈「わ、私にできることってなにかないでしょうか?」

キョン「朝比奈さんに?」

朝比奈「は、はい。このままじゃ涼宮さん、じ、自殺しちゃうかも。
     テレビで裏サイトみた小学生が飛び降りした……
     そんなぁ……涼宮さんがぁ……うぅぅ……」ウルウル



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:20:11.19 ID:BRg8LIGS0


キョン「ああ、朝比奈さん、泣かないでください」

朝比奈「すずみやさんがぁ……しんじゃうぅ……」ポロポロ

キョン「あいつがそんな簡単に身投げするわけないじゃないですか」

朝比奈「ほんとぉ?」グスッ

キョン「俺が、保障します。だから、涙を拭いてください」

朝比奈「は、はい……チーン!!」

キョン「しかし、どうしましょうか」

朝比奈「時間移動して書き込みをなかったことにしましょう」

キョン「は?」

朝比奈「で、掲示板に涼宮さんを褒める書き込みで埋め尽くせば
     涼宮さんも元気になるんじゃないですか?!」

キョン「それはハルヒの自作自演に見えちゃいますよ」

朝比奈「な、なら、涼宮さんにパソコンを奪わせないように説得して、
     古泉くんをSOS団に入れないようにすれば」

キョン「あの頃のハルヒに説得なんてできませんよ」

朝比奈「キョンくぅん……どうしたら……」ウルウル

キョン「そうですね……」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:26:34.36 ID:BRg8LIGS0


朝比奈「どうして私ってこう……無力なんでしょうかぁ……はぁ……」

キョン(掲示板は古泉が閉鎖するとしてもまたどこかの掲示板で同じ書き込みはきっとされる)

キョン(2ちゃんねるだってあるし、万が一あそこに書き込まれたら
     流石の古泉も容易に閉鎖には追い込めないんじゃないか……?)

キョン「うーん……」

朝比奈「よ、よーし」

キョン「朝比奈さん?」

朝比奈「わ、私、直接訊いてみます」

キョン「な、なにを誰に?」

朝比奈「涼宮さんに直してほしいところをネットのひとに」

キョン「はい?」

朝比奈「ウザいとか死ねとか、そういうことが多いですから。
     涼宮さんに直して欲しいところを具体的に聞いてみないと」

キョン「しかし……効果があるとは……」

朝比奈「これぐらい、させてください」

キョン「朝比奈さん……」

朝比奈「き、きくだけなら、私でもできます……たぶん」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:33:04.04 ID:BRg8LIGS0


朝比奈「……いきます」

キョン「新しくスレッドを立てたほうがいいですね」

朝比奈「どうやって立てるんですか?」

キョン「ここをクリックして……」

朝比奈「は、はい……」カチッ

キョン「で、ここにスレッドのタイトルを入力してください」

朝比奈「えっとー……えっとー……」カタカタ


【ひれ伏せ】涼宮ハルヒに言いたいことあるかかってこんかい!!!【愚民ども】

1:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 18:03:05 ID:???0
こいや


朝比奈「どうですか?」ムフー

キョン「……作りなおしましょう」

朝比奈「ひぇ?!ど、どどどうしてですかぁ?!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:39:24.42 ID:BRg8LIGS0


涼宮ハルヒに直してほしいところを挙げていくスレ

1:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 18:03:05 ID:???0
なんかある?


キョン「これぐらいでいいんですよ」

朝比奈「はぁ、そうですか。てっきり涼宮さんっぽくしたほうがいいのかなぁって……」

キョン「とりあえず、待ってみましょうか」

朝比奈「あ、お茶いりますか?」

キョン「ええ、お願いします」

キョン(さて……どうなるか……)カチッ


2:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 18:04:51 ID:???0
死ね

3:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 18:05:01 ID:???0
ないよ、だから死んで

4:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 18:05:30 ID:???0
消えろカス


キョン「……」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:44:55.93 ID:BRg8LIGS0


朝比奈「キョンくん、どうですか?」

キョン「あまり、参考になりそうな意見はないですね」

朝比奈「そんな……」

キョン「今日はもう家に帰りましょう」

朝比奈「で、でも、キョンくん……」

キョン「とんでも空間は古泉に任せておけば問題はないですし、
     それに長くなりそうですから家でやってみます」

朝比奈「キョンくんがひとりで?」

キョン「はい。流石に見てみぬふりは出来ませんから」

朝比奈「ちょ、ちょっと待ってください!!」

キョン「朝比奈さん?」

朝比奈「えーと……えーと……」メモメモ

キョン「何をしてるんですか?」

朝比奈「わ、私も家から書き込みします!!」

キョン「朝比奈さん……」

朝比奈「アドレスメモしますから、もう少しまってください!!」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:49:30.16 ID:BRg8LIGS0


駅前

朝比奈「そ、それじゃあ、キョンくん!!頑張りましょうね!!」

キョン「ええ。朝比奈さん」

朝比奈「キョンくん!!私、がんばりますから!!」

キョン「はい」

朝比奈「キョンくん!!本気だから!!」

キョン「それは、はい」

朝比奈「キョンくん!!!私―――」

キョン「朝比奈さん……そろそろ……」

朝比奈「へ?」

「いいなー。あんな可愛い子に告白されてー」

「あの子、ちょーかわいい」

朝比奈「あ……。ご、ごめんなさい。それじゃあ、あとでねっ、キョンくん。まってますっ」タタタッ

キョン「は、はい」

キョン(可愛いなぁ……朝比奈さん……天使だ……)



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 20:54:39.40 ID:BRg8LIGS0


キョン宅

キョン「さてと……」ピッ

キョン「スレッドは……」


108:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:58:11 ID:???0
>>65
なにお前?本人?

109:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 18:58:18 ID:???0
>>65
涼宮乙死ね

110:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 18:58:21 ID:???0
>>65
涼宮まじ死ねよ


キョン「な、なんだ?伸びすぎだろ……。65に何が……?」


65:朝比奈みくる:2007/02/15(水) 18:45:28 ID:???0
お前ら!!涼宮に言いたいことがあるなら直接言えよ!!腰抜けども!!!


キョン「電話しないと!!!」ピピッ

妹「キョンくーん、はさみかしてー」ガチャ



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:06:20.77 ID:BRg8LIGS0


キョン「もしもし!?朝比奈さん!?」

朝比奈『あ、キョンくぅーん。まだ書き込みできませんか?』

キョン「65は朝比奈さんですよね!?」

朝比奈『はい。キョンくんも早く書き込んでください。私だけじゃ責められて……』

キョン「ダメですよ!!あんな喧嘩腰じゃ!!」

朝比奈『ひぇ!?でも、鶴屋さんがネットに書き込むときは強気でいけって……』

キョン「あの人の入れ知恵ですか。あんな口調じゃ、火にガソリンですから」

朝比奈『なら、どうしたら……』

キョン「いつも通りの口調で行きましょう。あと、名前も名無しに変えてください」

朝比奈『でも、それだと私だって分からなくなるんじゃぁ』

キョン「そんなことありません。朝比奈さんのことは分かりますよ。どんなときでも」

朝比奈『キョ……キョンくん……そんな……はずかしい……』

キョン「とにかく普段の口調でお願いしますね」

朝比奈『はい!!がんばりますっ!!』

キョン「……ふぅ。よし、うまくスレの雰囲気を変えて、ハルヒの悪いところをあぶりだすか」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:13:31.20 ID:BRg8LIGS0


妹「キョンくん、どうしたの?」

キョン「お前はもう寝なさい」

妹「まだ、はやぃ」

キョン「いいから」

妹「ぁーん」

キョン「よし……やるぞ……」カチッ


128:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:04:59 ID:???0
>>65
ハルヒしねー長門有希をよこせー

129:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:06:41 ID:???0
>>65
涼宮ハルヒの処刑まだー?チンチン

130:朝比奈みくる名無し:2007/02/15(水) 19:06:52 ID:???0
キョンくーん

131:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:07:00 ID:???0
涼宮ハルヒ本人が光臨したスレはここですか?


キョン(これ、朝比奈さんは無視したほうがいいか……?)



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:26:38.37 ID:BRg8LIGS0


136:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:08:54 ID:???0
よし。本人もいるみたいだし、直接言ってやろうぜ、お前ら!!

137:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:08:58 ID:???0
>>130
まだいるのかよ。はよ死ね涼宮

138:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:09:45 ID:???0
>>130
死ね、氏ねじゃなくて死ね

139:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:09:50 ID:???0
>>130
そろそろ転校するか自殺してくれませんか?

140:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:10:29 ID:???0
>>130
ようハルヒ。死んでくれ

141:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:11:09 ID:???0
>>130
キチガイパフォーマーさん、ちっすちっす

142:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:11:34 ID:???0
>>130
文芸部室で学校中の男と寝てるってマジですか?不潔ですので死んでください

143:朝比奈みくる名無し:2007/02/15(水) 19:12:10 ID:???0
キョンくんたすけて



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:31:51.56 ID:BRg8LIGS0


キョン「ちっ……まずいな……。朝比奈さんへの返信レスで埋まっちまうぞ……」カタカタ


144:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:12:41 ID:???0
>>143
キョンって誰?古泉くんのことか?。変なあだ名つけんなよ

145:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:13:27 ID:???0
>>143
おう、死ねよ。死んだら助かるぞ

146:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:14:44 ID:???0
お前ら。死ね死ね言うだけじゃあの涼宮ハルヒにダメージなんて与えられないぜ?
もっと具体的に言ったほうがいいって

147:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:15:30 ID:???0
>>143
ハルヒはオワコン

148:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:15:47 ID:???0
>>143
まだ死にませんか?あなたは学校の癌です

149:朝比奈みくる名無し:2007/02/15(水) 19:16:59 ID:???0
キョンくんどこですか?こわい

150:ゆきりん:2007/02/15(水) 19:17:00 ID:???0
>>146
貴方の言うとおり。これではいくら時間を浪費しても解決には結びつかない。



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:40:10.01 ID:BRg8LIGS0


キョン「これは……長門か?よし。流石、長門だぜ」


155:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:19:24 ID:???0
>>150
あ、ゆきりんさんちーっす

156:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:20:07 ID:???0
>>150
ゆきりん様。スレを温めておきました。

157:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:20:10 ID:???0
ゆきりん様がキター

158:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:21:12 ID:???0
ゆきりん様。今日は何をうpしてくれるんですか?

159:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:21:24 ID:???0
>>150
ゆきりん様。先日教えてくれたサイト、すぐにお気に入りに登録しました!!ありがとうございます!!

160:ゆきりん:2007/02/15(水) 19:22:00 ID:???0
今日は議論をしにきた。議題は涼宮ハルヒのこと。

161:朝比奈みくる名無し:2007/02/15(水) 19:22:02 ID:???0
キョンくーん


キョン「長門は神格化されてるのか……」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:41:23.75 ID:uFAjS+zo0


長門ワロタ



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:41:59.42 ID:DNIYAtYhI


ゆきりん神wwwww



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:42:45.85 ID:e1rPpONz0


ゆきりんは一体何をしたんだ…



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:44:04.84 ID:Kel5fdOy0


ゆきりん何をうpしたんだ



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:50:16.65 ID:BRg8LIGS0


162:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:23:18 ID:???0
お前ら、静かに!!ゆきりん様が議論しようって言ってるぞ!!

163:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:24:08 ID:???0
ゆきりん様は涼宮ハルヒのことどう思いますか?
男には色目使うし、自分かちょっと綺麗だからって調子に乗ってると思うんですよね!

164:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:26:01 ID:???0
ゆきりん様の力で涼宮ハルヒを退治できませんか?

165:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:26:23 ID:???0
ゆきりん様、あの害悪女を始末してくださいよぉー

167:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:26:56 ID:???0
ゆきりん、お前がいて安心したぜ

168:ゆきりん:2007/02/15(水) 19:27:00 ID:???0
>>167
これが務めだから。

169:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:27:52 ID:???0
涼宮ハルヒは嫌いです。俺のこと普通だから付き合えないとか抜かしやがったので。ゆきりん様みたいな人と付き合いたいです。

170:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:28:29 ID:???0
涼宮ハルヒは本当にウザい
頭いいからってみんなを見下してるし。男には媚売りまくってるし。ちょっと話しかけたら睨んでくるし。チョー最低
ゆきりん様の力でどうか天罰をお願いします



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 21:55:39.41 ID:BRg8LIGS0


キョン「よし。長門のおかげでどんどん意見が出てきてる。これなら、いけるかもしれないな」

ピリリリ

キョン「はい、もしもし」

朝比奈『キョンくん、どこー?!』

キョン「朝比奈さん?」

朝比奈『いつになったら書き込んでくれるの!?』

キョン「もう書き込んでますよ」

朝比奈『ひぇ!?そうなんですか?あ、もしかしてゆきりんさん?』

キョン「それは長門ですよ」

朝比奈『あー、そうなんですかぁ』

キョン「でも、これでハルヒの悪いところが分かりますね」

朝比奈『結局……長門さんか……』

キョン「朝比奈さん?」

朝比奈『あの……私、そろそろ眠くなっちゃったんで、寝ますね』

キョン「あ、朝比奈さん?!―――切れたか。元気なかったな……」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:03:18.54 ID:BRg8LIGS0


192:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:45:12 ID:???0
あとやっぱり古泉くんをこき使ってるところとか本当に腹が立つ

193:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:45:31 ID:???0
バニーの格好してさ、ホント男に飢えてるよあれ

194:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:46:21 ID:???0
涼宮は男と毎日寝てるだろ、アレ。俺も一回ぐらいだきてー

195:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:46:57 ID:???0
いっつも高圧的なんだよなぁ

196:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:47:32 ID:???0
挨拶しただけですっげー睨んでくるよな

197:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:48:55 ID:???0
>>196
あるある

198:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:49:33 ID:???0
あれは殆ど病気だろ
SOS団とか全員毎日カツアゲにあってるらしいし

199:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:50:47 ID:???0
朝比奈みくると長門有希がエンコーさせられてるってきいたよー

200:にょろーん:2007/02/15(水) 19:51:11 ID:???0
200ゲーット!!!




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:04:11.79 ID:A1qbLIiy0


何やってんすか鶴屋さん



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:05:01.34 ID:YJNufilE0


鶴屋△



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:06:34.20 ID:sPKLITnM0


鶴屋さんチーッス



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:07:37.89 ID:DNIYAtYhI


鶴屋さんwww



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:08:13.54 ID:4GtVC73gO


鶴屋さーんwwwwwwww



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:08:31.60 ID:e1rPpONz0


ちゅるやさん…



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:11:04.38 ID:BRg8LIGS0


201:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:52:17 ID:???0
>>199
マジかよ。人間じゃねーな

202:ゆきりん:2007/02/15(水) 19:53:00 ID:???0
それは偽り。

203:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:53:28 ID:???0
>>199
そんなことはしない。流石にな

204:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:54:15 ID:???0
なんか涼宮臭がする

205:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:55:39 ID:???0
>>203
くっせー

206:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:56:33 ID:???0
>>203は涼宮ハルヒのステマ

207:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 19:57:20 ID:???0
>>200
にょろーんアク禁とけたのかよ


キョン「まずいな……。ちょっと、気持ちが逸ったか」

キョン「長門に任せてみるか……いや……でも……」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:21:01.45 ID:BRg8LIGS0


210:ゆきりん:2007/02/15(水) 20:00:00 ID:???0
ここまでの情報の中にいくつか虚偽がある。
全ては各人が持つ涼宮ハルヒに対するイメージが作り出したもの。
それは主観的な情報。不確かな事象。確実性の高いもの以外は書き込まないで欲しい。

211:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:03:58 ID:???0
ゆきりん様は涼宮ハルヒの味方をするんですか?

212:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:04:28 ID:???0
もしかしてゆきりん様じゃないんじゃね?

213:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:06:41 ID:???0
ゆきりん様じゃないのかよ!!ふざけんな!!!

214:ゆきりん:2007/02/15(水) 20:07:00 ID:???0
私はゆきりん。

215:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:07:35 ID:???0
>>214
ならゆきりん様らしくうpしてくださいよー

216:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:08:19 ID:???0
ゆきりん様ならいつものうp

217:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:09:47 ID:???0
ゆきりん様のコテハン使うとか神に逆らうのと同義だからね

218:にょろーん:2007/02/15(水) 20:10:11 ID:???0
220ゲーット!!!



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:28:34.86 ID:BRg8LIGS0


220:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:11:42 ID:???0
>>214
ゆきりん様うp

221:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:12:21 ID:???0
ゆきりん様がうpすると聞いてすっとんできました

222:にょろーん:2007/02/15(水) 20:13:26 ID:???0
>>218
にょろ~ん

223:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:13:57 ID:???0
すまんが、ゆきりん様はいつもなにをうpしてんだ?

224:ゆきりん:2007/02/15(水) 20:14:00 ID:???0
>>223
zip。中身は首から下を写した画像。

225:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:15:45 ID:???0
>>223
新参はかえれ

226:にょろーん:2007/02/15(水) 20:16:33 ID:???0
>>222
あ、222ゲーット!!!

227:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:17:48 ID:???0
にょろーんうぜえ



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:35:19.17 ID:BRg8LIGS0


キョン「……もしもし」

長門『……』

キョン「お前、何やってんだ。こんなところで」

長門『喜緑江美里を写したものを放流しているだけ』

キョン「余計にダメだ」

長門『こうしないと信用を得ることができない』

キョン「でもダメだ。んなことするな」

長門『現状では不利。何も進展しない』

キョン「そうだが……」

長門『アップロードを推奨』

長門『……許可を』

キョン「……よし、やっちまえ。とは言わないぞ、長門。
     信用されなくてもいい。とにかくそういうのは無しだ」

長門『現状維持では何も解決しない』

キョン「するな。いいな?」

長門『わかった』



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:47:49.94 ID:BRg8LIGS0


240:ゆきりん:2007/02/15(水) 20:30:00 ID:???0
私はゆきりん。

241:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:32:22 ID:???0
解散

242:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:33:47 ID:???0
もうゆきりんのコテハンつかうんじゃねーよ、涼カスハルヒ

243:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:34:25 ID:???0
>>240
はいはいワロスワロス

244:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:35:08 ID:???0
死ね涼宮

245:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:36:12 ID:???0
糞スレですね

246:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:37:01 ID:???0
きっもー

247:にょろーん:2007/02/15(水) 20:37:33 ID:???0
にょロン!!タンヤオ!!なんちゃって

248:ゆきりん:2007/02/15(水) 20:38:00 ID:???0
お願い。信じて。私はゆきりん。


キョン「……やっぱ、だめか……さて、どうする……」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月) 22:55:02.99 ID:BRg8LIGS0


250:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:41:44 ID:???0
涼宮ハルヒのことなんだけどさぁ
一つ凄い情報あるよー

251:名無しがいたらあたしのとこまできなさい!:2007/02/15(水) 20:42:02 ID:???0
>>250
よし、聞こうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キョン「……何の用だ、古泉」

2013-03-17 19:46:28 | ハルヒ
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 21:26:09.65 ID:jQI5nMf90


古泉「何の用……と言われましても、買い物に来たとしか言いようがありませんね」

キョン「態々、俺の家の近くのコンビニに、か?」

古泉「僕もこの辺りに住んでいましてね。ここが最寄りのコンビニなんですよ」

キョン「……」

古泉「信じられませんか?」

キョン「当然。 お前が俺の前に姿を現すときは、総じてお前の長話を聞かされる羽目になるからな」

古泉「その僕に言葉をかけたということは、これから少しお時間頂いてもよろしいということでしょうか?」

キョン「どうせお前もそのつもりだったんだろうが」

古泉「……んっふ」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 21:36:36.94 ID:jQI5nMf90


公園

古泉「最近はめっきり寒くなりましたね。それこそ雪が降りそうなくらいに」

キョン「だったら早く用件を言え。こちらとら寝巻の上に適当にひっかけて来ただけなんだ」

古泉「では、単刀直入に言いましょう……閉鎖空間が発生しました。それも、昨日の夜にね」

キョン「……」

古泉「その様子なら、どうやら心当たりがおありになるようだ」

キョン「……どこまで知っている?」

古泉「昨日の昼、貴方の家に涼宮さんが訪ねてそのまま宿泊したところまではこちらで把握しています」

古泉「……ですがその間、貴方の家で何があったのかまでは分かりませんでした。
    どうやら強力なプロテクトが掛けられていたようでして……」

古泉「恐らくは、貴方との甘い時間を盗み見られることを恐れた涼宮さんの干渉があったものと思われます」

キョン「……閉鎖空間はどうなった?」

古泉「僕がこうして貴方と言葉を交えていることから分かる通りです。
    といっても、処理に丸1日を費やしてしまいましたが」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 21:46:05.43 ID:jQI5nMf90


キョン「それでなんだ? 俺にお小言でも言いに来たか」

古泉「滅相もない。何をしたか分からないものを
    しかりつけることなどできませんよ。疑わしきは罰せず、です」

キョン「……つまり、情報を提供しろってことか?」

古泉「それも違います。我々は涼宮さんの従者。主の秘密を覗くなど畏れ多いことはできませんよ」

キョン「いよいよ分からんな。じゃあ俺にどうしろと?」

古泉「その手荷物のお菓子から察するに、まだ涼宮さんがご在宅なのでは?」

キョン「……ああ」

古泉「何があったのかは聞きません。ですが、彼女も一介の女子高生なんです」

古泉「彼女に優しくしてあげてください。僕が言いたいことはそれだけです」

キョン「……言われんでも」

古泉「んっふ。……ではまた、年末のSOS団での旅行まで」

キョン「……ああ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 21:54:46.13 ID:jQI5nMf90


キョン宅

キョン(閉鎖空間か……そりゃできてもおかしくないだろうよ)

キョン(イブの夜、ハルヒは『明日は絶対自宅に居なさい!!』
     と此方の用件も聞かずに電話を切りやがった)

キョン(普段ならそれで驚きもしないし、怒りもしない。いつもの事だとため息を吐くだけで済んだのだ)

キョン(そう、その『明日がクリスマス』でなくて、『予定がない』のならな……)

キョン「……」ガチャ

ハルヒ「zzzz」

佐々木「zzzz」

キョン(お互いに毛布を取り合うようにして寝てやがる)

キョン「どうしてこうなった」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:02:29.10 ID:jQI5nMf90


12/18 キョン宅

キョン妹「きょんくーん!」バタン

キョン「こら、入る時はノックをしろと言ってるだろ」

キョン妹「ごめんなさーい。それより、でんわだよー?」

キョン「電話? 誰から?」

キョン妹「うーんとね、ささきさんって言ってたー」

キョン「……佐々木?」pi

キョン「もしもし?」

佐々木『やあ、随分と取次までの時間が長かったけど、また入浴中だったかな?』

キョン「いや、大丈夫だ。今日はどうした?」

佐々木『いや、そんな大した用じゃないよ。少なくとも、春先のような事にはならないから安心したまえ』

佐々木『今日電話したのはね、キミの1週間後の予定を伺いたいと思ったからなんだ』



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:14:50.31 ID:jQI5nMf90


キョン「1週間後……ていうと25日か?
     ああ。前日はSOS団のパーティーがあるが、その日はなにもないぞ?」

佐々木『……そうか。じゃあ、もしよかったらでいいんだが、
     その日の予定を僕が埋めてしまってもいいだろうか?』

キョン「それって、つまり……」

佐々木『ああ、クリスマスを1日中僕と共に過ごしてほしいんだ、キミにね』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キョン(一般の男子高校生なら、ここで甘ーいクリスマスナイトを妄想するだろう)

キョン(だが、現実は厳しい。いくら奇跡の夜だの、聖なる夜だの言われていても、
     結局妄想は妄想で、幻想の域を出ることはないのだ)

キョン(先ほどの佐々木の電話には続きがあったのだ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:30:58.40 ID:jQI5nMf90


佐々木『春先に、僕が告白されたということはキミに話したね? 実はそれに関することなんだが……』

佐々木『……まさか、あの後丁重にお断りしたさ。あまり話したことがない人とは付き合えないってね』

佐々木『その後も彼は諦めが悪くてね……何回も遊びに誘われて
     随分と断りの文句を考えるのに苦労したが……おっと、この話はおいておこう』

佐々木『で、だ。世間の恋人同士にとって格好のイベントであるクリスマスも、
     彼が見逃すはずがなくてね……しつこくお誘いを受けたのさ』

佐々木『無論、断ったさ。その日は同性の学友と女子会をする予定だったから……
     似合わないとはなんだ、失礼な』

佐々木『ではなんでキミに電話したかと言うとだ……
     そう、その女子会が中止になってしまったのさ。
     僕以外の女子が急に都合が悪くなったって言ってね』

佐々木『それをどこで嗅ぎつけたのか、
     向こうもそれを知って猛アピールしてきたのさ。予定がないならってね』

佐々木『今回ばかりは向こうも全く引く気がなくて……
     仕方ないから僕はもう他に予定を入れてしまったと嘘を吐いたのさ』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:45:08.89 ID:jQI5nMf90


キョン(それからも、その男は誰と会うんだ、
     どこに行くんだと食い下がったようで、なかなか断れなかったらしい)

キョン(最初はごまかしごまかし断っていたがそれも限界が来たらしく、
     最終的に俺の名前を出したことで相手は肩をおとし、引き下がったそうだ)

キョン(んなもん頬でも引っ叩いて断れば良かったろうにと思ったが、
     何でもその男は地元で著名な政治家の息子だったらしく、
     強い態度には出れないのだとかで……)

キョン(まあ、つまりだ。予定調和の相手として俺が選ばれたってことだ……
     悲しき哉、モテない男子高校生。こんなお誘いでも十分にうれしいのだ)

キョン(だが、そんな喜びもつかの間。
     電話を返した妹がとんぼ返りしてきたと思えば……以下、冒頭に戻る)

キョン(当日は佐々木がいることに、何故かハルヒはお冠だったからな。
     閉鎖空間もそのせいで発生したのだろう……まあ、なんていうか)

キョン「……やれやれだ」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:46:45.78 ID:jQI5nMf90


で、だ。今後の展開を
①シリアス
②ほのぼの
にしようか困ってるんだけど、どっちか一つ選んで
>>30  さん




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:48:04.99 ID:KzZweuIP0


2



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:48:10.41 ID:iklk86PP0






31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 22:55:18.89 ID:jQI5nMf90


ハルヒ「ん~……」グイ

佐々木「う、んん……」グイ

キョン「おいこら、互いに引っ張んな。布団が破れるだろうが」

キョン(寒いのか? もう少し毛布を出しておくか)

佐々木「……」スンスン

キョン「嗅ぐなよ。変な匂いでもすんのか?」

ハルヒ「……あぐあぐ」

キョン「ばっ……口に含むんじゃねぇ!!」パシーン

ハルヒ「いひゃっ?!」バッ

キョン「やべ、起こしちまった」

佐々木「ん……おや、キョン。何やら着込んでいるようだが外にでも行っていたのかい?」

キョン「ああ。ちょっと菓子を買い足しにな」ガサ



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:05:46.63 ID:jQI5nMf90


ハルヒ「くぉら! キョン!!あんた、団長様を叩いて放置するなんて随分偉くなったのね?!」

佐々木「涼宮さん、うるさいよ。妹ちゃんが起きたらどうするの」

キョン「ああ。ただでさえ2日間泊めてもらってるんだ。
     騒いだりしたら、うちの親に追い出されるかもしれないぞ?」

ハルヒ「そんなことないわよ。
     あんたのお母さんからは『いつまでいてもいいからね』って言質を取ってんのよ、こっちは」

佐々木「お世辞に決まってるだろう。
     僕なんか『キョンのお嫁に来てくれないかしら』って言われてるんだぞ?」

ハルヒ「……」

佐々木「……」

キョン「喧嘩してるなら菓子は一人で食っちまうぞ?」

佐々木ハルヒ「「いただくわ(よ)」」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:12:15.22 ID:jQI5nMf90


キョン「へいへい、素直が一番……」ピタ

佐々木「どうした? キョン」

ハルヒ「ポテチある? ポテチ?」

キョン「あ、あぁあ! ポテチな……ちょっと下まで取りにいくから待っててくれ!」

バタン

ハルヒ「……?」

佐々木(なんで袋まで一緒に持って行ったんだ? ここに置いて行けばいいのに)

佐々木「さて……」

ハルヒ「……どこに行くのよ」

佐々木「なに、花を摘みに行くだけさ」

バタン

ハルヒ「……?」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:16:15.67 ID:jQI5nMf90


リビング

キョン「……なんで、なんでだ?」

キョン(購入した覚えがないのに……なんでこんなものが……)

つ【近藤さん×20 1パック】

キョン「しかも、極薄タイプ……って、んなことはどうでも良い!」

キョン(ハルヒに袋渡す前に気付いてよかったぜ……)



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:22:24.93 ID:jQI5nMf90


長門・マンション

ガチャ

古泉「やあ、ただ今戻りました」

みくる「あ、おかえりなさーい」

長門「……お帰り」

橘「お帰りなさい。古泉さん」

九曜「―――――」

古泉「で、どうですか? 彼の様子は」

長門「袋の中身を確認後、リビングに向かった模様」

古泉「あの表情……ようやく気づいたようですね」

橘「あ、あれは古泉さんが仕込んだのですか?!」

古泉「考案したのは僕ですが、仕込み自体は長門さんにお願いしました。ね?」

長門「……」コク

みくる「それにしても、いいんですか? キョンくんのおうちを隠し撮りするなんて……」

古泉「ええ。仕掛けてあるカメラも仕事用にもともと取り付けてあるカメラですので」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:31:51.59 ID:jQI5nMf90


橘「そこに関してはこちらも何も言えないのです。
  我々の組織のほうでも佐々木さんやその他関係者の自宅にはカメラを取り付けてありますから」

みくる「でも、そのぅ……プライバシーの問題とかは……?」

橘「ご存知の通り、佐々木さんは特別な存在なんです。
  そうでなくても、あんなに可愛い佐々木さんですから、何があってもおかしくないのです」

橘「何かが起こる前にそれを未然に防ぐ。これも我々の仕事の内ですよ」

古泉「……本当に仕事で使っているかどうかは甚だ疑問ですがね」

橘「なっ?! 何言ってるんですか?! 如何わしいことになんか使ってませんから!!」

古泉「僕はなにも『如何わしい』ことなんて言ってませんけどね」

橘「~~~!! んんっ、もう!」

みくる「あれ? 佐々木さんも部屋を出たみたいですよ?」

橘「……トイレですかね?」

古泉「いえ……この方向に移動しているということは、恐らく……」

九曜「――――リビング」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:42:05.48 ID:jQI5nMf90


リビング前

佐々木(思わず、後をつけてきてしまったけど……)

キョン「――――?!」

佐々木(……やはり、あの袋に何か異変があったみたいだね)

佐々木(ここだと声が良く聞こえない……もう少し奥まで……)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キョン「どうすんだよこれ……」

キョン(部屋に置くのがベストなんだが、あの二人の前で隠すことなぞ無理に等しいし、
     隠せたとしても部屋を探しまわされたりしたら……)

キョン「……はあ。どこに隠そうかね、コレ」


佐々木(よし、この辺りならキョンの声が聞こえるな……それにしても『隠す』?
     どうやら、何か意図しないものが入っていたらしいね……ここは)

①……よし、問い詰めてみるか

②焦ってはいけない、まだ様子見だ

>>56




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:42:55.95 ID:e8PuY1xc0


2



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:43:12.02 ID:wvxm5PRV0






57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水) 23:49:52.38 ID:jQI5nMf90


佐々木(……よし、問い詰めてみるか)


キョン「くっ……迷ってる暇はない取り敢えずは……」

佐々木「どこに隠すんだい?」

キョン「うぇひゅわぃ?!」

佐々木「どうした? そんなにひどく驚いたりして」

キョン「さ、佐々木……どうしてここに?」

佐々木「いや、キミが出て行った後、花を摘みに行っていたらここからキミの声がしてね。
     気になって耳をたてさせてもらったよ」

キョン「……どこまで聞いていた?」

佐々木「うん? 『どうすんだこれ』あたりからかな?」

キョン(最悪だ……)

佐々木「で? ポテチを取りに行くのにお菓子の袋もろとも持っていくなんて
     不審な行動を見せてまで隠したいものとはなんなんだい?」

キョン(どうする……どうするよ、俺?!)



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:03:45.62 ID:UPXWaw0K0


長門マンション

古泉「おお、佐々木さんはどうやら聞き耳を立てるつもりみたいですね」

橘「普段は斜に構えてますけど、
  なんだかんだ言ってまだ高校生ですから……好奇心旺盛ってやつなのです!」

古泉「貴女がそれを言いますかね」

橘「む! なんですかその言いよう」

古泉「斜に構えているように見せながらも、大事な場面で何もできなかった貴方が
    言えた台詞ではないと思いましてね、何せ、見た目はどう見ても中学s」

橘「あのですね……幼く見られがちですが私だってもう みくる「禁則事項です!!」歳ですよ?!」

古泉「それはそれで……残念な女性ですね、貴女も」

橘「……古泉さんなんて、嫌いです」

長門「……目標、移動開始……彼に接近する」

古泉「おや、ここで一気に攻めますか……
    佐々木さんであれば待って彼が立ち去った後で隠し場所を確認すると思いましたが……」

九曜「人類は――――知的欲求―――が豊富―――」

橘「私たちみたいにですか?」

古泉「彼らが本当に『人』であるかどうかうかがわしい部分がありますけどね……」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:15:22.42 ID:UPXWaw0K0


キョン(……咄嗟に後ろ手に持ってしまったが)

佐々木「……キョン?」

キョン(……南無三。取り敢えずはケツのポケットに仕舞っとくか)スル

キョン「いやあ、大したものじゃないんだ。
     ただ、お前らに見せるのは俺の沽券に関わるというか、何というか……」

佐々木「? 別に僕はキミがそのお尻のポケットに仕舞ったものが何であろうと
     キミを軽蔑したりはしないさ」

キョン(Oh……ばれてらっしゃる)

佐々木「……それより、キミに隠し事をされる方がよほど辛いからね。
     ……どうしても教えてくれないのかい?」ジッ

キョン(……仕方ない、ここは)

①降参だ。素直に見せるしかないか……

②これを見せる訳にはいかんだろう。適当に嘘をついてごまかすか

>>67




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:17:21.31 ID:41L5sHLy0


1



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:17:25.89 ID:rbu6Ckqp0






70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:24:39.80 ID:UPXWaw0K0


キョン「……分かったよ、降参だ」

佐々木「話してくれるのかい?」

キョン「ああ。だがその前に、だ。これが何であろうと、
     俺が購入したものではないということを覚えていて欲しい」

佐々木「ああ。意図して買ったのならそんなに慌てないだろうしね……で、結局なんだったんだい?」

キョン「……これだ」スッ

佐々木「これは……」

つ【近藤さん×20 1パック】

佐々木「……」

キョン「……」

佐々木「えっ」

キョン「……すまん」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:27:50.89 ID:UPXWaw0K0


佐々木「た、確かにこれをあそこでお披露目するわけにはいかないね……」

キョン「ああ。……できればお前の眼にも触れさせたくはなかった」

佐々木「いや、僕は大丈夫だよ。これには耐性があるk キョン「おい、どういうことだ」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:38:09.32 ID:UPXWaw0K0


古泉「……本当にどういうことですか?」

みくる「慣れてるって……それってつまり……///」

長門「売春婦」

九曜「bitch」

橘「違います! そう言うことじゃないんですよ!!」

古泉「などと供述しており」

橘「……ふん!」ビシ

古泉「ぐふ……」

みくる「こ、古泉くん!!」

橘「そうじゃなくて! ほら、佐々木さんを付け回していた男がいたでしょう?!」

みくる「ああ、春先に佐々木さんに告白したっていう?」

橘「ええ、その男です。その男がセクハラまがいの事をしていまして……」

古泉「度々佐々木さんに迫っていたそうですよ。
    追っかけまわすだけならまだしも、あれを郵送したりとか、下駄箱にいれたりとか」イテテ

みくる「……捕まらないんですか、それ……」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:45:59.19 ID:UPXWaw0K0


キョン「……」

佐々木「……だから、気にしないでくれ」

キョン「そ、そうか」

佐々木「だが、これをどう処理するかが問題だね……流石に涼宮さんに見せる訳にもいかないだろう」

キョン「外までいって捨ててくるか?」

佐々木「そうだな……」

①それがいいかな

②取っておきたまえ

③なんなら、使ってみるかい?




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:46:49.65 ID:rbu6Ckqp0


安価は?とりあえず③



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:46:50.80 ID:qxlQv0xv0






81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:46:53.54 ID:QhUZtWsA0


3



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:47:58.35 ID:xrAXuDWw0


3



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:48:55.12 ID:41L5sHLy0


3しかないし安価するまでもなく3でよくね?



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:49:00.05 ID:7o8jGJ0k0


3



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:51:10.54 ID:8cOZ4yoZ0


3以外の選択肢が見えない



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:52:00.75 ID:UPXWaw0K0


佐々木「なんなら、使ってみるかい?」

キョン「……は?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

古泉「やっぱりビッチじゃないですか」

橘「……佐々木さん、どうしちゃったんですか?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

佐々木「……」

キョン「あのな、佐々木。冗談だとは思うがこういうのは好きあった者同士がな……」

佐々木「く、はははは……何をそんなに動揺しているんだい? キョン。冗談に決まってるじゃないか」

キョン「だ、だよな……ははh」

佐々木「……女は冗談で真実を語るものだけどね」

キョン「へ、何言っt」

バシュウ



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 00:57:49.74 ID:UPXWaw0K0


古泉「」

みくる「」

長門「」

九曜「―――2名の時間平面からの消失確認」

橘「……佐々木さん閉鎖空間内に、2体の生命体を確認しました」

古泉「え?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐々木の閉鎖空間

佐々木「キョン、起きてくれ」

キョン「ん……ここは?」

佐々木「キミは来たことがあるのだろう? ここは僕の閉鎖空間……らしいね」

キョン「」

佐々木「どうした?」

キョン「おまえ、服は?」

佐々木「その言葉、そのままキミに返してあげるよ」

キョン「……どうりで寒いと思ったぜ」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/27(木) 01:00:47.07 ID:UPXWaw0K0


佐々木「なに、だったら互いに温め合えばいいだろう」ピト

キョン「おい、佐々木」

佐々木「ふふ……昨日はクリスマスだのに、サンタからのプレゼントがなかったからな。だから」スッ

キョン「え、ちょ、近藤さんをはめて何を……あ」

佐々木「一日遅れのプレゼントを僕にくれないかい?」




ごめんなさい。ワロタワロタ どうしてこうなった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長門「寒い…あなたに密着したい」

2013-03-17 19:45:45 | ハルヒ



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/02(水) 03:54:57.98 ID:YAni8B4h0


長門「あなたの隣に座らせて欲しい」

キョン「隣にはハルヒが座ってるだろ」

長門「じゃあ反対側の隣に座らせて欲しい」

キョン「反対側は朝比奈さんが座ってるだろ」

長門「…膝の上に」

キョン「膝の上には国木田が座ってるだろ」

長門「…」

キョン「今日は我慢しろ」

長門「わかった」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハルヒ「キョンが来ると同時に何故か寝たふりをしてしまったわ」

2013-03-17 19:44:04 | ハルヒ
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:28:05.57 ID:GmA7iPrb0


コンコン、ガチャ

ハルヒ「!?」

キョン「あれ……ハルヒだけか」

ハルヒ「……」

キョン「どうした? 突っ伏して。何か気に食わないことでもあったのか?」

ハルヒ「……」

キョン「……寝てるのか? こりゃ珍しい」

ハルヒ(な、なに寝たふりしてるのよあたし! 完全に起きるタイミング失ったわ!)

キョン「よっと……しかし寒いな。電気ストーブもつけないで、風邪引くぞ。ハルヒのやつ」

ハルヒ(し、心配してるのかしら……そんなの無用よ! このあたしが風邪なんて引くわけないんだから)

キョン(……ふぅ~、温まる。それより、他のやつはどうしたんだ……なぜ誰も来ない)

ハルヒ(な、なんで急に黙るのよ! 何かしゃべりなさいよバカキョン!)



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:37:52.84 ID:GmA7iPrb0


キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン(もしかして今日の活動は中止だったか? しかし連絡は来ていないが……)パカッ

ハルヒ(携帯……見てる?)

キョン(まあいい。ここは古泉にメールでも送っておくか。今日は、来ない、のか?っと)ポチポチ

ハルヒ(誰かにメールしてるのかしら……。ああもう! 音だけじゃわからないわよ!)

キョン「送信……っと」

ハルヒ(!! 今送信って言ったわね! 間違いないわ! キョンのやつ、誰にメール送ったのかしら……)

ハルヒ(あたしの携帯は鳴ってないし……みくるちゃん? それとも有希? まさか知らない女とかじゃないでしょうねぇ……)

キョン「うぉ。古泉にしちゃ返信が早いな」

ハルヒ(あっ……なんだ、古泉くんね。って、古泉くんだからなんだってのよ。
    別にみくるちゃんだろうが有希だろうがあたしには関係ないじゃない)

キョン「……」ポチポチ

ハルヒ(そろそろ腕が痛くなってきたわね……)



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:48:20.25 ID:GmA7iPrb0


キョン(『あなた方以外の僕達3人は諸事情により本日は活動に参加できません。
    涼宮さんにはあなたの方から伝えていただけると幸いなのですが』か)

キョン(『わかった』と……)

キョン(しかしとんだ大役を任されたもんだ……)

ハルヒ「……」

キョン(これで俺はハルヒが起きるまで帰れないわけだ。いや……ハルヒの携帯に連絡を残しておくか?)

キョン「……」

キョン(ダメだ……。後で何を言われるか分かったもんじゃない。悲しきかな、予定も無けりゃ趣味も無い俺には適任ってことか)

キョン「はぁ……」

ハルヒ「……」

キョン(さて、何をしようか)

ハルヒ(もうさすがに腕が限界だわ! 自然に体勢を変えるのよ。キョンにバレないように、自然に……自然に……)

ハルヒ「んっ……」モゾッ



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 22:00:43.38 ID:GmA7iPrb0


キョン(む……ハルヒめ。不用心に寝顔を晒しおって。少しからかってやるか)

ハルヒ(なんとかいけたわね……。キョンも気づいてないはず)

キョン「……」スタスタ

ハルヒ(えっ!? キョ、キョンが近づいてきてる!? もしかしてバレたのかしら!?)

キョン(しかし何をしてやるか……。正直、日頃の恨みを挙げ連ねればキリがないほどなのだが、
    それを仕返しという形で表現するのもねちっこい気がして性に合わない)

ハルヒ「……」

ハルヒ(た、立ち止まってる……? 何をするつもりなのよ……ああもう! いっそのこと起きちゃおうかしら!)

ハルヒ(というかなんで寝たふりなんかしたのよ!! 数分前のあたしを説教してやりたいわ!!)

キョン「黙ってればまだ可愛げがあるんだがなあ……」ハァ

ハルヒ(いっ!? な、なに言ってんのよバカキョン!! というか失礼ね!!
    あたしはいついかなる時でも可愛げがあるわよ!!)

キョン(いかんいかん。何を呟いているんだ俺は。ハルヒが起きていたらとんでもないことになるところだった)



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 22:17:31.19 ID:GmA7iPrb0


キョン(結局なにも思い浮かばんな……)

ハルヒ(ったく……!!)

キョン(しかし、こいつ、恋愛は精神病だなどという迷言を残していながら、
    容姿だけはそれから逃れられない運命にあるものを持っていやがる)

キョン(いや、だからこそ恋愛は精神病だという結論に至ったのか……?
    自分の見た目に寄ってたかる男どもを真近で見てきたからこそ言えることなのかもしれない)

キョン(どちらにせよ、俺には程遠い次元の話ってことか。
    ……案外、こいつも俺の想像が行き届かないところで苦労しているのかもな)

キョン(たまには、労わってやるのもSOS団雑用係としては必要な仕事なのかもしれん)

キョン「……」

ハルヒ(なによ! また黙って! 何かしゃべりなさいよ!!)

キョン(よく見れば身体も小さい。態度がでかすぎるせいで感じなかったが、こうしてみると分かることもある)

キョン「なあ、ハルヒ……」

ハルヒ(な、なによ……独り言? よね?)

キョン「お前、黙ってた方がよっぽど素直なんじゃないのか?」

ハルヒ(はぁ? どういう意味よ……黙ってた方が素直?
    しゃべらないでどうやって素直になるってのよ)



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 22:25:23.38 ID:GmA7iPrb0


キョン(……まあ、ただ俺が勝手に想像しているだけなんだが)

キョン(しかし、あながち間違っていないような気もする)

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン(とりあえず、風邪を引かないように、俺の上着でもかけておいてやるか)

キョン「最近、風邪が流行っているらしいからなぁ」ファサ

ハルヒ「!?」

ハルヒ(な、なに!? キョンの匂い……じゃなくて!! あったか……これ、キョンのコート!?)

キョン「頼むぜ、団長さんよ。お前に風邪引かれちゃあ、俺は休日に何をすればいいか分からなくなるんだ」

ハルヒ(なっ……!!)カァァ

ハルヒ(なっ、なに恥ずかしいこと言ってんのよバカキョン!! こっちまで恥ずかしくなるじゃない!!)

キョン(って、何言ってんだ俺……。はぁ……ハルヒが黙ってれば素直になるのは、俺の方じゃないか。みっともない)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 22:44:34.79 ID:GmA7iPrb0


ハルヒ(……な、なによ、キョンのやつ)

ハルヒ(普段絶対言わないようなこと、ペラペラと……)

ハルヒ(でも、数分前のあたしに説教してやる!って言ってた数分前のあたしに、説教してやりたい気分ね)

ハルヒ(ややこしいけど……)

キョン(とりあえず、一回落ち着くためにお茶でも淹れるか……)

キョン「はぁ、朝比奈さんのお茶が恋しい」コポコポ

ハルヒ「」ピクッ

ハルヒ(はぁぁ? なんでそこで急にみくるちゃんが出てくるわけ?
    ああ、もう! エロキョンがどんな顔してるのか容易に想像できてイライラするわ!
    どーせみっともなく鼻の下伸ばして気持ち悪いこと考えてるんでしょ? ったく!!
    みくるちゃんみくるちゃんって、そんなにみくるちゃんが好きならさっさと告白でもなんでもすればいいのよ!
    それであっさり振られてもほっといてやるのよ! ふふっ! いい気味ね!)

キョン「ふぅ……」ズズー

キョン「やはりあの人の味には敵わないな……。今度淹れ方でも教えて貰おうか」

ハルヒ(まーたみくるちゃんか……はぁ……なんでこんなに惨めな気持ちになるのかしら……)



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 23:05:29.42 ID:GmA7iPrb0


キョン「……詰め将棋でもやるか」

キョン「よっと」

30分後

パチンッ

キョン「王手っと……ふぅ。暇潰しにはなったな」

ハルヒ(……長すぎるのよ! 何回起きようと思ったか!! 少しはあたしの気持ち考えなさいよ!! 無理でしょうけど!!)

キョン「というか、ハルヒのやつ随分と熟睡してるな……。一度体勢変えたきり動かないし、こりゃ思ったより長丁場になりそうだ……」

ハルヒ(動けないのよバカキョン!! はぁ……ほんとに何してるのかしらあたし。
    もっかいキョンの口から何か聞けるかもなんて、変な期待して……って、してないわよそんなの!!)

ハルヒ(なんかすごい疲れた……もうほんとに起きようかしら……)

キョン(……ちょっとトイレでも行ってくるか)

スタスタ、ガチャ

ハルヒ(あ、あれ……? キョン出て行った? ま、まさかこのあたしを置いて帰ったんじゃないでしょうねぇ!?)

ハルヒ(そーっと……そーっと……)チラッ

ハルヒ「……ま、まだ鞄あるわね。というかあたしにコートかけっぱなしだし。トイレか何かねきっと」

ハルヒ「ふぅー、それにしても身体が痛いわ。いっそのことこのまま起きてようかしら。……そうね。そうしましょう!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 23:29:49.84 ID:GmA7iPrb0


廊下

キョン(ふぅ……部室が大分あったまっていたから、外の空気が新鮮に感じるな)

キョン(ちょうどいい冷たさというか……。そういえば、あいつらの諸事情とは一体なんなんだ)

キョン(機関と未来の勢力と思念体が仲良く鍋でも囲んでるのか? ハルヒの異常が見られないのに、一堂に会する理由はなんだ?)

キョン(まあ……それぞれが別の用事って線も無いわけではないが……)

鶴屋「おやおやキョンくん! 窓の外見ながら憂いを帯びちゃって、どうしたんだい? 役者さんっさ!」

キョン「からかわないで下さいよ……。少し考え事をしていただけです。鶴屋さんこそ、どうしてこんな時間まで?」

鶴屋「みくるが予定あるってすぐ帰っちゃったから暇でね~」

キョン「校内探索ですか?」

鶴屋「何か面白いものに出会える気がしてたんだけど、どうやら間違ってなかったみたいだね!」

キョン「別に俺は面白いことなんて起こせませんよ?」

鶴屋「どうかな~? 鶴屋さんにはビビッとくるものがあるんだけど」

キョン「きっと気のせいだと思いますけど……あっ、でも」

鶴屋「んっ!? なになに!?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 23:44:03.57 ID:GmA7iPrb0


キョン「今、部室でハルヒが寝てるんですよ」

鶴屋「ハルにゃんが!?」

キョン「そうなんです。それで、ハルヒが起きるまで俺も帰れなくて困ってるんです」

鶴屋「へぇ~、古泉くんや有希っこはどうしてるのかな?」

キョン「それが、朝比奈さんと同じで何か予定があるらしくて、今日は来てないんですよ」

鶴屋「むむむっ!? っということは、今日はハルにゃんとキョンくんの二人だけってことかい!?」

キョン「ええ、まあ……そういうことになりますかね」

鶴屋「最高に面白そうにょろ……そこに鶴屋さんがお邪魔しちゃってもいいのかな!?」

キョン「というか、来てくれた方が助かりますね。本当に暇なんで……」

鶴屋「ま、任せるっさ!! 暇なんてお姉さんが綺麗に背負い投げしちゃうよ!!」

キョン「頼もしいです。じゃあ行きますか?」

鶴屋「当たり前っさ!!」タッタッタッ

キョン「あっ! ちょっと!!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 23:55:56.89 ID:GmA7iPrb0


部室

ハルヒ「キョンが帰ってきたらなんて言おうかしら……とりあえずコートのお礼と……いえ、でも」

ハルヒ「まずはどこに行っていたのかを問いただして、それからコートのお礼を……いやでも」

ハルヒ「とりあえずお茶を淹れて貰って、一旦落ち着いてからコートのお礼を」

鶴屋「到着っさ!!」ガチャ

ハルヒ「えっ?」

鶴屋「んっ?」
ハルヒ「……えっ?」

鶴屋「……ハルにゃ」

ハルヒ「!!」ガバッ
鶴屋「ありゃ? ……寝ちゃった」

キョン「ちょ、ちょっと鶴屋さん、早すぎますって……」ゼェゼェ

鶴屋「あっ、キョンくん……ハルにゃんが」

キョン「やっぱり、ハルヒのやつまだ寝てますね……。って、コートがずり落ちてるな。体勢変わってるしその時か……」

ハルヒ「……」

鶴屋「ん~……?」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 00:14:56.72 ID:fS3wq9e60


キョン「これでよし……っと」ファサ

鶴屋「ハルにゃーん? 寝てるにょろー?」ペチペチ

ハルヒ「……」

キョン「ちょ、ちょっと! 鶴屋さん! そんなことしたら起きますよ」

鶴屋「でもさっき……」

キョン「確かにハルヒが起きるまで帰れないので困っているとは言いましたけど、無理矢理起こすのは違うと思うんです。
    別に、俺は待つのは苦じゃないですから、それくらいの覚悟はできてるつもりです」

鶴屋「でも」

キョン「そっとしておいてやりましょう。多分、昨日夜更かしでもしたんだと思います。
    本当にずっと寝てますから」

鶴屋「……わ、わかったっさ」

ハルヒ「……」

キョン「あっ、お茶でも淹れますよ。座って待っていて下さい」

鶴屋(ハルにゃん、絶対起きてるにょろ……。さすがにお姉さんの目じゃなくてもバレバレっさ)

ハルヒ(やってしまったわ……鶴ちゃんと完全に目が合ったのになにしてんのあたし……こんなことしたら、もう絶対起き上がれないじゃない。
    というかここまできたらキョンも気づきなさいよ。どんだけ惨めなのよ……)



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 00:40:15.54 ID:fS3wq9e60


鶴屋(疑問なのは、ハルにゃんが寝たふりをする理由だね……一体なんの意味があるのか謎だけど)

鶴屋(何もなしに、ハルにゃんが意味の無いことをするとは思えないっさ……)

鶴屋(今日はキョンくんと二人きり……だから?)

鶴屋(寝たふりをすることでどうなるのかな……? う~ん……)

キョン「それにしても、ハルヒが寝ていると平和ですよね」

鶴屋「んっ? そ、そうかな? ハルにゃん、元気一杯で見てて楽しいよ!」

キョン「それもありますけど……同じくらい迷惑もかけていると思うんです。
    映画撮影の時なんかは、鶴屋さんにもお世話になって」

鶴屋「あっはっは! キョンくん、なんだかハルにゃんの保護者さんみたいだね!」

キョン「たまに自分でも思うんですよ。自惚れてる訳じゃないですけど。
    俺があいつの行動をある程度セーブしてやらないと、多分大変だろうって」

鶴屋「……なんだか随分素直なキョンくんっさ」

キョン「一つ言えることは、ハルヒが寝てるからこそですよ……。起きてたら絶対言えませんこんなこと」

鶴屋「なるほど……あっ! なるほど! めがっさ納得にょろ!」

キョン「えっ? どうかしましたか?」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 01:05:35.09 ID:fS3wq9e60


鶴屋「ううん! でもわかるっさ。みくるなんかも、あたしがいなきゃ! って思うことあるもんね」

キョン「お二人は見ていて本当に和みますよ。お互いを支え合っているというか」

鶴屋「おやおやキョンくん! お姉さん方を見て微笑むなんて危ない香りがするよ!」

キョン「和むって言ってるんです! 俺が変態みたいじゃないですか……。
    まあ、年上の方を見て和むってのも失礼な感じはしますが……」

鶴屋「そんなことないっさ! みくるなんかは、和まない方がおかしいってね!」

キョン「確かに、朝比奈さんは反則です……。でも、鶴屋さんも魅力的だと思います」

鶴屋「おっとキョンくん! お姉さんをからかっても何もでないよ~?」

キョン「悔しいですね。鶴屋さんの新たな一面を見られると思ったんですが」

鶴屋「ふっふっふっ! それにしても、キョンくんがハルにゃんに対してそんなこと思ってたなんてびっくりだね」

キョン「なんだかんだ言って、俺もあいつのおかげで高校生活が成り立ってるようなもんですからね……。
    きっとハルヒが居ないと、毎日谷口や国木田とダラダラ日々を過ごすだけでしたよ。
    それも悪くはないんですけど、ハルヒがいる楽しさにはやっぱり勝てないと言うか……って、喋りすぎですね俺」

鶴屋「うんうん、素晴らしいっさ!」ニヤニヤ

鶴屋(ハルにゃん耳まで真っ赤っ赤にょろ……ぷふっ、わかりやす過ぎて面白いっさ!)



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 01:32:56.26 ID:fS3wq9e60


鶴屋「そんなキョンくんに一つ聞いてもいいかい?」

キョン「なんですか?」

鶴屋「ズバリ! キョンくんの恋愛思考について!」

ハルヒ「!?」ピクッ

キョン「ちょ、それはまずいですって……」

鶴屋「平気平気~、ハルにゃんだって、”熟睡”してるんだから! それに、あたしも誰にも言わないよっ!」

キョン「じゃあ聞いても意味が無いと思うんですが……」

鶴屋「個人的な興味ってやつ? あっ、でもそういう意味じゃないからね!」

キョン「そ、そうですか……」

ハルヒ(なにあからさまにガッカリした声出してるのよ!!
    鶴ちゃんは魅力的だとか、そりゃ確かにそうだけど、あんたなんかの手が届く人じゃないのっ!!)

鶴屋「キョンくんってそんな話多分ほとんどしてなさそうだから、聞ける時に聞いちゃおう!って魂胆っさ」

キョン「確かにあまりしませんね……」

鶴屋「この機会に吐いちゃうのも、スッキリすると思うなっ!」

キョン「そんなもんなんですかね……?」

鶴屋「間違いないっさ」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 01:52:32.24 ID:fS3wq9e60


鶴屋「キョンくんの好みのタイプを聞いちゃおう!」

キョン「好みのタイプですか……。少し違うかもしれませんが、ポニーテールが好きですね……」

鶴屋「へぇ~、こんな感じ?」キュッ
キョン「お、おぉっ!!」

鶴屋「手でまとめただけだけどね」

キョン「ありがとうございます! ありがとうございます!」

鶴屋「あははっ! 大袈裟すぎるっさ!」

ハルヒ(ふんっ、なによ……)

鶴屋「ポニーテールなら、ハルにゃんも似合いそうだね~」

キョン「うっ……実は、ハルヒがポニーテールにして登校してきたことがあったんですよ」

ハルヒ「……」

鶴屋「キョンくん的には、どんな感じだった?」

キョン「正直言って、たまりませんでした……。髪は短かったんですけど、やっぱり俺はポニーテールが好きだと改めて実感させられましたね」

鶴屋「ふ~ん、へぇ~、そっかそっか!」ニヨニヨ

ハルヒ(くぅぅ……! なに言ってくれちゃってんのよバカキョン!! ダメ、絶対顔あげられない……あ~もう!)

鶴屋「ぷくくっ!」フルフル



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 15:17:01.57 ID:fS3wq9e60


鶴屋「じゃあ、SOS団の中で付き合うならハルにゃんってことになるのかな?」

ハルヒ「……」ドキッ

キョン「な、なんでそうなるんですか」

鶴屋「おや? だって、ポニーテールが好きなキョンくんはハルにゃんのポニーテール姿にときめいたんじゃなかったのかい?」

キョン「確かにそれは事実としてありますけど、付き合うとかそういう話とはまた別の話ですよ……」

鶴屋「ほんとに~? 全く持って影響しないと言い切れるにょろ?」

キョン「うぐっ……と、とにかくその話は無しですよ無し!」

鶴屋「話題流したっさ! 必死なのがバレバレにょろ」

キョン「ずるいですよ……鶴屋さん」

鶴屋「ふふふっ!」

ハルヒ「……」ドキドキドキドキ

キョン「はぁ……ハルヒが寝ていて本当に良かった」

鶴屋「ぷくくっ!」



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 15:41:50.53 ID:fS3wq9e60


キョン「大体、容姿だけで付き合いを決められるような関係じゃないですよもう」

鶴屋「ん? どういうこと?」

キョン「例えば、俺が朝比奈さんがただ可愛らしいからってだけで告白なんてしたら、
    即座に鶴屋さんに腕を掴まれて、気づいた時には空を仰いで背中を強打してるでしょう。
    そしてハルヒには笑われ、朝比奈さんには避けられ、長門からは冷たい視線が刺さり、古泉の顔の距離が近づくんですよ。
    そんなの、とてもじゃないが耐えられん」

鶴屋「あははっ! 的を射ているっさ!」

キョン「だから正直なところ、SOS団の中で誰と付き合いたいか、と聞かれても返答に困ります」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 15:42:37.88 ID:fS3wq9e60


鶴屋「でもでも、性格を加味した上で、なら答えられるよねっ!」

キョン「それこそ無理ですよ」

鶴屋「どうして?」

キョン「最低なこと言いますけど、優劣を付けられないからです。
    長門とは長門との接し方があって、朝比奈さんやハルヒだってそうですよ。
    そのどれをとっても、俺は満足してしまうんです」

鶴屋「わ~ぉ、浮気男にょろ……」ヒキッ

キョン「だから! 恋愛とかそんなのは、俺とは無縁の話だってことにするしかないんですよ!
    もしするとしたら、俺には、無理矢理でもいいんで『付き合っている』という形を作ることが必要なんじゃないかと」

鶴屋「そうすると、絶対に裏切らない自信があるってこと?」

キョン「まあ、そうですね……」

鶴屋「へぇ~、つまり、キョンくんは早い者勝ちってことらしいにょろよ~!」

ハルヒ「……」

キョン「誰に言ってるんですか……」



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 16:08:02.74 ID:fS3wq9e60


キョン「その前に、俺なんかを競ってくれるやつなんていないですよ。そんなやつは、よっぽどの変人か、何かの罰ゲームをさせられているに違いない」

鶴屋(あながち間違いじゃないのが恐ろしいっさ……)
キョン「そういう意味で、俺には縁遠い話なんで……」

鶴屋「どうかな~? なんならお姉さんが貰っちゃおうかな?」

ハルヒ「」ピクッ
キョン「な、何を」

鶴屋「あははっ! 早い者勝ちっさ!」
キョン「いっ、いやいや、やめて下さいよ! 思春期の男にはキツすぎますってその冗談は」

鶴屋「ん~? 冗談じゃないって言ったらどうするの?」
キョン「えっ……ちょっ、ちょっと待って下さい」

キョン(なんだこれは……何が起こってる? 俺は今告白されようとしているのか? あの鶴屋さんに?
    いやいや待て待て落ち着け。常識的にあり得ない。
    そんなことは天と地がひっくり返って地球の自転が止まっちまうより非現実的なことだろう。
    あのハルヒだって、さすがにそんなことはしない。つまりこれは夢……まさか、閉鎖空間か!?)

鶴屋「あっはは! キョンくん本気にしすぎっさ! ぷふっ! あははっ! あっははははは!」

キョン「え? ……え?」

鶴屋「じょ、冗談にょろ! あっ、あっははは!」ジタバタ

キョン「…………誰か俺を遥か遠い海岸線にでも埋めてくれ。頼む……なんだってする。全財産? そんなもの、前払いで受け渡すさ」
鶴屋「いーひっひ! ご、ごめんごめん! やりすぎたにょろ! ぷっくく!」
キョン「旅にでよう……」ズーン



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 16:30:46.25 ID:fS3wq9e60


ハルヒ(ふ……ふんっ! そんなの冗談に決まってるじゃない! 引っかかるなんて、ほんっと、バカキョンね!
    それなのに真剣に考えちゃって! あ~あ! 全く持って時間の無駄よ!
    大体、本気で鶴ちゃんみたいな子が、キョンのこと好きになるとでも思ったのかしr)

鶴屋「ま、本当は冗談じゃないかもね……」ボソッ

ハルヒ(へっ……? えっ? つ、鶴ちゃん、今……い、いえ! きっと聞き間違いだわ!
    鶴ちゃんがあのキョンなんかを好きなわけないじゃない!
    あ、あり得ないわよ! うんっ! と、というかそんなの……)

鶴屋(ハルにゃんバッチリ動揺してるっさ……ぷくくっ!
   偶然だけどみくるの席に座っていて正解だったみたいだね!
   ちょっと身体傾ければ、ハルにゃんにしか声が聞こえない絶妙なポジションっさ!)

キョン「もう、そういう冗談はやめて下さい……身も心も持ちませんよ」

鶴屋「ごめんねっ! 仕返しのつもりだったけど、まさかこんなに効くとは思わなくってさ!」

キョン「はぁ……」

鶴屋「それにしても、ハルにゃん起きないねー」

キョン「いつまで寝てるんだか……。よっぽど面白いテレビ番組でもあったんでしょう」

鶴屋「ん~、でもなんか、寝てるハルにゃんも可愛いっさ!」スタッ

キョン「ちょっ、なにするつもりなんですか?」



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 16:37:52.93 ID:fS3wq9e60


鶴屋「いやぁ~、こう……普段できないようなことを今のうちにね~」

キョン「ふ、普段できないようなこと……?」

鶴屋「ハルにゃ~ん」ナデナデ

キョン「あ、なるほど……」

ハルヒ(ちょっ、なによっ! 人を子どもみたいに!)

鶴屋「ほらほら、キョンくんもっ!」

ハルヒ「!?」ビクッ

キョン「いっ!? いやいや、俺はいいですって! これはさすがにバレたら奢りなんかじゃ済まん!」

鶴屋「大丈夫! ハルにゃんぜっっったい起きないから! お姉さんが保証するっさ!」

キョン「どっからくるんですかその自信は……」

鶴屋「ほらほら! 早くするにょろ! ほら!」グイグイ

キョン「わ、わかりましたよ……」

キョン「……」ゴクリ



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 16:43:55.63 ID:fS3wq9e60


キョン「……」ソーッ

ハルヒ「……」ドキドキ

キョン「ハ、ハルヒ~」ナデナデ

ハルヒ「んっ」

キョン「!?」バッ

鶴屋「ちょっと! なんでやめちゃうにょろ!?」

キョン「い、いやいや! 今聞いたでしょう!? 喋ったんですよこいつが!!」

鶴屋「そんなのただの寝言っさ! ほらほらもっと!」

キョン「む、無理ですって! 次やったら絶対起きますよこれ!! なんか身体ビクッて震えてましたし!」

鶴屋「気のせいっさ! 次こそ大丈夫にょろ!! ほら早くしないと!!」

キョン「くっ! こうなったらもうどうなっても知らん! ええいままよ!」

キョン「……ハ、ハルヒ~」ソーッ



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 16:55:40.56 ID:fS3wq9e60


ハルヒ「や、やめなさいよ!!」ガバッ

キョン「うおっ!?」

鶴屋「ありゃ」

ハルヒ「な、なにしてんのよバカキョンエロキョンアホキョン!!」

キョン「い、いやっ! ちがっ! これはだな!」

ハルヒ「人の寝込み襲おうってわけ!? さいってい!! 寒気がするわ!!」

キョン「ちょ、落ち着け!! だからこれは」

ハルヒ「何が違うっての!? あたしの頭撫でようとしてたんでしょ!? 言い訳無用よ!!」

キョン「つ、鶴屋さん!! 助けて下さいよ!!」

鶴屋「ハルにゃん、おはようっさ! よく眠れたかい?」

ハルヒ「眠れるわけないでしょ!? 大体ねぇ! 
    わざわざキョンに恥ずかしいこと言わせようとして誘導してるのバレバレなんだから!!
    早い者勝ちとかなによ!? いーくーらー鶴ちゃんでも! 今回ばかりh」

キョン「ちょっと待て……。ちょっと待て」

ハルヒ「あっ……」

鶴屋「ぷっ、ぷくくっ!!」フルフル



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 19:53:41.73 ID:fS3wq9e60


キョン「おいハルヒ……お前今何て言った……」

ハルヒ「い、いや……」

キョン「俺の聞き間違いじゃなければ、お前が知り得ないはずの情報を口走ったような気がするんだが……」

ハルヒ「え、えっと」

キョン「おかしいよな……お前は”熟睡”してたはずなのに」

ハルヒ「そ、そうよ! あ、あたしはずっと」

キョン「いつから起きてた」

ハルヒ「……」

キョン「いつから起きてた」

ハルヒ「……」

鶴屋「多分ずーっと最初からっさ」

ハルヒ「ちょっと!?」

キョン「最悪だ……」



369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:01:25.61 ID:fS3wq9e60


キョン「お前、何がしたいんだよ……」

ハルヒ「キョ、キョンだってあたしの頭勝手に撫でようとしたじゃない!
    お、おあいこよおあいこ!!」

キョン「……」

ハルヒ「うぐっ……」

キョン「……」

ハルヒ「わ、わかったわよ……悪かったわよ。ずっと起きてたわ」

キョン「……はぁ。なぜそんなことをしたんだ? 俺に恥をかかせるのが目的か?」

ハルヒ「ち、違うわよ!」

キョン「じゃあ目的はなんなんだ。残念だが、俺には皆目見当もつかん」

ハルヒ「そ、それは……」

鶴屋(なんかあたしも罪悪感がものすごいにょろ)



371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:07:15.71 ID:fS3wq9e60


ハルヒ「うっ……」

キョン「言えないような理由なのか?」

鶴屋(素直なキョンくんの言葉が聞きたかったなんて、ハルにゃんに言えるわけないっさ)

ハルヒ「……」フルフル

キョン「……やれやれ。わかった。許してやる」

ハルヒ「えっ?」

鶴屋「えっ?」

キョン「ただし、一つだけ条件がある」

ハルヒ「な、なに……?」

キョン「俺が今日、ここで鶴屋さんに聞かれて答えた質問に、ハルヒも一言一句偽りなく答えてもらう」

ハルヒ「いっ!? はぁ!?」

キョン「当然だ! 公平性を得るためだ! 俺だけに恥をかかせやがって!」

ハルヒ「い、嫌よ! 絶対嫌! そんなのただの罰ゲームじゃない!!」



375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:15:20.89 ID:fS3wq9e60


キョン「問答無用。拒否権は無しだ。答えないってんなら、金輪際俺がお前を許すことはない」

ハルヒ「なっ……!」

キョン「では一つ目、ハルヒの好きなタイプだ」

ハルヒ「……そ、そんなのないわよ!」

キョン「その答えで俺が納得するとでも?」

ハルヒ「わ、わかった! 不思議な奴! 不思議な奴ね!」

キョン「とってつけたような解答は無効とする」

ハルヒ「な、なによそれ! ずるいわよ! 卑怯なキョン! 略して卑キョン!」

キョン「うるさい」



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:25:12.15 ID:fS3wq9e60


キョン「さあもう逃げられんぞ! 正直に答えろ!」

ハルヒ「くぅぅ……! 屈辱だわ……!」

鶴屋「ハルにゃん、正直に答えた方がいいっさ。キョンくん本気っぽいし」

キョン「あ、ちなみに鶴屋さんはこのことを朝比奈さんに報告させてもらうんで」

鶴屋「え゛っ」

キョン「あの人なら『当分口聞いてあげませんっ!』とか言ってくれそうですね」

鶴屋「や、やめて! それだけはダメっさ! ごめんよキョンくん~!」

キョン「さあハルヒ、どうした」

ハルヒ「うぅぅ…………あ~もうはいはい! 言えばいいんでしょ言えば!」

キョン「ああ」

ハルヒ「わかったわよ!! あたしのタイプは行動にいちいち文句言う理屈っぽい面もあるけど優しいやつ!! はい終わり!!」

キョン「……いやに具体的だな」



390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:40:14.21 ID:fS3wq9e60


キョン「まあいい、じゃあ次だ」

ハルヒ「まだあるのね……」

キョン「SOS団の中で付き合うなら誰だ?」

ハルヒ「!? そ、そんなの言えるわけないじゃない!! 第一、団長として示しがつかないわ!!」

キョン「なーに、俺も鶴屋さんも口外しないし、俺なんて団の中で一番の下っ端じゃないか」

ハルヒ「で、でも……!! っていうか、その質問にはキョンも答えてないじゃない!!
    何よ優劣つけられないって、ただの欲張りよ!」

キョン「答えてないとは心外だな。具体性がないのは、質問に対して素直に答えた結果だ。誤魔化しでは断じてない」

ハルヒ「は、はぁ!?」

キョン「いいさ、ハルヒも俺と古泉どちらとも付き合いたいならそう言えばいい。それが本心であればの話だがな」

ハルヒ「そ、そんなの……!!」

キョン「どうなんだ? 本心なのか?」



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:51:44.10 ID:fS3wq9e60


鶴屋「キョンくん、いつもより中々厳しいっさ……」

キョン「自暴自棄ですよ……。あんな恥ずかしい思いをした後に、冷静でいられるほど出来た人間じゃないので」

鶴屋「な、なるほど……納得にょろ」
ハルヒ「……ョン!!」

キョン「ん?」

ハルヒ「だ、だから!! 付き合うならキョンって言ってんの!!」

キョン「……は?」

ハルヒ「まだ言わせる気!?」カァァ

キョン「ま、待て待て! 俺はてっきり古泉かと……だってそうだろ?
    あいつはベラベラと長ったらしい理屈をこねるし、ハルヒの行動に対してはなんでもオーケーの」

ハルヒ「か、勘違いするんじゃないわよ!! 古泉くんと付き合ったら、色んな子から嫉妬されそうで面倒そうなだけ!!
    その分? あんたは? まっっったく!! そういうの無さそうだし!!」

キョン「な、なんだと!? お、俺だってそれくらい……」

ハルヒ「なに? あるっての?」

キョン「…………ないです」

ハルヒ「ほらみなさい」

キョン「くそっ!! クソッタレ!!」



403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:06:19.83 ID:fS3wq9e60


ハルヒ「それで……あ、あの話は本当なんでしょうねぇ!?」

キョン「あの話……?」

ハルヒ「だ、だから……あんたが……えっと……」

キョン「俺がなんだ?」

ハルヒ「は、早い者勝ちってやつ!! あったでしょ!!」

キョン「……待て待て待て待て!」

ハルヒ「なによ!! 嘘だったわけ!?」

キョン「いや、違う! なんだ!? 話が飛躍しすぎてないか!? 頭が追いつかんぞ!」

ハルヒ「ひ、飛躍してないわよ別に! SOS団で付き合うならキョン! あんたは早い者勝ち! 筋通ってるじゃない!」

キョン「いやいや! あくまでSOS団の中での話だろ!?」

ハルヒ「なによ! 他にあたしに近しい男がいると思ってんの!?」

キョン「……一回冷静になれ」

ハルヒ「こっちのセリフよ」



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:24:39.30 ID:fS3wq9e60


キョン「なぜ急に言い出したんだ」

ハルヒ「あんたが言ってたからよ。
    『俺なんかを競ってくれるやつなんてよっぽどの変人か、何かの罰ゲームをさせられているに違いない』って。
    こんな恥ずかしい質問に答えなきゃいけないなんて、罰ゲーム以外の何物でもないわ……」

キョン「お前、ほんとに全部聞いてたんだな……」

ハルヒ「そ、それに……早い者勝ちだなんて言うから、焦ったのよ!」

キョン「何故だ……ハッキリ言って、俺なんか非現実的な倍率で誰にも期待されず、後ろから2番目くらいを静かにゴールする競走馬みたいなもんだぞ……」

ハルヒ「だ、だって……他にもいたっぽいから……」チラッ

鶴屋「ん? …………あっ」

(鶴屋「ま、本当は冗談じゃないかもね……」ボソッ)

鶴屋「ああ、あれなら冗談っさ」

ハルヒ「なっ!? んですってぇ!?」

鶴屋「すっかり忘れてたにょろ」

ハルヒ「……」

キョン「……」



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:38:21.18 ID:fS3wq9e60


キョン「どうすんだ……」

ハルヒ「もう、手遅れよ……言うしかないわよ……」

キョン「うぐっ……まじかよ」

ハルヒ「だってキョン、あたしの気持ち知っちゃってるでしょ?」

キョン「……あー」ポリポリ

ハルヒ「いいわよ隠さなくて。その方が伝えやすいもの」

キョン「……そうか。わかった」

ハルヒ「鶴ちゃん。悪いけど、証人になってくれる? キョンがちゃんと裏切らないように」

鶴屋「任せるっさ!」

ハルヒ「ん……っと」

キョン「そのだな……。ハルヒは……俺のことを好きでいてくれているんだな?」

ハルヒ「……ええ。そうよ。だから……」

ハルヒ「あたしと付き合いなさい!! 以上!!」



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:46:37.07 ID:fS3wq9e60


───────────
────


キョン「はぁ……」

古泉「聞きましたよ。おめでとうございます」ニヤニヤ

キョン「そのニヤケ面を今すぐやめろ。それと、お前の場合は聞いたんじゃなくて、”調べた”んだろうが」

古泉「おや……残念ですが不正解です。今回の件は、涼宮さんの方から直々にご報告がありました。
   団長として示しがつくように行動するから安心するように、という言葉と一緒にね」

キョン「律儀なやつだな……」

古泉「それにしても、あの日は心の内を随分正直におっしゃったそうじゃないですか」

キョン「……それは誰から聞いたんだよ」

古泉「おっと、すみません。これは”調べ”させていただきました」

キョン「やれやれ……俺にプライバシーとやらは無いみたいだな」

古泉「仕方がありません。調べざるを得なかったんですから」

キョン「……どういう意味だ」

古泉「どうやら、涼宮さんの力が関係していたようでして。それらを解明することも、僕らには欠かせない仕事ですからね」

キョン「……なるほどな」



434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:57:11.79 ID:fS3wq9e60


古泉「実はあの日、僕と長門さんが朝比奈さんに呼ばれましてね」

キョン「朝比奈さんが?」

古泉「ええ。何事かと思いましたが、彼女は未来を知っている方なので、この日だけは部室に向かわないで欲しいと言われましてね」

キョン「諸事情とやらはそれか……。別に報告してくれても良かっただろ?」

古泉「あなたに? 報告をするんですか? 『あなたは今日涼宮さんに告白されます』と?」

キョン「……いや、やはり報告が無くて正解だった」

古泉「でしょう?」

キョン「それで、ハルヒの力とはなんだ」

古泉「ご想像の通りだと思いますが、彼女は寝たふりをしながら、あなたの本音を聞きたいと考えていたので、
   それが『鶴屋さんを呼び込む』という形で影響したのですよ。
   あなたは、あの方に問われると嘘がつけないようですね」

キョン「はぁ……。年上の魅力というものは、時に凶器にもなると覚えておかないとな」

古泉「賢明です。ところが、一つだけ分からないことがありましてね」

キョン「ん?」



436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:05:16.25 ID:fS3wq9e60


古泉「あなたの返事ですよ。一体、あなたは涼宮さんの申し出に、何と言って応えたのですか?」

キョン「……それは知る必要があるのか?」

古泉「機関的には皆無です。……ですが、個人的には大アリですね」ニコッ

キョン「はぁ……別に特別なことなんて何も言ってないぞ?」

古泉「はい」

キョン「俺は……」

ハルヒ『あたしと付き合いなさい!! 以上!!』

キョン『やれやれ……団長さんの頼みとあっちゃあ、断れないな』

キョン「とな」

古泉「随分あなたらしいですね」

キョン「まあな。いつまでたっても、無理矢理誘われる方が性に合ってるみたいだ」

古泉「……羨ましい限りです」

キョン「……ん?」

古泉「どうかしましたか?」



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:16:43.56 ID:fS3wq9e60


鶴屋「みくるぅ~! ごめんよっ!」

みくる「キョンくんから聞きましたよ」

鶴屋「許して欲しいっさ!」

みくる「別に、怒ってません」ツンッ

鶴屋「みくる~!」

長門「……あのような態度をとる朝比奈みくるは珍しい」

キョン「ああ……俺のために怒ってくれてるんだ、きっと。
    だがどうやら、鶴屋さんの行動も、ハルヒの能力の影響があったみたいなんだ……」

長門「……そう」

キョン「……止めてくるか」

鶴屋「みくる~!」

みくる「怒ってません」ツンッ

くぅ~疲れましたw これにて完結です!




443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:18:30.21 ID:fQ6mbglwO






444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:19:15.40 ID:+sPmz7Hl0


おつ



445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:21:09.55 ID:63IFFxB0T


おつ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SS在庫

{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset128 HiraKakuProN-W3;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;\red51\green51\blue51; \red204\green204\blue204;} \deftab720 \itap1\trowd \taflags0 \trgaph108\trleft-108 \trbrdrt\brdrnil \trbrdrl\brdrnil \trbrdrt\brdrnil \trbrdrr\brdrnil \clmgf \clvertalc \clcbpat3 \clwWidth25840\clftsWidth3 \clmart10 \clmarl10 \clmarb10 \clmarr10 \clbrdrt\brdrs\brdrw20\brdrcf5 \clbrdrl\brdrnil \clbrdrb\brdrs\brdrw20\brdrcf5 \clbrdrr\brdrnil \clpadt100 \clpadl100 \clpadb100 \clpadr100 \gaph\cellx8640 \pard\intbl\itap1\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 <script type="text/javascript">\ var nend_params = \{"media":18670,"site":91775,"spot":223194,"type":2,"oriented":1\};\ </script>\ <script type="text/javascript" src="http://js1.nend.net/js/nendAdLoader.js"></script>\cell \pard\intbl\itap1\cell \pard\intbl\itap1\cell \lastrow\row}